スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

思い違い

お風呂でプチーが

「パサラパパ、パサラパチン☆」

と言いながらお湯をばちゃばちゃしだしました。
これはいつも聞いているスペイン語のCDからの
フレーズです。

うれしいからサリーもいっしょに

「パサラパパ、パサラパチン♪」

といっしょにお湯をばちゃばちゃ☆
このフレーズを、雨がふる音の擬音語だと思い込んで
いたサリーは

「プチーったら、意味もない擬音語ばっかり覚えるな~」

なんて思いつつ、でも何も覚えていないよりいいし
雨=水、でお風呂と全く関係ないわけでもないから、
と、お湯をばちゃばちゃしてさんざん遊びました。

楽しかったからブログに書こう♪と思ってあらためて
歌詞本をみてみると、このフレーズの意味は

「それ(電車)は通り過ぎるの?パパ?」
「通り過ぎるよ、パチン(多分子供の名前」

でした。

水と何の関係もない、擬音語でも無い、普通の文章でした☆
全然違うイメージをインプットしてしまいました。

スペイン語は、やっぱり歌詞本が手放せません・・・。




関連ページ
[お気楽英語子育て]<スペイン語教材/子供用>へ


こちらをクリックしてランキングの応援していただけると
うれしいです。

2005.01.24 11:06 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/27-441ccf1e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。