スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

スペイン語の話し掛け

普段、サリーはプチーに英語で話し掛けるのですが
プチーが一生懸命わけのわからない「スペイン語風」な
音やイントネーションを使って

「ムチョ○×☆×ロッホ~☆×べべ~♪」

などと言いながら、スペイン語を話しているフリをして
お人形遊びを楽しんでいるので、せっかくだからサリーも
いっしょにやってみようと思い立ちました。

「オラ♪」

と話し掛けてみましたら、満面の笑みで

「オラ♪」

と返事をしてくれるプチーを見て、そろそろ本格的に
スペイン語での話しかけをスタートする時期に来ているのかも
とうれしく思いました。もう少し続けてみる事にしました。

そこに三つあるはずのカエルのお人形が一つ足りません。
サリーは

"?Donde es tu rana?"

と聞いてみました。プチーは

"?Donde? ?Donde?"

と言いながら探しています。そしてそのうち無事カエルが
見つかりました。英語なら

"I found it!"

と言えるはずですが、スペイン語では言えないプチーは
とりあえず

"Oh, rana. !Rana!"

を連呼しています。いい感じです。今知っている語彙を使って
なんとか思いを伝えればいいのです☆

知らないからと言って立ち止まっていては先には進みません。
英語や日本語に逃げずにそのままスペイン語で
会話を続けるプチーを暖かく見守りつつ
サリーも何か言おうとしました。

・・・・・・・・・おっと、サリーも語彙が足りません。

"Oh, rana. Rana,rana. !Bien!"

情けないことにサリーもこれだけしか言えません。二人とも
「ラナ」を連呼するばかりで、とりあえずその話題のままでは
間がもたない!と気がついたサリーは話題を変えました。

「ディクショナリオ、ディクショナリオ~!」

と言いつつ、辞書を持ってきました。プチーも

「お~!ディクショナリオ~!」

と、それなりに楽しそう。辞書で「娘」をひいて
プチーはサリーの娘だ、とか、サリーはプチーの母だ、とか
そんな文章の練習をして、とうとうギブアップ。サリーが
英語をしゃべってしまいました。

はぁ、楽しかったけど疲れました。それとともに
何とも情けない思いをしました。

単語しか知らないと、どうして連呼してしまうんだろう。

なんだか英語が苦手な若手お笑い芸人の外国珍道中みたいな
レベルの会話をしてしまいました。コミュニケーションは
とれているものの、これは会話の域に達していません。

ジェスチャーだけでもなんとか、通じちゃった、というレベルの
コミュニケーションです・・・。

でもプチーがスペイン語を習得する準備は、着々と整って
きているというのを、感じました。

かけ流しだけである程度の基礎は本当にできてくるんだなぁ
と実感しました。

ココからのばしてやれるかは、サリーにかかっているから
もうそろそろ本格的な取り組みのプランを考えてあげたほうが
よさそうです。



関連ページ
[お気楽英語子育て]<スペイン語教材/子供用>へ



こちらをクリックしてランキングの応援をしていただけると
うれしいです。

2005.01.20 11:05 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/26-dd269449

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。