スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

語彙を増やそう!

我が家では一週間ほど前から[漢字ブーム]です。
プチーは

「英語は漢字を覚えてからでいいから~♪」

なんて言って、漢字の本ばかり読んで欲しがります。
プチーのブームに乗るのが結局一番の得策ですので、最近は
[漢字を読む力をのばす時]と信じ
親子ではじめる漢字まるごと音読帳ばかり読んでやっています。

(英語の本の読み聞かせは寝る前にしています。
 寝る前の読み聞かせは、英語の本、と決めています。)

そしてつくづく、知っている言葉を読む時と知らない言葉を読む時と
覚えかたが違うことを感じました。

聞いたことはあるけれどもよく意味がわからない、というような言葉
例えば、「思う存分」とか「広間」というくらいであれば
すぐに覚えます。

ですが「弟子」とか「修行」とか、立て続けに知らない単語が
飛び出すと、しどろもどろで、どれも全く読めませんし覚えられない
様子です。

この親子ではじめる漢字まるごと音読帳を読んだ時
英語の本を読んでやりながら英語の読み方を教えてやっている時と
全く同じ方法で漢字を教えることもできるんだなぁ、と感じたのを
覚えています。

文章をいっしょに見ながらサリーが読んでやることにより
目で文字を見て、耳で音を聞いて、なんとなく自然に読み方が
わかるようになる様子は、英語も漢字も同じです。

そして、知らない単語は何度読んでも読み間違い、なかなか
うまく読めるようにならないと同じで、知らない言葉の漢字は
何度も読み間違います。

(知らない言葉を読む、という意味では、英語よりも漢字の方が
 もっと難しいものです)


言葉を多く知っていることって、やはり大切なことだなぁ、と
あらためて感じました。

語彙を増やすこと、これからもこれがプチーの一番の
課題になりそうです。たくさん本を読んでやろう!


☆[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.02.27 06:12 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

前回は「原書を読んだの?」とトンチンカンなこと言ってごめんなさいね。
よく考えたら小さい子が読めるわけがないですよね・・・ホントに。

語彙を増やしてあげるのって,一番大切なことではないかな・・・
と思います。
親との毎日の会話や絵本の読み聞かせによって,語彙の量が
断然違ってきますよねー。
・・・と頭では分かっていても実行していくのは難しい~←出来ていない。

漢字って子どもは意外と覚えやすいみたいですね。
ひらがなではピンとこない言葉も,漢字だと分かりやすいですしね。
プチーちゃんも一年生になるので,漢字学習が進んでいますね!
うちは習字で漢字を書いたりと,お絵描き気分で楽しむ程度かな?
それでも,喜んで書いて結構覚えちゃうんですよ!

2006.02.27 11:28 URL | ケコ #- [ 編集 ]

語彙を増やすのはまさに日頃の心がけにかかっていますね☆
親の責任重大ですから、サリーも気をつけなくっちゃなぁ、と
常々思っています。

お習字、やっぱり楽しいんですね。一年生になったら始めよう、と
今お教室を探しているところです。
今のうちに楽しく覚えられたらお得ですよね☆

2006.02.28 05:10 URL | ケコさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

昨年購入しました。予習というより、5年の長女の漢字嫌い克服のためでした。途中までしか読んでなかったなー。
1年生は、ほんと物足りないぐらいにゆっくりなんだけど、3年ぐらいから急に量も増えるし、言葉を作りなさいとか、文を作りなさいとかいう宿題になります。その3年のときに、(後で知ったこてですが)かなりいい加減な先生に当たっていて、学年の習得漢字も、最後まで終わらず、4年になってたようです。4年の先生はよかったのですが、苦手意識はなかなか消えないようです。
先生の当たりはずれって、いいたくないけど、結構はっきりしてます。外れたときは、親がしっかりしないとだめみたい。クラスがすごすぎて、先生が変わるってこともあるしね。町内でも、毎年いくつか聞きます。
プチーちゃんの1年生はどうなるかな。

2006.02.28 15:21 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

サリーもこの本、昨年秋購入したのですが三日坊主で
ほとんど使っていなかったんです。
最近何を思ってか、プチーが気に入って読んでいて
一番のお気に入りはおむすびころりんです☆

以前ばーぶーさんが「漢字は家でやらないと」と
教えてくださっていたので、とにかく小学生になっても
家でのフォローが欠かせないのだろう、と覚悟していいます。

プチーの通う小学校(地元の公立)はどう見ても
教育熱心という感じではありません。ですが良いように考えると
のびのびしているとも言えるので、学校ではのびのび遊び
家でしっかりみてやることができたらなぁ、なんて
思っています。

どんな先生にあたるかなぁ・・・。

2006.03.01 10:19 URL | ばーぶーさんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/255-d96d676d

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。