スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

DWEメインビデオ7

前回DWEメインビデオをみてからちょうど二週間程がたちます。
その間一度もDWEのビデオはみませんでしたが
存在を忘れ去られてしまわないように、と
前回みたDWEメインビデオ6はずっとテレビの上に置いたままに
していました。

今朝やっと、久しぶりにプチーが

「今日は[7]、みよう。」

と、ふと思い出したように言いました。



ビデオ7~9までの三巻はサーカスがテーマです。

サーカス団が町にやってきた!という設定ですので
サーカスの一団がパレードをします。

音楽隊が演奏する楽器や、サーカス団の動物が紹介されますので
プチーもこのビデオのおかげでいくつもの楽器の名前を覚えました。
(ピッコロやチューバなど、なかなか普段馴染みのないものも
でてきます。)

また文法事項としては、時制がでてきます。

  Goofy is going to surf.
  Goofy is surfing.
  Goofy has surfed.

とグーフィーがサーフィンをする映像をみながら時制の変化を文章で
きかせてくれます。文法の説明は一言もそえられないものの
(それがこの教材のいいところです☆)
なんとなく時制の変化のイメージをとらえてくれたら
うれしいなぁ、と思います。

ヒューイ、ドゥーイ、ルーイ、の三人がサーカスのチケットを
買いに行く場面では、「チケットを買いに行ってみるともうすでに
たくさんの人が並んでいて、彼らもその列に加わりました。」
なんていう風に、その状況のナレーションが続きます。

ヒューイ達の行動する様子を画面で見ながら英語のナレーションを
聞き続けます。このナレーション場面がプチーのお気に入りです。

誰が何をして、何が起こって、というナレーションは女性の声で
淡々と語られるため、一見退屈ですが、発音がとてもききとりやすく
表現も比較的簡単なため、自然と覚えてしまうほどです。

読み聞かせが好きなプチーは本を読んでもらっているような感覚で
聞いているのかもしれません。


ただ、こんなシーンがあります。

プルートがガムマシーンのガムを、お金を支払わずに
機械を思いっきり揺らして、勝手にとってしまうところです。

プチーはそれがいけないこととわかっていますし
サリーも気にとめていませんでした。

ですが、七田式の教材を好んで使っていた友人に
「DWEのビデオは表現が過激すぎる場面がある」と指摘されたことがあり
確かにこういった場面は教育的配慮が足りないと言われても
仕方ないかもしれない、と感じました。

サリーも、この場面は許容範囲ではあるものの
赤ちゃんのころからみるビデオとしてはあまり好ましくないのでは
と感じています。

この場面がなかったらもっとよかったかもしれません。



次にプチーが

「今日は[8]みよう。」

と言ってくれるのはいつかなぁ♪

サイトの<ワールドファミリー>のページでは、このビデオのことや
[SING ALONG]のことや[PLAY ALONG]のこともご紹介しています。
よかったらのぞいてみて下さい。


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2006.01.21 16:02 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

あの場面は、確か、プルートは、ガムがほしくて取ったのではなかったと思います。ビデオ10日、11にでてたと思うけど、ミッキーの新聞を買いに行ってお金を、溝に落としいろいろやってだめだったので、ガムをかんで、尻尾につけてコインを拾うというものだったように思います。

ディズニーは、いろいろな名作を商業的にいじくってる、(人魚姫を死ななくしてるとか、プーさんも本来とは違うとか)等として、批判している冊子を、ある読み聞かせグループが配っていました。

子供の心得の悪影響みたいなことが書いてあったような。読んだときにはドキッとしたけど、うちの子たちは、プーさんが好きだったので、これは見てはだめよ
なんてできませんでした。

チップとデールと、ドナルドの場面など、結構たたいたり、つぶしたり、グーフィーの失敗も過激なところはありますよね。

映像を喜んでみるのは、2-3歳過ぎぐらいで、本来はもう少し大きい子ムキのビデオだと思うので問題ないと私は思います。

これがだめなら、スポンジボブや、シンプソンズ、そのほか、アニメや、日本のお笑い系(ビンタや、とび蹴り、HGなど)は、放送禁止モンですね。

私は、世間では、番組管理には厳しいほうみたいです。ゲームも一線を越えるようなものなど禁止してます。友人の家でもするなら帰ってこいといってます。
それだけ今の世間の現状はひどいです。

管理は必要だと思いますが、過敏すぎると生きていけないってかんじでしょうか。バランスが難しいところです。

2006.01.22 10:36 URL | ばーぶー #- [ 編集 ]

そのビデオは見たことがありませんが、そんなに行き過ぎたものではない気がします。
ある程度の「悪」は実際に見ないと理解できないのではないでしょうか?
お友達に叩かれて痛かったから、お友達は叩いてはだめよ・・・と身をもって覚えることもありますしね。
「臭いものには蓋を」では、人生生き抜いていけませんよね。
うちは上の子もまだ5歳なのでゲームもそんなにしませんが、この先興味を持ち出したときにどう対応すればいいかきっと悩むでしょうね。。。
ブログ開設しましたので、お暇なときにでも見に来てくださいね♪

2006.01.22 17:32 URL | ☆TON☆ #- [ 編集 ]

気になる、気にならないは、人によって本当に度合いが
全然違うんだなぁ、とサリーもびっくりしました。

DWEはどちらかというと教育的で、つまらないと感じる子供こそいても
刺激が強すぎると感じるような子供などいない、と思っていましたが
友人の子供は、DWEのビデオを怖がって、あまりみたがらない
と聞き、驚いたことがあるんです。

DWEを「どぎつい」と感じる人もいる、と知っていたので
念のためブログへも書きました。

もちろん、たとえこの場面が気になったとしても、例えば
「BAD DOG!」なんてつっこみながらみる、とかいくらでも
対処法はあるでしょうし、目くじらを立てる必要もないのですが
こういった意見も書いておいた方が公平かな、なんて思い
書きました。

ですが幼稚園児であれば別にどうっていうことのない内容ですが
ゼロ歳の赤ちゃんから対象のビデオですから、わざわざ
こんな場面を使わなくてもいいのでは、とも思います。



ばーぶーさんのおっしゃっている新聞の場面、サリーも覚えています。
このビデオ7に出てくるシーンは、その場面と同じ映像ですが
プルートがガムをとる前に
「プルートはガムを、盗るのでしょうか?買うのでしょうか?」
と質問が流れる、というもので、おなじアニメシーンではあるものの
新聞の部分は流れません。



もちろん他の映画にしろ番組にしろもっと過激なものは
いくらでもありますよね。子供向けのものでもどんどんエスカレート
しているような気もします。

サリーはさすがにプチーに、いわゆるばーぶーさんのおっしゃる
日本のお笑い系は、見せる気になりません・・・。
そのくせシンプソンズは好きなんですから、あまり一貫性は
ないんですけれど・・・・。

2006.01.22 19:16 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

この場面は決して行き過ぎているとも言い切れないものの
好ましくないことは事実です。赤ちゃんの頃から毎日のように
見せつづけるための教育ビデオですから、気になる人がいても
おかしくはないかもしれません。

もちろん今のプチーには状況を説明してやることもできますし
うちでは全然問題ありませんでした。

ですがゲームは気になりますね。サリーがみても気持ち悪いような
なまなましい殺し合いのゲームなんかがありますもの、
おそろしいですね・・・。

ブログ頑張って続けていきましょう☆19君っていうネーミングが
かわいいですね!

2006.01.22 19:23 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/240-c5d4abdc

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。