スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

神の子

クリスマスが近いせいもありプチーが最近やたらと
神様の話やイエズス様の話をします。

先ほどもお風呂の中でプチーに

「わたしって神の子なんでしょ。」

と言われて、どう答えるべきか困ってしまいました。サリーは
キリスト教信者ではありませんので信者の人たちの認識については
わかりません。

ですがプチーが[神の子]だったら、プチーの両親の存在は
どのような位置付けなのかしら。

プチーの通うカトリック系幼稚園では
[子供はみんな神の子]と教わるそうです。この場合、神の子であり
なおかつサリーの子、という認識でいいのかしら?

正直言ってなんだか複雑な心境でした。宗教って奥が深そうです。
サリーもカトリック系の幼稚園に通い、10年も
カトリック系の学校に通っていながら、ほとんどキリスト教のことは
わかっていません。良くも悪くも全く影響を受けませんでした。

ちなみに、どう答えていいかわからなかったサリーは結局

「そうだよね。」

と答えておきました。そこでそのことについての会話は終わりました。
せっかくの宗教ネタでしたが、話をどうふくらませていいのかも
さっぱりわからず、情けない受け答えしかできませんでした。

プチーに何か興味を持たせたり、知識を増やしたりするのは
サリー次第だなぁ、と痛感しました。キリスト教ネタ、苦手です。
サリーももうちょっと勉強した方がいいみたい・・・。


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.12.09 21:04 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/220-236ac3d4

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。