スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

佐渡裕ヤングピープルズコンサート

佐渡裕さんは関西の方なので、全国的にはあまり有名な指揮者ではないかも
しれませんが、サリーにとってはなんだかとても身近な指揮者です。
(知り合いでも何でもありません☆サリーが勝手に慕っているだけです)

<追記>
   佐渡さんは、バーンスタインに師事したということで、とても
   有名な方だったそうです・・・。violettaさんに教えていただきました☆


毎年神戸や大阪で、子供達のためのコンサートを開催していてます。
今日テレビでこの夏神戸でおこなわれたコンサートの模様をみることが
できました。

このコンサートは参加型コンサートで、子供達は楽器に触らせてもらったり
演奏に参加したりできます。サリーは行ったことはないのですが
プチーのいとこが行った時は、おみやげにタクト(指揮棒)をもらって
帰ってきていました。

プチーが小学生になったら絶対このコンサートに行こうと
思っています!(つまり来年です)

ところで今回テレビ放映されていたコンサートのテーマはジャズだったためか
特に観客の[のり]に差が出てていたように見えました。

のりのりの子供もいれば(もちろん大人でものりにのっている人もいました)
だら~んと座席の背もたれにもたれたままぼ~っとしている子供もいました。

この差は何かしら・・・。ちょっと気になりました。

リズムのいい音楽が、しかも目の前で生で演奏されていても
何も感じないし、なにも響いてこないっていうことってあるのかなぁ。
どうしたのかしら。学校のことが気になるのかな。サッカーのことかな。

なんて、余計なお世話ですが、時々画面に映る子供達の表情やしぐさを
観察しては色々想像せずにはいられませんでした。

もちろんテレビ局の人は、楽しそうに体を動かす子供達を中心に
映し出しますが、特定の人のアップというわけにもいかないのか
当然まわりに座っている人も映ります。

いろ~んなタイプの子供達がいました。その子供達の反応を見ていて
ふと随分昔に行った、ブルーノートのことを思い出しました。

大阪ブルーノートがオープンしたての頃、家族で行ったときのことです。
アメリカ人の女性ジャズシンガーのコンサートでした。
もう15年も前のことで、ステージに関しては何の印象も残っては
いないのですが、今でもとてもよく覚えていることがあります。

それは曲の合い間合い間や、シンガーのMCに対してうまく合いの手をいれる
数々の[おじさん達]のことです。合いの手、というとちょっと
違うのですが、その[おじさん達]の存在により
ステージと客席が一体化し、とてもいいムードになり、日本ではなく
まるでアメリカにいるような気分を味わうことができました。

その[おじさん達]はぱっと見た感じ、セクシーでもダンディーでもない
普通の[おじさん達]なのですが、うまく説明できませんが
[のり]がとにかく違っていました。きっと仕事の関係で
長い間ニューヨークにいたとか、何か違うバックグラウンドがあるはず、と
サリーは信じています。

とにかくかっこいいのです。ジョークに笑うタイミングも、
手をたたくタイミングも、指笛(?やぎ使いがやぎを呼ぶみたいなの)も
うまいのです。

あの[おじさん達]はきっと、日頃からジャズに親しみ
そして本場で本物を何度も味わってきた人達なんだろうなぁ
とサリーは勝手に想像しています。

佐渡さんのコンサートに来ていた子供達も、その日のそのコンサートは
チケットを手に入れさえすれば参加できますが
演奏を存分に楽しむためには、プラスアルファ、日頃の過ごし方が
大きく関わってくるのでは、なんて感じました。

来年プチーがコンサートを楽しめるかどうかは、サリー次第かも、なんて。
つくづく、日頃からいい環境を与えてやりたいなぁ、と実感しました。



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.09.23 21:07 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(1) | コメント(4) |

コメント一覧

はじめまして、りりぶんと申します。

今年、佐渡さんのコンサートに行ってきました。 佐渡さんのことはTVで拝見して、一度行ってみたいな~と強く思い、ネットで調べたら、近くに来るので、早速チケットを取り、子供たちを連れて行ってきました。 
サリーさんのおっしゃるとおり、普段からクラシック音楽を耳にしていて、そして、その曲や作曲家について、子供の興味を引くように語っておくほうがいいかもしれませんね。 耳が慣れていると、生で聴いた時の反応もちがうと思います。 
私が参加したときは、トランペットのマウスピースが入り口で配られ、トランペットを触らせていただくことができました。 小さい子供にはとても刺激的な経験だったことと思います。 また、持参する楽器がカスタネットでもすずでもいいのです。 いい思い出になりましたよ~v-270

2005.09.25 03:48 URL | りりぶん #- [ 編集 ]

行ってらしたんですね☆楽しそう!

サリーも是非来年こそは、と楽しみにしています!

2005.09.25 11:42 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

お久しぶりです。
いいなぁ~。
佐渡さん、子供向けにコンサートされているのですね!
超有名人ですよね!バーンスタインに師事したということで。
TinTinの大ファンらしいですよ。
彼を追った番組を観た事があります。
愛妻家で、素敵な方でした~!

うちの方でもやるかしら・・・?

2005.09.26 13:37 URL | violetta #- [ 編集 ]

佐渡さん、超有名人だったんですね。失礼しました☆
violettaさん,お詳しいですね!

このコンサートは関西三箇所と、東京地方で一箇所
しているらしいですよ。テレビでみた感じではとても
楽しそうでした♪

2005.09.27 07:39 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/185-e63dcfaf

のだめ感想分(佐渡裕モチーフ?)
前回も書きましたとおり。。。「のだめ」13巻まで読破しました。感想。  細かい機微には気がつかなかった・・・・つまり    素人にはわかりません。  全くただ「のだめ」の影響かはわかりませんが、、、あの有名な指揮者佐渡裕さんが兵庫芸術文化センター管弦楽

2005.10.02 10:12 | zero sum game

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。