スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

暴力シーン

ゲームや映画の暴力シーンが子供たちに悪い影響を与えると
よくききます。先日見たニュース番組で、暴力的だと問題になっている
ゲームの一部分をみたのですが、ただでさえ登場人物の描写が
3Dでリアルであるのに加えて、血が吹き出したり飛び散ったりで
もう気分が悪くなりそうなくらいでした。

サリーから見たら、残虐ですし悪質ですし、いったい誰が何のために
こんなものをつくるんだ!と抗議したいくらいの気持ちでした。

ですがそのゲームの映像のあと、専門家が言うには
こういったいかにも残虐な暴力シーンは当然ですが
そうでないいわゆる「ヒーローもの」も充分に気をつけなければ
いけない、ということでした。

ヒーローが悪者をやっつける、という場合の正当化された暴力は
大人からみるとそれほど気にはならなくても、子供の目には
「理由があれば暴力をふるってもかまわない」とうつり
その積み重ねによって結局暴力肯定派になってしまうことも
ある、という話でした。

[ミスターインクレディブル]でもダメなのかしら?
まさか[三銃士]も暴力肯定派映画なんていうジャンルに
はいってしまうのかしら?

親が全く気にならないような暴力シーンが意外と良くないから
気をつけるように、としめくくってありました。

なんだか気になるものの、結局、「きっと大丈夫だろう」と
サリー自身の中で結論をだしてしまいました。

この勝手な判断が一番危ないのかもしれない、と思いつつ・・・。



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.08.14 07:21 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(4) |

コメント一覧

うちは「アンパンマン」、暴力を正当化する漫画としてアウトです。小さい子供向けなのに、なんで「パンチ」して解決するかなあ、といつも疑問に思っています(ここ最近見てないからどんな話になってるか分からないけど)。幼児向けで暴力ってのがいけないと思う。

2005.08.14 23:11 URL | judy #- [ 編集 ]

なるほど!そういわれてみればそうですね。

サリーは今まであまりそういったことは意識していなかったような
気もしますが、無意識に、そういったものは避けてきたような気もします。
(自分でもよくわからないのですが・・・)

でもウルトラマンやアバレンジャー(だったかな)などは
あきらかに暴力的そうだけど、アンパンマンに関しては
気が付きませんでした。プチーは幸いアンパンマンを知らずに
育ちましたが、ただの偶然だった気がします。

judyさんは確か昔ブログに、リロ&スティッチもアウトだ、と
書かれていましたよね。子供への影響を、サリー以上に考えて
あげているなぁ、と関心したのを覚えています。

2005.08.15 10:54 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

私のうちにもスーパーヒーロー好きがいますので、何を見せるかは気をつけています。見せっぱなしにしないで、暴力的なところは飛ばすとか、あと、一緒に見て説明を入れる、解釈の仕方を教えるなど、ほうっておかない事も。そして、子供番組だからといって何でも見せることのないように気をつけています。
リロ&スティッチ、私もアウトです。

2005.08.15 21:58 URL | さとこ #k5d3c35M [ 編集 ]

子供番組だからといって安心してみせるということは
しないほうがいいですね。サリーも同感です。
リロ&スティッチ、ディズニーなんだからまさかあんな
戦闘ものとは思わず、内容も知らずにプチーにみせてしまいました。
でもプチーが喜んだためずるずると見せつづけることに・・・。

横についていて説明する、ということ、大切ですね。
ビデオってついついみせっぱなしになってしまいがちです。

2005.08.16 19:18 URL | サリー #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/162-7a8a0acb

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。