スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

日本語の語彙

日本語の本の読み聞かせを本格的に始めてからちょうど二ヶ月ほどが
すぎたのではないかと思います。

それまででも日本語の絵本を150冊以上持ってはいたものの、日本語の
絵のない本はほとんど持っていませんでした。そのうえ
幼稚園入園以降、普段読んでやるのは英語の本だけでしたから
ちょっとあせって日本語の読み聞かせも始めたというわけです。

<英語教育いろいろ体験談>のページでご紹介しているセブンさんに
よさそうな本を薦めていただき、少しずつではあるものの
日本語の本の読み聞かせを始めました。
そして、気のせいかもしれませんが、今日、ふと、プチ-の日本語が
すこ~しばかり上達したような気がしました。

語彙が増えた気がしました。


幼稚園に入園した時、プチ-の日本語の習得は幼稚園にまかせて
サリーは英語教育のみに専念できる、と英語ばかりに気をとられ
日本語をおろそかにしてきました。

もちろんそれでもプチ-の日本語は同年代のお友達と比べて
とくに見劣りするようなことはありませんでした。

同じ年の子供同士を比べても、言葉に限らずなにごとにおいても
個人差や幅がありますから一概には言えませんが、プチ-の
日本語もごくごく標準レベル(中の下というかんじ)で
ありました。

ですが決して[表現力豊か]とは言えないレベルの日本語でした。

意思の疎通さえできればそれでいいか、というレベルの日本語しか
話せないのは、さみしいことです。もうちょっとなんとか
ならないかしら、と感じて開始した日本語の読み聞かせ。

あらためて読み聞かせの大切さを実感しました。

この調子で日本語の本の読み聞かせも続けるぞ~♪




こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけるとうれしいです。


2005.05.29 20:50 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/119-75c76d93

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。