スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

マンネリ

サリーはプチ-としか英語を話す機会がないうえ、最近全く
真面目に勉強していないので、同じような英語表現ばかりを
使いまわしています。

自分の使いやすい単語や表現しか使わず、簡単な文章しか
話していないため、一見ぺらぺらのようですが、かなり内容の
うすっぺらい会話しかしていません。

ところがプチーは、覚えたてほやほやの新しい表現などを
うれしがって使うのが大好きで、どちらかというと
使い慣れた表現よりは、新しい表現を使いたがります。

そのため、その時その時の[はやりすたり]のようなものがあり
以前好んで使っていた表現を今では全く使わない、という
ことがあります。



最近毎日さかあがりの練習を欠かさないプチ-は、今日ももちろん
鉄棒にむかいました。

まだまだ鉄棒があまりうまくないプチ-は、どさっ、どかんっと
毎回大きな音を立てて鉄棒から降りるため、その振動で
同じ部屋に置いてあるメダカの水槽がゆれて、メダカ達が驚いて
泳ぎまわります。

苦笑しながらプチ-が言いました。

"Are they puzzled?"

おっ☆この単語の選択が、サリーを喜ばせました♪
サリーならきっと[SURPRISE]を使ってしまうでしょう。
[PUZZLE]なんていう単語はぱっとでてきません。

知っているのに使っていません。プチ-よりも断然語彙が多いはずの
サリーなのに、実際の表現力は決してプチ-よりも豊かとは
言えません。

楽なほうへ楽なほうへ流されず、サリーももっと積極的に
いろんな単語をつかって英語を話すように心がけないと
いけないなぁ、なんて感じました。



こちらをクリックしてランキングの応援をしていただけると
うれしいです。

2005.05.28 19:52 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/118-37fc30a5

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。