スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語での話しかけも、そろそろ終わりかな

小さい頃から母親に英語で話しかけられることにそれほど
抵抗の無かったプチーですが、最近、ついに
「なんか不自然だな~ン」
なんて、照れるようになってきました。


プチーが生まれてすぐの頃から、英語で話しかける機会を
もうけてきました。

プチーが英語で返事をする必要はありません。プチーは
何語を話してもいいことにしていましたから、気が向けば英語を
そうでなければ日本語を、という具合でした。

サリーが英語で話しかける、というところに意味があるように
思っていましたから、プチーの返事が何語であるかは全く気にせず
一方的に英語で話しかけていました。

それで意思の疎通が完全にできていましたから
お互い違う言語を話していても、全然違和感はありませんでした。



プチーが英語で返事をするようになったのは、いつの頃だったのかしら。

幼稚園に入って、4,5歳になる頃、時々英語で返事して
くれることがあったように記憶しています。

英語の時も日本語の時も、色々あったのが、自然に
「英語の返事は英語で」みたいになってきたのは、小学生になって
からだったかなぁ・・・。

このあたりの記憶は曖昧で、突っ込みどころ満載だと思いますが
本当に覚えていないだけですので、あしからず!



少なくともここ2,3年は、プチーとサリーの言語は統一されてきて
どちらかが英語を話す時は二人とも英語、どちらかが日本語の時は
二人とも日本語、という風に統一されてきたみたいに思います。

学校の話は当然のように日本語ですし、読んでいる洋書の話は当然のように
英語だったり、話すテーマの分野が分かれてきたように思います。





ところが最近、某国で外国の雰囲気を堪能したプチーは、一丁前に
サリーと英語で会話することを恥ずかしがるようになりました。

その気持ち、わかります。

わたくしたち、二人とも日本人。
日本語の方が達者です。日本語の方が手っ取り早いのに、なにゆえ
英語で話すのでしょう・・・?



答えはただ一つ♪



英語を上手に話せるようになりたいからです。
英語を話す練習をしたいのです♪

ですから、プチーに言いました。

学校で充分練習できる、とわかればもう、家ではわざわざ話す必要
なくなるはず。

どうだろう、新しい学校?

授業についていくだけであれば、最低限しか口を開く必要はないけど
積極的に学校で英語を話すだけの覚悟はできてる?
[最低限]じゃなくて[最大限]この機会を活用してやる、という
心意気はある?

家では、日本語と日本語での学科学習が待ってるよ☆
実は家で、英語を話してる場合じゃなくなるから逆にちょうどいい。
家ではきちんと日本語を話していかないとね。



・・・と言うわけで、英語での話しかけもいよいよ、近々、終了する予定です。





楽しかったなぁ。プチーとの英会話。


小さい頃は、「サンキュー」「ユアウェルカム」とか
「アイラブユー」「アイラブユートゥー」とか
呼応表現を教えて、二人で英会話ごっこをするのが究極の喜びだったように思います。

小さい子の話す英語って本当にかわいいんだも~ん♪

段々大きくなってきて、語順が完全に崩れた時もあったなぁ。
単語は英語なんだけれど語順は日本語、なんていうがっくりくるような
英語を話す時もありました。

そのうち、サリーが苦手な(どうもうまく聞き取れない・・・)
ブリティッシュアクセントもどきで話し始めた時もあったりしましたが
今はまた、アメリカンもどきに落ち着いています。

サリー自身、ぺらぺらからは程遠い英語力ですので、どもりつつ
必死でしゃべりかけてきました。サリーにとってもいい練習でした。



子供が大きくなると、こうして、転機をいくつも迎えるんだなぁ。
今回の転機は、英語の語りかけも終わっちゃう転機☆




楽しい思い出をありがとう♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2010.01.23 11:33 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

アガサと格闘、読みたいけど進まない・・・

アガサ・クリスティーのMurder on the Orient Expressを読み終え
調子に乗ったプチーは今、The ABC. Murdersを読んでいます。

同じポワロシリーズなのですが、この二冊には、プチーにとって
大きな違いがあります。


オリエント急行殺人事件の方は、日本語の子供版を読んでから
是非原書も読んでみたい、ということで読み始めました。

子供版翻訳本を既に読んでいたため、ストーリーは知っています。
それでいて、子供版には出てこなかった細かい場面が沢山登場し
原書を読むことがとても楽しかった様子です。

子供版はダメだ。やっぱり読むなら原書でしょ。

そう思ったプチーは、「ポワロシリーズ(原書)が全部欲しい」と
いい出しました。


サリーは大人だから、わかります♪
ポワロは手ごわいよ♪フランス語の単語も多いし♪

でも、せっかく他のポワロを読みたいと言っているプチーの気持ちに
答えてあげたくて、サリーが昔買ったABC殺人事件を
渡してやりました。(とりあえず手持ちの本で対処♪)


つまりABC殺人事件の方は、プチーは全く話の展開を知らないまま
読み始めました。



・・・するとやっぱり、難しいらしい。

オリエント急行の方は数日で読み終わりましたが
ABCの方は、いつまでたっても終わりません☆



子供版はダメ。日本語版もイヤ。だって原書はこんなに面白いんだもん。
原書の良さを初めて痛感し、原書で読む醍醐味を味わいたい。
でも、英語力が足りない。


プチー、また苦悩しております☆



だって、アガサ・クリスティーなんて、半端じゃない難しさです。
児童書であれば、「ちょっと難しすぎるなら読み聞かせに使おうか」と
いつもプチーに提案するのですが、こればっかりはサリーにも無理です。

少し読ませてもらったのですが(ほんの半ページ)
読み聞かせできるほど簡単ではありませんでした。

知らない単語がわんさかでてきて、そのお陰で、文章の意味をとりながら
すらすら朗読するなんて事は到底できそうにない難しい本でした。


プチーが読めるような本でもありません。
もっと英語力をあげないと、無理です。

でもお話が面白いから、と辞書をひきながら、なんとか読んでいくプチーです。
一年くらいかかるんちゃう・・・?なんて思うくらいスローペースです☆



プチー、がんばれよ~♪
母はせっせと荷造りよ。
なんとか自力で進んでいってね~。







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


2010.01.17 07:00 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(5) |

英語力測定の基準(国外編)

色々あって結局、異国(英語圏ではありません)の
インターナショナルスクールへ通うことになりました。

インターナショナルスクールでは、各教科を英語で学びますし
担任の先生はアメリカ人ですが、生徒達は英語圏の子も、そうじゃない子もいて
英語圏じゃない子の方が圧倒的に多いようです。

つまり残念ながら、アメリカで現地校に飛び込むほどの高い英語力は
身につきません。ですが、いろいろな国の子供達がいて、面白そうです♪



まずは学校側に、プチーの英語力を測定していただきました。

会話は上手だ、と評価していただきました♪(ホント?)
読む力も大丈夫。学年相当の力があるということでした♪(ヨカッタ!)
ただ「書く能力が低い」と、バッサリ切られました~。(なんでよ~!)

書くことには一番力を入れているつもりでしたので、正直言って
傷つきました!なんでなん?と疑問に思いました。



まず、プチーを責めました!

ちゃんと真面目に書いたの?
今日のは、あれはテストだったんよ!
英語力を評価してもらうために来てたんだから
ちゃんと書かないといけなかったのに!

・・・・と、プチーに言ってみてから、こんな大切なことは
事前にちゃんと言っておいてやらないといけなかったんだ、と
気がついた・・・。

ごめん、今更言っても遅いか・・・。



とりあえず、「どこで何を見られているかわからないから
日頃からちゃんとしておかないといけないね」なんていう具合に
話は落ち着きました。

その学校で過ごした時間を大いに楽しんだプチーは
意気揚々としていて、是非この学校に通いたい、と言っていましたから
もうそれ以上、テストの話はしませんでした。





後から落ち着いてもう一度、ライティングの評価が低かったことについて
考えてみました。

じっくり考えた結果、プチーが真面目に書かなかったわけではない、と
気がつきました。プチーは書き言葉と話し言葉を、きちんと
区別できていないのではないか、とあらためて感じました。

正確には、話し言葉程度の英語はなんとかなるけれど
文章(ちゃんと書き言葉で書かれた文章)を書くのに充分なだけの
英語力が無いのではないかしら。


日本の中高で英語を学んだ大人であれば
英語で会話しようとしてもなかなか言葉がうまく口から出てこず
閉口する、というのが一般的です。

ですが、語学力、文章力、語彙力など、どの点から考えても
書き言葉と話し言葉では、話し言葉の方が簡単なんじゃないかしら。

話し言葉であれば、だらだら文章を長く続けるうちに主語と述語が
少々ねじれても、違和感はありません。

あのね、それでね、と続けるうちに、文法的にはおかしな構成に
なってしまうことなどいくらでもあります。

だからこそ、読み返さずに思いつくまま書き綴った作文は
変な文章になるんだと思います。

小学生になったばかりの頃、プチーによく
作文を書く時は「ママ」とか「宿題は、やったし」なんて書かないように
と、注意してやっていたことを思い出しました。

一年生になって作文(日記)の宿題が出て初めて
プチーの書く本格的な文章を目の当たりにし
なんじゃこりゃ~、とびっくりしたんだったっけ。

しゃべっているだけでは気がつかなかったプチーの幼稚さが
前面に出た、アホ丸出しな作文だったなぁ。懐かしい♪


結局、今でもプチーの作文力はたいしたこと無いのですが
英語の場合はさらに、質の低い文章を書いていたはずです。
そこまで気にして指導していなかったなぁ。

サリー自身、書き英語と話し英語を区別できる程の
英語力の持ち主ではないため、そのレベルまで
チェックできずにいました。


そんでね、そしたらね、とべらべらしゃべり続けるような
子供っぽい文章から卒業するために、どんな風に指導してやれば
いいのかは、よくわかりません。

文書の構成や起承転結くらいならサリーにも見てやれますが
それ以上のことは、なんだかよくわからない・・・。


ですが、できる限り年齢に見合った英語力を身に付けていきたい、と
考えるのであれば、この[幼稚]なところをなんとかしないといけない、と
新たな課題が見つかりました。

学校へ正式に通いだしたら、担任の先生にもっと詳しく色々
きいてみようと思います。



四年生にもなれば、目上の人には敬語を使うべきであることや
文章を書く時の言葉遣いが話し言葉とは少し違うことにも
気がつきます。

英語も同じように、質を上げていかないといけないことが
わかりました。

年齢相応って、こういうことなんだなぁ。




プチーは張り切っています。

「入学するまでに、もっと英語が上手になっていないと」
と、英語の勉強の計画を立てていました。
(今日は、計画を立てただけ!)


サリーも張り切るつもりです。学校側とは英語でやり取りしますから
サリーの英語も磨かないと、言いたい事を主張できません☆
(実際は、必要書類を揃えるだけでも悪戦苦闘!何がいるのか
 よくわからず、常に「なんとなく」しか準備できていません・・・)




日本人学校を選ばず、インターナショナルスクールに決めるまでには
散々右往左往がありました。

プチーと沢山話し合い、色々調べて行き着いたのが
アメリカンカリキュラムを取り入れている、この学校でした。


嫌ならいつでもやめられる。
気になるのであれば一度通ってみても、悪くはないね。

そんな軽い気持ちです。

とりあえず、やってみよう。今からあれこれ心配したって
始まらないしね。

毎日親子で励ましあってます☆











にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2010.01.09 11:54 | 国外 | トラックバック(0) | コメント(30) |

2010年、激動の年となります(予定♪)

身の回りの環境が少し変わるかもしれない2010年。
プチーにとっても、大きな変化の年になるかもしれません。

今まで何も考えず、ただ「英語が好き」なだけで続けてきた
英語教育、英語学習。

英語子育て、なんて言葉がありますが
これは英語で子育てしている、ということではなくて
子育てにおいて、がっちり[英語に触れる機会]を確保してある
というような意味合いではないかなぁ、と思います。

英語も、子育ても、同じくらいの勢いで全力投球、というような
そんな雰囲気かなぁ、とサリー自身は思っています。

言葉の響きや定義には、それぞれの人が個々に
独自のイメージを持ちます。

英語子育て、おうち英語、バイリンガル子育て、などは
どれも同じような意味合いです。(詳しくはわかりませんが
サリーにとってはどれもいっしょです♪)

ですけれど、「この言葉のほうがいい」とか
「この言葉はなんだか違う」とか、そんなちょっとした
こだわりのようなものを持ちつつ、言葉を選んで使っているんじゃ
ないかなぁ、と、そんな気がします。


バイリンガル、フラッシュカード、オールイングリッシュ、暗唱、多読など
沢山の英語子育て用語がありますが、言葉の用い方や定義、それに加え
子供の導き方にはとんでもない数のバリエーションがあり
それぞれが自分なりに決めたルールに従い、時には脱線したり、方向をかえたり
断念したり、紆余曲折しながら進んでいくんだと思います。

少なくともサリーはそうでした。



自分自身は、その場その場で最善と思える選択や決断をしてきたつもりですが
こうしてブログの記事なんかに書き留めてしまうと、結局矛盾だらけで
何のまとまりもないものになっていると思います。

その上、基本的にはいい思い出しか残っていないため
過去を振り返って記事を書く時はいつも、ご満悦なことしか書けません。

あせったり、取り乱したり、も散々やってきたはずですが、具体的には
そういうことはあまり細かく記憶に残っていないものですから
今まで常に順調で、落ち着き払ってうまいことやってきた、というような
調子で書いてしまいます☆

ですが、別に見栄を張っているつもりもありません♪

サリーはどちらかというと、ひょうひょうと涼しげにこなすよりも
山あり谷ありで汗かきながら進めていく方が
いかにも「がんばった」感があって好きなのですが(自己満足大好き!)
あらためて振り返ってみようと思うと、つい、常に順調だったように
思えてきてしまいます☆

さて、こんな具合に、ただ単なる自己満足であったわが子の英語教育ですが
いつか何かの拍子に、得することがあるかもしれないぞ、なんて
下心満々でもありました。

英語ができるからこそ世界が広がる、選択肢が広がる、というような
そんなことがいつか起こるかもしれないし、起こらないかもしれないし。

よくわからないけれど、プチーが後々「英語やっててよかった~」と
言ってくれる時がきたらいいなぁ、ということはいつも思ってきました。



そして今年、プチーを取り巻く環境が少し変わるかもしれません。
それに伴いプチーはきっと、今の時点では
「英語ができてよかった~」と思っているはずです。

明日、更に大きな動きがあります。英語ができて本当によかった、と思えるか
この程度の英語じゃどうしようもないよ、と敗北感を味わうか
さぁ、どっちかしら。





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2010.01.06 11:46 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。