スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

準1級手前の、お堀級の溝

英検準1級用の語彙問題集である英検準1級のターゲット

それをペラペラめくりつつ
プチーが知っていたほうがよさそうな単語が含まれる問題に
印をつける作業をしています。

2級の時もそうでしたが、最初から問題集全てをこなすことなど
できませんから、最初はサリーが選んだ問題だけをプチーが
解いていくことになります。

印をつける基準はズバリ、「サリーでも正解がわかる♪」!
半分ほどは、聞いたことすら無い単語です・・・。
いよいよ自分の力不足も痛感しています。




問題集は既に何ページか、プチーにもさせてみました。

不自然に難しいものははずしてありますから
処方箋の話とか、アドリブの話とか、宗教心の話とか
どれもプチーの理解の範囲内に充分収まる程度の内容です。

覚えていなくて当たり前、という気楽さの中で進めていますから
プチーもどちらかというと、楽しんでいます。
なにしろ、新しいもの好きですから☆




それでもどうしても、この違和感を拭い去れません。

今この問題集で触れている単語は、どちらにしろ知っているべき単語だから
この勉強は全く無駄にはなっていません。

何日かに一度、ほんの3問ほど解くだけですから
全く負担にもなっていません。



ただ、明らかに[まだ早い]感があります。

プチーが四年生だから、準1級の話題は大人っぽすぎて
まだ早い、という意味ではありません。

プチーの英語力がまだ、準1級並の問題を解くレベルに
達していないから、「まだ早い」と感じるんだと思います。



2級に合格したから次は準1級、というわけではないということが
あらためてわかりました。

級の順序で考えると、2級の次に準1級があるのですが
この二つの級は、どうやら、全然、つながっていないみたい。

2級のためにそれなりに英語の経験を積んできて
そして、そのまま同じ歩調で歩いていったのでは
準1級ワールドへ到着するまでに、目の前の溝に
落っこちてしまいそうな、なんだかそんな感じがします。



今、準1級のための語彙の勉強に重点をおいてしまっては
今のレベルの語彙と、準1級レベルの語彙と
その間をつなぐ大切な橋渡し役の語彙がすっぽり抜けてしまう、と
感じました。


知っておくべき言葉はもっとあるのに、それをすっ飛ばして
高度な言葉を学んでしまっては、たとえその勉強自体が楽しかったとしても
あとで痛い目にあいそうです。


プチーはまだまだ、幼稚な英語しか使えません。
同意語レベルの語彙を強化したい、という段階に来て
ぐんと歩みがのろくなり、苦労しているように思います。


例えば、一人ぼっち、じゃなくて、孤独。
追っかける、じゃなくて、追跡する。

こんなイメージです♪
たいした語彙じゃないのです。

ですがまだまだ、この程度の域に山ほど、曖昧にしか
覚えられていない語彙があります。



そんなプチーに、追悼、首尾一貫、立ち退き、などの言葉は
まだまだ、早すぎるように思います。

日本語としてはもちろん、もう知っているべき言葉ですが
完全に日本語からは遅れをとっている英語ではまだ
このレベルは無理です。

ただ、触れる機会さえあればある程度は覚えますから
楽しみとして触れていくことは、これからも続けたいと思います。





先日準1級のターゲットに[deficiency]という言葉が出てきました。
不足という意味です。

ビタミン不足だとお医者さんに告げられた女性の
話でした。(長文ではありません。)

この単語を、プチーは知りませんでした。

覚えられるといいねぇ、なんて具合に、その場は軽く
おさめました。



そうしましたら、たまたまその日の晩に読み聞かせをしている時
[lack]という言葉が出てきました。

これも[不足]です。

これだ、これなら知っているはず!だってしょっちゅう耳にするもん!

張り切ってプチーに「lackって何か知ってた?」とききましたら
「知らない」と言われました・・・・。

どうして今更、「lackを知らない」なんて言うのかしら、と
情けなく思いつつ、意味を教えてやりました。

もちろん英検の問題集に出てきた単語とも関連付け
どちらも不足と言う意味だ、ということを説明しました。



このどちらの言葉も知らなかった、ということは、今まで
それ以外の言葉を使って、[不足]を表現していたことになります。

どんな言葉を使っていたのかしら?

既に、どこかで[inadequate]という言葉が出てきていたなぁ。
これは覚えてるのかしら。これもまぁまぁ大人っぽい表現のように
思います。



なんだか気になったので、プチーにきいてみました。
何かが足りない、というような表現をする時、どういう言葉を使うか
と、質問してみましたら、迷わず

「not enough」

と、言われちゃいました。

とってもとっても初歩的な、原始的な語彙のみで
たくましく生き抜いているのね・・・・・。



たくましいのは認めます。自分の能力の範囲内でなんとか
どんな苦境も乗り越えていこうとする心意気!素敵♪

サリーがプチーに何よりも求めているのは、サバイバル能力です。

少々のことでは動じない、どあつかましさ。
どんな状況でも生き抜く図太さ。

こういうものを育ててやりたい、と常に思ってきました。



ただ、これは、現状に満足してそれ以上を求めない
意欲の無さとはまたちょっと違います。





・・・と言っても、元々こんな大げさな話ではないとは思いますが
プチーは新しい言葉を覚えよう、という欲を充分持っていないように
思います。
(欠いているのは欲ではなくて暗記力かもしれませんけれど)



サバイバルも大切なんだけれど、もうちょっと垢抜けた
洗練された世界への憧れも持って欲しいなぁ。










プチーとは、また精読も始めました。

読書と精読と両方やっていこう、ということで
精読の方は、英語だけではなくてそれ以上に何かを学べる
本を選んでいくつもりです。

今、Hitler's daughterを一緒に読んでいます。
とても面白い本だったので、プチーが学校へ行っている間に
サリーは一人で勝手に最後まで読んでしまいました♪

プチーとは今、真ん中あたりを読んでいます。

歴史的事実を盛り込んだ、フィクションです。

本を読みながら、話は脱線してばかりです。


これからも、こんな風に、沢山の話題を提供してくれて
プチーがささっと読むだけではもったいないような本を
一緒に読んでいけたらなぁ、と思っています。






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2009.09.28 06:01 | 英検準1級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

今更ですが、Podcast♪

携帯オーディオプレイヤーを購入しました。

サリー自身が英語の勉強を再開することにしたので
まずはツールを揃えなくっちゃね、と張り切って
安物を購入しました♪



ipodなんてかっこいい物ではありません。

その名もZEN♪
ぜん、って読むのかしら。じーん、かな。不思議なネーミングです。





↑こんなのです♪
届いてみてびっくり。昔持っていたカセットテープのウォークマンのようなのを
想像していましたから、その小ささに仰天しました。

おもちゃ並みの安っぽい作りですが、なかなかの優れものです!





ただ、機械オンチのサリーにとっては、充電するだけでも大変でした。
その時点で既に、どうやったらいいのか、さっぱりわかりません・・・。




パソコンに接続し、なんとか電源が入る状態になったものの
何かを録音するその方法がまた、わかりません。

録音、なんていう感覚ではないみたいです♪
取り込む、みたいな感覚かしら?
音なんて鳴らさなくても、勝手に情報だけがやり取りされます。
さすがデジタル!



とにかく手探りで、手持ちのCDを録音してみました。
イヤホンで聞いても、内臓スピーカーで聞いても、ばっちり聞こえます。
音質の好みは人それぞれだろうけれど、サリーが英語を勉強するのであれば
これで十分すぎるほどです。



そして、色々入れてみたくなりました。

今まで全くご縁のなかった、Podcastというのを
試してみるみることにしました。

どうやらこれは、これ専用のソフトみたいなものを
インストール(ダウンロード?)してからでないと
使えないようです。

わからないなりに、iTunesのソフトを取り込み
ソフトを探してみました。



最初はうまく見つかりませんでした。日本のものばかりで
英語ものがうまく探し出せません。

ところが一つ、セサミストリートのものを見つけてからは
芋づる式に、PBSとかNickJrとか、アメリカのものを
探し当てることができました。

<キッズ/ファミリー>というカテゴリーでは
Radio Disneyを見つけました。

大好きなHSMのキャストがインタビューなどに答える様子を
聞くことができます。

夢のようです~♪



我が家はケーブルにも入っていませんし
アメリカのDVDをみることができるプレイヤーもありませんし
な~んにもない中、英語を続けてきましたが
新しいものを取り入れることで、こんなにも世界が広がるということを
知りました。


早速いっぱいいっぱい、とにかく保存(?)しておきました。





このZENプレイヤーでは、ビデオもみることができるので
お遊びのつもりで取り込んでみましたが、さすがにあの小さい画面で
動画をみるのはつらいかもしれません。

ですが、想像していたよりは、見やすかったので
プチー用には、ビデオもいいなぁ、なんて思いました。



プレイヤーを使うのはサリーですが、そこへ取り込むためのソフトを
探すうち、パソコン上で楽しめるプチー用の動画をたくさん
見つけることができました。

本当はそれをリンクして、こちらでご紹介しようと思って
この記事を書き始めたのですが、どうやら、リンクなんて
できないようです。

iTuneに、URLは存在しないようです・・・・。
残念です・・・。




これからも色々魅力的なコンテンツを見つけて、どんどん
保存していこうと思います♪

楽しみが一つ増えました~。
(そのおかげで勉強する時間が減りました~。
 勉強するために買ったのに~。)




ちなみにこのプレイヤーは、一時停止はできるものの
巻き戻しができませんでした。(多分)
巻き戻し、なんていう感覚自体が古いのか、よくわかりませんが
「聞き逃しちゃったからもう一度聞きたい」という時は
不便でした・・・。

ただ、一時停止できることで、頭の中の整理をしたりすることが
できますから、一時停止すらできない、車中のCDプレイヤーよりは
役に立ちそうです♪





噂には聞いていましたが、Podcastってスゴイなぁ~。









にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.09.25 04:46 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

子供の目線で選ばなくっちゃぁ・・・

読書を楽しむようになったプチーのために、と母はせっせと
本を探します。

先日面白そうな本を見つけました。決して難しすぎはしないけれど
ちょっと設定が凝っていそうなミステリーものです。


その名もShadow Children。そして、表紙はこちら↓。
LINK








届いた本を見てプチーが

「おわ~、こわそ~。」

と、ひとこと。


本当だ~。怖そうです~。なんでこんな本頼んじゃったんだ~?
表紙の絵のことなんて、気にするのを忘れていました。



ですが、言い訳するように、プチーに説明しました。


この本、めっちゃ面白そうよ。
中国の一人っ子政策みたいな感じで
子供の数が制限されてる話なの。

フィクションよ!フィクションなんだけど
2人しか子供を産むことが許されていない社会だから
3人目からは隠れて暮らすんだって。

三人目がいるってばれたら、その三人目は
殺されちゃうらしいのよ。スゴイお話でしょ。


・・・と一生懸命説明しました♪


だからシャドーチルドレンっていう題名なのかぁ、と
納得した様子のプチーですが、「それはおかしい」という
表情で抗議してきました。


「でも、二人しかだめ、なんて言われても
 生れちゃったらどうしようもないやん!
 子供の数なんて、誰にも決められないでしょ。
 生れてこさせないことなんて、できないやん!」







・・・・う~ん。
できるんだなぁ、それが・・・。
なんと返事したらいいんだろう?

赤ちゃんは授かりものだと信じる娘に、どう説明すべきか。

もう一人欲しいから、と増やす方向へもっていくのは難しいけれど
もう子供は欲しくないから、と減らす方向へはもっていける、ということを
どう説明したら良いのか。

弟か妹が今すぐにでも欲しいプチーと、この赤ちゃんネタで
引っ張るのも嫌だなぁ、と思ったので、結局、話をプチーにあわせることに
しました。



本当だねぇ~、どうすりゃいいんだろうね~。
どうにかするんだね~、きっと。





・・・と話を適当にごまかし、とりあえずこの件についての会話は
終了させました☆




なんだか、この本を読ませるきっかけを失ってしまったような気分です・・・。



というわけで、もったいないので、サリーが読んでみることにしました♪

まだ最初の方しか読んでいませんが、最初からやけに緊迫感が漂う
ちょっと重い本でした☆

いきなり、ズシンときました。
でも面白そうです♪



ばっちり読み終えた上で、またプチーに
「いや~、このくらいの本は読めたほうがいいねぇ。
 このくらいのを読めるっていいねぇ。
 英語の醍醐味だねぇ。」
なんて自慢でもして(それほどの本でもないと思うのですけれど)
読む気を起こさせてみようかなぁ、と思います☆




本選び、なかなか難しいなぁ。

プチーは最近Boxcar Children の再読を楽しんでいます。
英語のチャプターブックで、同じものを何度も読みたがることは
滅多にありません。

めずらしい!よっぽど好きなのね♪








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



2009.09.18 10:16 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(2) |

珍しく、妖精ものを手に取った!

プチーは、女の子っぽいものをあまり好みません。
洋服だって筆箱だって、なんだって男の子っぽいものを
持ちたがります。

今時、女らしい男らしいはナンセンス、という考えも
あるとは思いますが、一般的にはどんなものでも
[男の子用][女の子用]と分けて売られていて
プチーが足を運ぶのはいつも、[男の子用]です。

そんなプチーですから、あまり、妖精ものやプリンセスものなど
ピンクが似合いそうなかわいらしい本を好んで読むことは
ありませんでした。

ディズニーでも、プリンセスよりは、インクレディブルズや
発明家のルイスの方が好き。



そんなプチーが昨日(日曜日)の朝手に取ったチャプターブックは
なんとも素敵な、絵画のような表紙がかわいい
Lost Flower Children

↓こんな表紙です。
LINK

この本は、まさかプチーが自ら手に取ることなど無いだろうと
完全にあきらめ、本棚に無造作にしまってあったのですが
なぜか、引っ張り出してきました。


去年の夏に購入したものです。
日本語版花になった子どもたち が、中学年の
課題図書になっていたので、中学年であるプチーが読むのに
丁度良いのではないかと思い購入しました。

ですが、読書感想文用の課題図書です。
サリーにも「どうせ、あまりおもしろくないんじゃないか」という先入観があり
無理に読む必要も無いだろう、なんて思っていました。




ところが昨日は、プチーが自らその本を手にしました。
平積み状態のUtterly Meには目もくれず
Lost Flower Childrenを手に取りました☆

Utterly Meは、表紙の絵が不気味で
なんだかコワイそうです・・・。

(↓ちなみにUtterly Me, Clarice Beanの表紙はこちら♪)
LINK










1時間くらいたったかなぁ、と思う頃、読み終えた様子で
戻ってきました。

おもしろかったそうです♪

ちょっと半信半疑だったものですから、どこが面白かったのか
きいてみました。


そうすると、ちょっとドキドキするような、続きが読みたくなるような
展開だったので、探偵ものではないけれど、同じような
ワクワク感があった、ということでした。

子供用の本だもの、うまいこと、続きを読みたくなるような演出が
してあるんだろうと思います。

なかなかいい反応でした。



そして、プチーが更に、本の感想を続けました。

この本の筋は、それほど練りこまれたものではなく、単純なんだそうです。
(プチーはそう感じたそうです)

どうなるのかな?と気になるんだけれど、一つの筋しかないから
その筋を追っていたら最後までたどり着いちゃった、という感じだそうです。



一方、プチーが本当に好きなタイプの読み物では、普通、筋は一本ではなく
何本か並行して進むそうです。そして読み進めるうち
「あぁ~、あの時のあれは、こういうことだったのかぁ~」と、どこかで複数の筋が
一本にまとまり、合点がいく、という展開だそうです。


ポワロとか、ホームズとか、そういう探偵ものもみんなそうだ、と
大層な本を例に挙げて説明してくれました。



そうか~。プチーも大きくなったなぁ~。
複数のプロットが絡み合うような、そういう展開がおもしろいんだ~。

残念ながらそういう作品は、英語ではまだちょっと難しいと思います。
実際、ポワロもホームズも、英語では読んだことなどないはずです。


ちなみにプチーいわく、ボックスカーチルドレン
ポワロみたいに、いくつかの筋が絡んでいる、面白い作りに
なっているそうです☆

子供だましミステリーだと完全に馬鹿にしておりましたが
多少は筋なんかも練られているようです♪






プチーの好みが具体的にわかり、なんだか気持ちがスッキリしました。

心も体も確実に大きくなっているようなので、英語力もちゃんと
それについていけるように育ててあげなくては、そのうち
英語での読書は面白くなくなっちゃうかもしれません。

英語での読書を楽しむためには幅広い分野への興味や好奇心と
それに見合った英語力が必要なんだなぁ、とわかりました。






最近はわざと、プチーの愛読書のボックスカーチルドレンシリーズ
切らしてみたりしています。このシリーズが揃っていると
こればかり読みたがるので、たまには他の本も読んで欲しくて
次から次へと注文しないことにしています☆

74巻目を読み終わっちゃったプチー。

次の巻がないとわかり、他の本へ手を伸ばすと思いきや・・・・。




「次無いから、また一巻でも読んどこ~。」

と、結局またボックスカーを読み始めました。

なんでそうなるの~ぉ?飽きもせず、ボックスカーチルドレンばかり読みたがり
一向にレベルアップする気配はありません。










なが~い目でみなくっちゃ。
なが~い目で・・・。
読んでくれるだけでもありがたいありがたい。







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.09.14 09:51 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(8) |

背伸びしすぎた・・・

ロアルド・ダールの本をまとめて購入してしまったため
合間合間にプチーに勧めています。

昨日は、プチーが直々に自分で「読んでみたい」と言って選んで
購入したDanny the Champion of the Worldを読み終えました。

面白そうなお話ではあったのですが、字が小さい上、ある程度の
分厚さもあります。

難しすぎるわけではなかったようですが、段々読み続けるのが
面倒になってしまったようです。

最初は真面目に読んでいたのですが、中々進まないのに嫌気が差し
途中からめちゃめちゃスピードアップ。



急に、読み終えました・・・・。



あやしい。とってもあやしい。
最後まで、きっと目は通したんだろうけれど、これじゃ
読めていないな、きっと。




語数を調べてみると、39000語です。

3万語ほどもあるような本を読み終える程の根気も英語力も
ないことがわかりました。

余程おもしろい3万語なら喜んで読むだろうけれど
プチーにはまだまだ、もっと小さい子向けの短編を
準備してやったほうがいいんだなぁ、とわかりました。




変に多読の真似事をすると、国語の読解問題の解き方まで
いい加減になってしまうことも、なんとなく気になっています。

ざざざ~っと読んじゃう娯楽読書の延長で国語の長文を読んでも
なかなか問題は解けません。

国語の長文は[心の中で音読]が基本ですのに
絶対音読できないような速度で読み終えてしまいます。

そんな状態で設問を読んでも、答えのヒントがどこにあるのかも
うまく見つけ出せず、また一から読み直すことになります。




娯楽読書と精読と、きちんと使い分けていけるよう、気をつけて
見守っていかなくてはいけないことを再確認しました。


一歩一歩前進して行きたいものの、背伸びしすぎると
ろくなことは無い、ともわかりました。


バランスが難しいなぁ。







今日は、起きてきたら何を読むのかなぁ~。
(プチーはまだ寝ています♪)



ちょっと字が大きめなUtterly Me, Clarice Bean
目立つ位置においておこうと思います♪

これを手にとって読んでくれるか・・・?
それともらくご長屋へ流れていってしまうのか・・・?



ハラハラしながら見守りたいと思います♪










にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.09.11 05:47 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(9) |

朝読書、夜読み聞かせ大作戦

学校が始まり、午後の時間が詰まってしまったので、とりあえず
朝起きぬけに30分ほど読書する時間を確保することにしました。

起きてすぐなのでいきなりワークブックというのも気の毒かしら
なんて思って、読書にすることにしました。

と言っても、プチーは、まず朝起きたらすぐ本を読むので
「朝は本を読むことにしようね」と声をかけたわけではありません。



ただ、朝プチーがのんびりする時間を確保してやりさえすれば
朝の読書は実現します。

サリーのしてやることは、朝、自力で起きてこない日でも早めに起こし
時間を作ってやること。

30分だけでいいので、続けていけたらいいなぁ、と思います。
夜の読み聞かせを減らしたくないので、眠たい時は
読書を減らして(朝ゆっくり寝て)、読み聞かせは固守、という形で
進めていこう、と今のところ計画しています。



The Gymnastics Mysteryという相変わらず不思議なタイトルの
ボックスカーチルドレン73巻を読み終えたプチーは
今はJudy Moodyを読んでいます。

Judy Moodyの表紙の、ちょっと大人っぽい女の子の絵のおかげで
(主人公、ジュディーの絵です)
サリーは勝手にこの本を、ちょっと大きい子向けの本だと
思い込んでいました。

手持ちの本をさっさと消化したくて、たまたま
「時々違う本を読んでごらんよ~」
と、プチーに手渡したのがこの本なのですが
渡す時に中を開いてみてびっくり!

字が大きい!しまった~。全然大きい子向けじゃなかったんだ~。
知らなかった・・・。


簡単な本(ボックスカーチルドレンシリーズ)の合間合間に
ちょっと難易度の高いものも読んでくれたらなぁ、と思っていましたのに
またもや、くだらなおもしろい、プチーがニヤニヤしながら読む本を
薦めてしまいました・・・☆


Judy MoodyBoxcar Childrenよりも
随分と読みやすく簡単なんだそうです。プチーが断言しました♪

楽しそうに読んでいるから、それはそれでいいんだけれど
なんとかちょっとでも役に立ちそうな本を、とついつい
企んでしまう・・・。



企むと裏目に出るのね♪







ところで、プチーのボキャビル本、最近聞き慣れない難しい単語が多くて
アップアップしています。

昨日の単語は[allude]だったのですが、この単語の意味である
[ほのめかす][遠まわしに言う]というニュアンス自体がなんだかどうも
わかりにくいように思いました。

しかもこの動詞のあとには必ず[to]がくるようなのですが
この[to]のおかげで、尚わかりにくいように思います。

今までは、「~について」と言えば[about]を使うとか
何も前置詞は使わない、という形が多かったように思いますのに
この動詞では、ここに[to]を使います。

[allude to ○×]で、[○×についてほのめかす]となるそうです。

なんだか難しいなぁ~。


各ページに必ず大きなイラストがあるので、そのイラストと
単語のイメージを結びつけながら、なんとか「な~んとなくわかる」
程度にはしていきたいと思います。






二学期、学校が始まってみて、あらためて
夏休み中いかにだらだらしていたかがわかります。

体がついていきません~。

早くダラダラ癖をぬいて、シャキッとしなくっちゃ!






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.09.08 04:50 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

怒涛の一週間!英語無し!

2学期が始まりました!

学校が始まり、運動会の練習が始まり、給食が始まり
すごい勢いでこの一週間が終わっちゃいました。

プチーは運動会が大好きで、運動会前は毎年
いつも以上にハイテンションになります。


今年もダンスの練習が始まりました。
これを毎日家でも練習しないと気が済まないプチー。

「ここはもっと前へ進んでいくんだけどね」
とか
「ここは隣の人とちゃんと並んでね」
とか、解説付きでサリーに披露しつつ、何度も何度も
家で踊ります。



・・・・・あまりにも楽しそうなので中断する気にもなれず
ただただ時間が過ぎていくのを、内心ハラハラしながら
見守る一週間でした。

いっぱいやらないといけないことあるんだけどなぁ。




今週は思いっきり、ずず~んと英語との距離が開きました。
国語算数理科社会、主要四科目はなんとかこなしました。
問題集もなんとかかんとか進めています。



ですが、忙しい時はどうしても手薄になってしまう英語。
急に本を読む暇もなくなり、読みかけの本が
ソファーに寂しそうに放置されています。





ここからが本番です。また、ちゃっちゃっちゃ~と
色々片づけていきつつ英語の時間を確保しなくっちゃ♪


時間は充分あるはずですのに、すっかり怠け癖が
ついちゃっています☆




来週からまた気持ちも新たに、欲張っていくぞ~♪





とりあえず、ボキャビル本だけでも毎日やろう。
これが来週の目標です♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.09.04 20:00 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(0) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。