スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

サタデースクールへ通う理由

四年生になってからも、プチーは引き続きサタデースクールへ
通っています。今、二年目です。

二年生までのプチーの英語の面倒はサリーが一人で
みてきました。ですがいよいよ三年生からは、サタデースクールと
二人三脚で更にパワーアップしよう、とかなりの意気込みで
通い始めました。

ところが、入学してみて拍子抜け。
サタデースクールって一体何なんだ?と常に悶々と考えながら
一年間通い続けました。


評判のよいお教室ではありましたが、一年の間に
システムや教授法や教育方針や、とにかくあらゆる面で
大改革が行われ、サリーの望むのとは別の方向へと
かわってしまいました。

お教室にとってはきっと、大改造、大改善だったんだと思いますが
少なくとも私たち親子にとっては、よくなった面はひとつもありません。
(あえて言うなら宿題が減ったことかな♪)

それが気に入らなくて、無念で、悔しくて、サリーは一時
怒ってばかりいました。

全然話が違うやん!一体どうなってんの!と怒ってばかりいた頃は
記事を書けませんでしたが、今もう、すっかり落ち着いてきました。

怒りが峠を超え、悟りの心境です♪



もう、サリーにとってもプチーにとっても、サタデーは
無味無臭で、いい意味で影の薄い存在となっています。

土曜日、時間がきたら送っていき
時間が来たら迎えに行くだけ。

帰宅後10分でささっと宿題をすませ、サタデーのカバンは
部屋の奥へと直します。(結構大きくて、邪魔になります)

一週間後、またカバンを取り出し、サタデーへ出かけていきます。



プチーは一人っ子ですから、集団生活の場が多い方がいいと
今も思っています。そのためにサタデーを続けているんだと
思います。これも理由のひとつです。

音が聞こえてきそうなくらい、ど派手に崩れていく
このサタデーの理想や教育方針に耐えられず、何度もやめようか
迷いました。

ですが結局やめないのには、他にも理由があります。



英語を話す機会があるということを、ありがたく思っています。

英検に関しても、準1級や1級を受ける人が身近にいることで
「自分もがんばってみたい」という気持ちになれます。

純粋な英語教育の場としては機能していないけれど
いろいろな人にめぐり合うチャンスを与えてくれます。


プチーは英語を話せることで、自分の世界を広げることが
できました。外国語を話す人や、外国で育った日本人の子達と
話すことは、楽しいことだと思います。

日本人なのに、英語ぺらぺらな人っているんだなぁ、というのは
プチーにとっては純粋にショックだったと思います。

そのおかげか、最近「自分の英語はたいしたことない」とか
「自信が無い」とか、やたら言うようになりました。

その気持ちを忘れずに、せっせと勉強してくれたら、と思います。






プチーはサタデースクールへ行っています。
サリーが見る限り、このサタデーがプチーの英語をどうにかしてくれるとは
全く思えず、内心「この役立たず!」と思っていました。

煮えくり返るほど怒ったことも何度かありました。

怒ってばかりでした。

一体、こんなところに通う意味があるのか?
土曜日一日、もったいない!お金だってもったいない!
とにかく怒りながらも続けていました。



ですが最近、このサタデー通いも、確実にプチーに
影響を与えているはず、と思えるようになりました。

どんな影響なのかわかりません。

少なくともこの影響力がプチーの英語力そのものへ
作用しているわけではないことはわかります。

語彙を増やす、とか、読むのを早くする、とか
文章をまとめるのを上手にする、とか、そういった形で
[英語]そのものに働きかける要素はありません。

ですが、「やる気を起こさせる」とか「楽しさを見つける」とか
そういうことも、立派なサタデーのお役目であり
決して役立たずなんかじゃないはずだ、と思えるように
なってきました。



サリーは、サタデーなんかに頼らず一人でがんばっているつもりに
していましたが、やっぱり、サタデーのおかげで何かがきっと
いい方向へ動いているはず、と信じています。

ですからそういう意味で、例えば短期の親子留学とかセット教材とか
それ単独では英語力を大きく伸ばすことなんかできない要素でも
実は存在価値があって、やっぱり、それがあったからこその
今現在の英語力なんじゃないかなぁ、と思うようになりました。
(我が家は親子留学はしたことありませんが、セット教材は持っています♪)


それぞれ一つ一つは非力に見えても、あわせ技で
威力を発揮しているんじゃないかな、と今頃気がつきました。

時間が許せば来年もサタデーへ行かせてやりたいと思っています。
(同じところへ通うかどうかはわかりません。
 他へも偵察に行く予定です。)


今日もサタデーへ行っています。
せっかくのグループレッスンだから、いい刺激をうけて
帰ってきてくれたらいいなぁ、と思います。











↓ランキングに参加しています。クリックして応援してください♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

2009.05.30 15:14 | サタデースクール | トラックバック(0) | コメント(9) |

英検二次と重なる大事な用事

残念なことに、今回の英検の二次試験の日と
プチーが楽しみにしていたイベントの日が重なっています。

昨日、プチーに初めてそのことを告げました。

用事の方にはいけないからね、英検と重なっているから。
ごめんね、でも仕方が無い。

こう告げると、意外とあっさり、仕方がないことを認めてくれた
プチー。

そこから、英検の日の確認が始まりました。

プチーは英検が何月にあるのかもわかっていない状態でしたから
一次試験が6月14日で、二次試験が7月12日であると
説明しました。

ついでに、その用事の方の日程も説明しました。



プチーが、はっとしたように言いました。

「重なってんのって、二次なん?
 ・・・・・・・・・落ちたら行けんの?」





この反応がこわくて、今まで言えなかったのです・・・。
英検に落ちれば、楽しみにしていたイベントに行ける。
ちょこっとでも、こんな邪念があってはいけない・・・。

慌ててサリーも逆襲しました。

「落ちたらって、落ちないんだから、やっぱり無理でしょう?!」





今までにも、英検の二次試験が、他の行事と重なることはありました。
残念だね、なんて言いつつ、結局一次試験に落ちて
行事にはめでたく参加、というのがいつものパターンでした。

このパターンのイメージがなんとなく焼きついていて
二次の日とイベントが重なる、というのが、とても縁起の悪いことのように
思えてなりません。

何の関係もないんだけれど、またあの時のような展開になりそうで
どうも落ち着きません。

気にしていないといえば気にしていないけれど
少々心にさざ波がたっております。


プチーは、まさか、わざと落ちるようなことはしないはずですが
何をしでかすか予測不可能の彼女に

「お願いだから、わざと落ちんのだけはやめてよね~。」

とは、冗談でも、言えませんでした。

変な入れ知恵しないでおこう。しょうもないこと言うのはやめよう。
雑念を追い払わなくっちゃ。英検に受かりたい、と思わせなくっちゃ。




その話をした時、プチーが
「今回の英検は四回目だから」ということを言いました。

サリーは、今までの不合格を悔しく思っていはいますが
回数まではあまりちゃんと覚えていませんでした。

考えたらもちろん思い出しいますが、とっさにでてきません。
三回目だったっけ?あ?四回目?みたいな感じです。

ですがプチーは、さらりと、「四回目で、今まで三回も落ちた」と
言いました。プチーなりに気にしてるのかしら。







邪念、雑念、とんでいけ~。
全力で臨めますように。









↓ランキングに参加しています
クリックして、一票いれてください~♪
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.05.27 05:02 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

5年たちました、ありがとうございます♪

プチーの英語を自慢したくてホームページを作ってから
はやいもので、もう5年が経ちました。

毎年この時期、アニバーサリー記事を書いておりますので
ちょっと読み返してみました♪


一周年の時には「1年は必ず続けよう、と思いながらやってきた」と
感慨深げに書いていました。

二周年の時には「二年目はあっという間だった」と振り返っていました。

三周年の時は、なんだか元気がありません。この頃きっと
英語育児サイトやブログがぐんと増えてきた頃なんじゃないかしら。
うちのサイトはなんの売りもなから、と嘆いています☆
ぱっとしないから、完全に沢山のサイトに埋もれてしまって
不満そうな自分が、笑えます♪

四周年、というと、去年です。今とほとんど状況は同じのようです。
スゴイ長文記事で、心境を延々と語っています。去年といえば
英検にもおちまくっていた時だし、かなり精神的に不安定な感じ☆
「だいじょうぶ~?」と過去の自分に声をかけてあげたいくらいです。
病んでます!




そして、五周年♪只今プチー、絶好調♪

四年生になったプチーは、9歳です。
9歳というと、努力もかなりできるようになってきます。

相変わらず楽するのは大好きだけれど、努力もするし
「英検前だから、問題集しとかなくていいの?」
なんてことを心配することもできるようになってきました。


以前は、威勢ばかりよくて行動が伴わないことが多かったのですが
最近は、随分お姉さんになってきました。

三日坊主もマシになってきたかな?

日記も腹筋も、毎日欠かさず続いています♪
将来的には腹筋一日100回を目標にしております♪
プチーの腹筋、いつごろ割れてくるかしらん♪



先日本番さながらに解いた英検2級の過去問題集でも
八割ほど正解することができ、ほっと一息ついているところです。

やっとここまできたのか。

きてみたら案外あっけなくて、何がどう影響して
ここまでこれたのかは、結局よくわからず。

年を重ね、自然に英語やその内容を理解できるように
なってきたんだなぁ、ということくらいしかわかりません。

若干9歳ですが、年の功を実感しています♪




ホームページを始めた頃、プチーはまだ幼稚園児でした。
英検も受けていませんでした。ビデオの台詞を真似した♪とか
英語モードで英語を話し続けた、とか、そんなことが
ただただうれしく、いろいろなことを書き留めていました。

イエ~イ、とか、ヤッホー、とか、飛び上がることも多かった♪


ところが最近は一喜一憂の[一喜]が減り[一憂]ばかりになってきた!
何を書いても愚痴になっちゃうようになりました☆

その上、親子ともに妙に落ち着いてきました・・・。

せっかくの念願の英検2級の問題で8割とれるようになったのに
飛び上がるほどうれしくない・・・。

プチーだって同じです。

解答終了後、答えあわせをして点数を確認しました。
6割取れれば合格だということは知っています。
そのテストで8割とれています。

めっちゃ喜ぶのかと思いきや、ニヤッと笑ってサムズアップ
やっと終わったわ、という感じで、またそそくさと本を読みに戻りました。

かっこよすぎるやん!
できて当たり前さ、みたいな感じ?
それともただの高楊枝?(多分違うと思う)


プチーもかなりさらっとしてますが、サリーもなんだか妙に
落ち着いていて、躍動感みたいなものがありません。

やった~、とか、よっしゃ~、とか思えない・・・。



理由はきっと、プチーの年齢のせいだと思います。
もう9歳。どんなことでも、努力で勝ち取れる年齢です。
何かを手に入れたいなら努力すればいい。
手に入れられたら万歳、ではなくて
手に入れて当たり前。

手に入れられないのであれば、それは努力が足りないだけ。
そういう年齢になっちゃいました。

その上、9歳で2級は、決して珍しいことではありません。
とてつもなく遠い存在に近づけたわけではなく
いつの間にか、「それだけ英語やってるんなら合格できて当然でしょ」
という年齢になっていました。

毎年何百人という小学生が2級に合格しています。
(2008年度は195人だそうです)

2歳児ならアルファベットを知っているだけで「すごいね~」だけれど
中学生なら当たり前、みたいな感じかしら。

年をとったら、いつの間にかいろんなことが「当たり前」になってくるんだなぁ。
大きくなるって、思っていた以上にシビアなことだったんだなぁ。




この5年で心境は大きく変化しました。
でも、「英語やっててよかった」の気持ちと「プチーありがとう」の気持ちを
忘れないように、これからもパワーアップしていきたいと思います。






今まで、何度かブログやサイトをのぞいてくださっているみなさま。
本当にありがとうございます。

このブログのコメント欄では、沢山のことを教えていただき
励ましていただき、たまに戒めていただき
どのコメントもかみ締めながら読ませていただいています。

ホームページは、できればプチーが大人になるまで続けてたいなぁ、と
思っています。

どんな女性になるのか楽しみです♪


最近は更新もあまりしていませんが、どうぞ引き続き
たま~に、のぞきにいらしてください。

これからもどうぞよろしくお願いします。
いつも本当にありがとうございます。










↓ついでにこちらもよろしくお願いいたします~。
にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.05.24 14:04 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

通しで過去問解いてみた♪

今日はサタデースクールが休校でした。

まさかこのタイミングで休校になるとは思わず
びっくりしました!


前日の夕方にはメールを貰っていたようですが
実際にメールを読んだのは金曜日深夜だったので
なんだかとても急なことのように思えました。

まさかねぇ、と思いながらメールチェックしてみましたが
本当に休校になっちゃうなんて・・・。

真っ先にお金のことを考えてしまいました・・・。
万札が、ひらり~と舞って消えていくのが
見えましたぁ・・・・・・・・・・・。あぁ、手を伸ばして拾いたいぃ・・・。





というわけで、朝から急に暇になっちゃいました。

せっかくまとまった時間ができたので、過去問でもやっちゃおう♪
と思い立ち、前回の英検の2級の問題をさせてみました。
(英検の過去問は、英検のホームページで見ることが出来ます。
 音声もついているので、本番さながらで解くことができます♪)

筆記試験75分、リスニング試験25分、合計100分です。

この100分、というのがとにかく長くてプチーをうんざりさせるのですが
今回は、早く終われば、終わった時点で開放することを約束し
やり始めました。

結局全部で一時間ほどしかかかりませんでした。
プチーの晴れ晴れした表情を見ていましたら
よくできていることは、わかりました。


筆記問題は45問中34問正解♪
100点満点に換算すると70点を超えていました♪
八割には届かなかったけれど、これだけできていれば、気持ちにも
余裕を持って受験することが出来ます♪よかった~♪

リスニング問題は30問中28問正解♪
100点満点に換算すると80点を超えていました♪
全問正解には届かなかったけれど、あとちょっとですから
本番は全問正解を狙って欲しいなぁ、と思います♪


今の時点で点数がふるわなければ、英検までの最後の二週間のため
また作戦を練り直そうと思っていました。

ですが、この調子でしたら少なくとも合格はできそうです♪

これからも、読書、DVDを中心に、ぼちぼち、英検用問題集の復習などを
しつつ、8割以上正解できるところまで、なんとか持っていきたいなぁ、と
思います。




プチー、9歳になった途端、当たり前みたいに沢山正解できるように
なっちゃったなぁ。

年を重ねる(ってほど重ねていませんけれど)ということは
それだけでスゴイことなんだなぁ、とあらためて実感しました。

小さい時にはできなかったこと、例えば2重とびとか、逆上がりとか
そういうものも、真面目にコツコツ練習しなくても
いつの間にか出来るようになるもんなぁ。

腹筋運動とか、懸垂とか、そういうものでも、大きくなれば
自然にできるようになっているもんなぁ。


今回の英語も、なんだかそんな感じで、いつの間にか
上手になっていた、という感じです。



必死でやっている頃には全然前進しないのに
忘れた頃に、くいっと伸びるもんなんだなぁ。

これって、まさに、年の功だわぁ~☆




今回の伸びは、今まで必死でやってきたからこその伸びなのか。
それとも、9歳になったからなのか。

サボっていても結局9歳になれば、このくらいにはなったのか。

なんて、ごちゃごちゃ色々考えてみましたが
もちろん、答えはわかりません☆



二手に分かれた道の一方を選んで進んでしまったら
もう一方を選んで進んでいたらどうなっていたか、なんてこと
わかりっこないもんなぁ♪



巷でも9歳は特別、とよく聞きますが
本当に特別なんだ、とわかりました♪


今年は他教科もがんばるぞ~。9歳のうちに思いっきり
伸ばしちゃうぞ~♪

二匹目のどじょうは算数になりますように♪
三匹目はバイオリンで、四匹目は国語でお願いします~♪









英検2級の体験記をぼちぼち更新しています。
<英検2級(再挑戦)体験記>です♪
よかったらのぞいてみてください♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


↑バナーをクリックすると、このブログを応援したことになります。
ランキングに参加しています。よかったら応援して下さい♪

2009.05.23 15:17 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(2) |

お気に入りシリーズの魅力を分析♪

昨日ようやく、注文していた本が届き、プチーの読書はまた
無事継続されました。本を切らしていたときは、どうなることかと
心配しましたが、また何事も無かったように読み始めました。

読んだのはThe Animal Shelter Mystery (Boxcar Children Mysteries)

昨日の放課後読み始め、8割ほど読み終わったのですが
時間が無くてそれ以上は読めませんでした。


そうしたら今朝、5時20分頃、プチーが起きてきました♪

以前のプチーでしたら5時半置きは当たり前でしたが
最近少し寝る時間を遅くしたので、6時過ぎにサリーに起こされるまで
寝ていることが増えていたのですが、今朝はばっちり
起きてきました。

「なんか、起きちゃった」と言いつつ本をつかんで
いきなり読み始めました。

本が届いたことで、朝早く目覚めちゃうなんて♪
なんてうれしいことでしょう♪

今朝はたっぷり時間があったので、本を読み終わり
カンフーパンダも全て見終えてから学校へ行くことができました。



ここまでプチーをひきつけるなんて。
ボックスカーチルドレンの魅力はどこにあるんだろう?

サリーもちょこっと読んでみているのですが、このシリーズは
本当に癖の無い、素直な文章で書かれています。

文章は決して短すぎないけれど、凝った作りにはなっていません。
単語もかなり単純で簡単なものばかりで、単語は
以前プチーが夢中になった、マジックツリーハウス(MTH)より
随分わかりやすいように思います。

ですが、文章は簡略化しすぎず、自然な感じで綴られていて
(MTHの文章は、短く単純になりすぎて逆にそっけなかったり
 表現が貧相だったりすることがあります)
字数制限を気にせず、好きに書き綴った、というような趣きです。

実際、MTHの分厚さはほぼ全て同じですが
ボックスカーチルドレンは、巻により、太さや字の大きさが違います。



サリーのイメージでは・・・

MTHは、本好きで沢山難しい言葉も知っている子供の話す文章。
知っている語句はできるだけ使い、背伸びして、自分の持つ力以上の
文章力をアピールしたい感じ。

ボックスカーチルドレンは、沢山言葉は知っているものの、別にそれを
わざわざ使うことなく、あえて簡単な言葉で、相手の子供のレベルにあわせ
優しく語りかける大人の英語。

こういう感じがします☆


どちらにしろ「そりゃないでしょ!」みたいな、突拍子も無い展開は
あります。ボックスカーチルドレンにしてもMTHにしても
調子が良すぎたりしますが、子供向けだもの
「世の中捨てたもんじゃない」というメッセージは、歓迎です。

後ろ向きよりは、前向きの方がいい♪




プチーが大好きになった二つのシリーズを比べてみて気がつきましたが
プチーの読む本のレベル、あまりかわっていないなぁ。

レベル、という意味ではどちらも同じようなものです。
もっと難しい本を読むようにはなるんだろうか・・・?







最近はもっぽら読書とDVDだけですので、そろそろ
英検2級の過去問を一度させておかないとなぁ。
通しで解けるだけの体力があるのか、みておかないといけません。











にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



2009.05.21 10:12 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(0) |

入荷の連絡がきた~!!!

プチーはもう、読みたい本がありません。
DVDをみるだけでしのいできたここ数日。
なんだか本当に落ち着きませんでした。

何をこんなに焦っているのかよくわかりませんが
でもなんだか、めっちゃ焦る!

英語に触れてないから、英語を全部忘れちゃうんじゃないか、と
恐ろしくなるのです。

DVDはみていますが、プチーは英語なんて聞かずに
パンダのカンフーに見とれています。
最近カンフー・パンダに夢中なのです。

昨晩も今朝もみたので、プチー、やたらとカンフーの真似をします。
「はっ!ほっ!ういっ!やっ!」
みたいな感じで、発するのは全て掛け声。

英語の台詞一つでもそこにはさんでくれたら
気持ちが落ち着くのですが、そんなサリーの気持ちをよそに
ひたすら掛け声しか発しないプチー。


そして「ママ~。ちょっと手伝って~。」
と、日本語で話しかけてきます。

英語のDVDを見た直後に日本語で話しかけられると
げんなりします。


あぁ・・・英語が頭の中に入っていかなかったんだなぁ、と
わかるのです。



プチーは、自分もカンフーをかっこよくマスターすることにのみ
集中しているようで、英語のDVDをみても、カンフーの動きしか
目に入らないようです。

台詞なんて聞いてないよ・・・きっと・・・。



ちなみに「ママ~。ちょっと手伝って~」で、何を手伝うかと言うと
逆立ち歩きで危険がないように手を添えてやるのです♪

プチーは逆立ちで歩けるようになりたいそうなのですが
まだうまく歩けません。

最初は一人で練習していましたが、あまりの危うさに、見ていられなくなり
足を持ってやることにしました。
サリーがいないと、逆立ち歩きの練習をしてはいけないことに
してしまいました・・・。あぁ、過保護です・・・。

おかげで、しょっちゅう
「ママ~、足持って~」
と、声をかけられます。

自分からヘルプを申し出た手前、「勝手に一人でやりなさい」とも言えず
毎度、持ってやっています。

早く上手になって、その辺を逆立ちでうろうろできるように
なってほしいものです。

力は強いほどいいもんね♪





プチーの日記には、やたらと
"I'm getting stronger."
と、書いてあります。毎日毎日、腹筋したり、腕立てしたり
体力づくりに余念が無いプチーです。

あれだけの集中力や執着心をを、算数にも是非!と
思いながら見ています☆




紀伊國屋書店からようやく、本が入荷したというメールが
到着しました。やった~。近いうちに本が届くはずです!

やっときてくれる・・・。本が届くのがこんなにうれしかったことは
ありません。



こんなにプチーの英語に執着したのも初めてです。
きっと、プチーの英語が最近ぐんと伸びてくれたのが
よっぽどうれしいんだなぁ、ワタシ。


今まで、いつでもやめてやる、なんて思っていた英語ですが
このシリーズを全部読み終えるまでは、楽しく続けられそうな
気がします。







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村





2009.05.19 13:24 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(8) |

読みたい本が無い時に読む本

切らしてしまいました~。boxcar childrenシリーズを、まさに
読み漁るように読んでいたプチーですが
もう読む本がありません・・・。

せっかくプチーが、あんなにも楽しんで読み進んでいたのに
22巻目がまだ届いていないため、英語の読書はここでひとまず
ストップしてしまいました。

シリーズ22巻目はThe Animal Shelter Mystery (Boxcar Children Mysteries)

なんだかタイトルを読んだだけで、面白そうです♪
あぁ~もったいないなぁ~。ここまで順調に、21冊買い進んできましたが
在庫切れの壁に阻まれました。

もっと早く買っておいてやればよかったなぁ。

いつ飽きるかわからないし、という冷めた気持ちでプチーを
ながめていたせいで、注文しおくれてしまいました。

22巻、無いからね。
まだ来てないからね。
ちょっとずつ読んでよ。

なんてお願いしていたのですが、楽しんで読んでいる本を
ちょっとずつ読む、なんてことができるわけもなく
さっさと読み終わってしまいました・・・。




読み終わっちゃったプチー。
もう読みたい本がありません。

他にも英語の本は山ほどあるのですが、そんなものを
手にとってくれるわけもなく。

21巻目を読み終えたプチーが手に取ったのは
100円ショップで買ったなぞなぞの本。

サリーが買ったんじゃありません。
サリーは自分が納得した内容の本じゃないと
たかが100円でも、絶対買ってなんかやりません。
この本はナゾラーという不思議なキャラクターがなぞなぞを出す本。

ナゾラーって、こんな人↓
LINK

見るからに変なキャラクターです~。
こんな本をプチーに買ってやったのは誰だ~?!

サリーは教育的な本しか買ってやりませんが
プチーのまわりには、こんな本でも買ってくれる人が何人かいます。

おかげさまで、プチーはとても幅広い領域の本に
親しんでいると思います♪


在庫切れであったのも何かのご縁、と信じ
ですが、早く22巻が届きますように、と祈るような気持ちで
ナゾラーを読むプチーを見ています。





本を切らしてしまい、急にあせってきました。
最近、プチーの英語は読書に偏っていました。

読書以外はあまり何もしてませんでしたが
まぁ、本読んでるし、いっか、というような気持ちでおりました。


本を読まないなら、何か他のことしていかないと~。




今日はプチーが丸一日いませんから、ゆっくり計画でも
練ろうと思いま~す♪





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.05.17 12:56 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(2) |

在庫切れだ~

せっかく張り切って読み続けてきたboxcar childrenシリーズ
amazonで22巻目が、在庫切れでした!

しまった!読む本を切らしてしまっては大変、と思い、急遽
紀伊國屋書店で注文しました。

価格は紀伊國屋書店の方が安いことも多いのですが
配送に10日ほどかかる上、5000円以上注文しないと
送料がかかります。

この10日が待てなくて、ついいつもamazonを利用するのですが
在庫切れでは、どうしようもありません。

今19巻目を読んでいるプチー。
どうか、プチーが21巻目を終わるまでに22巻が届きますように。




ニタニタしながら本を読むプチーの顔を見るのが好きです。
なにが面白いのかよく知りませんが、このシリーズはとにかく
本当におもしろいらしい・・・。


毎朝ほんの20分ほどですが読書してから学校へ行きます。

好きなシリーズなんて、何年かに一度しか見つからないもんですから
今回は、なにがなんでも本を切らさず注文してやろう、と
こちらも必死です。




ちなみに、読書以外に、日記も毎日書くようになりました。
毎日書き始めたら、書かないのが気持ち悪くなるのか
ちょっとでもいいから、とにかく毎日書くようになりました☆

ワークブックはSpectrum Reading, Grade 5
Spectrum Vocabulary, Grade 4をしています。

SpectrumのVocabulary
100 Vocabulary Words Kids Need to Knowと違い
簡単だけれど面白い語彙が学べます。

例えば、食べ物関係の単語が30個ほど書いてあり
スパイス、デザート、飲み物、穀類、の四つに分類したり。
(聞き慣れない物も結構ありました)

なんだか設問形式がユニークです♪

アメリカのワークブックって楽しいな♪






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村







2009.05.13 13:28 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(4) |

しつこく自慢します・・・

数日に一度、英検2級の問題集の長文問題のうちの
内容把握問題を、させてみています。

長文問題には二種類あって、ひとつは、長文の中の
空所補充です。かっこであけてあるので、そこに一語
適切な単語を入れないといけません。

選択肢があるので、ちゃんと理解できていれば
そこにきちんと入れられるはずですが、国語でも
空所補充が苦手なプチーは、英語の長文問題の
空所補充もやはり、よく間違います。


細かく読み取れていない、ということだと思います。
詰めが足りない、ということだと思います。

なんとなく解かっているだけでは、空所補充、特に
接続詞の空所補充は、正解がわかりません。

[または]なのか[だから]なのか[たとえば]なのか
この三つの接続詞を並べたら、その違いは明らかで
当たり前に正解がわかりそうですが、実際設問として出されると
迷っちゃいます。
(もちろん、迷わない人もいると思います!
 ですが、サリーもプチーも、間違いなく迷います! 
 どれでもいいように思えるときさえあるのですから・・・)


ですから、英検の長文問題の空所補充は、プチーにとって
もっと奥の深いもので、短期でどうにかできるものではありません。








もう一つの長文問題は、内容把握問題です。
長文の内容についての設問です。

これは、細かくわかっていなくても、どうにかなります。
ある程度話の流れを的確にとらえ、ポイントを抑えてさえいれば
正解がわかるような設問になっています。


プチーはこの問題が、めちゃめちゃ得意になりました!
いきなり得意分野となりました♪

この問題に関しては、プチーは、何度、どの過去問を解いても
パーフェクトに満点なのです。

一問も間違いません。

本当に信じられません。正解が増えてきた、というのではなくて
全てもれなく正解するようになりました。

まだこの変化に気が付いてから、一問も落としていません。

どうしてだろう?
前は半分できたら万々歳、というくらいのレベルだったのに。

ここまで劇的に変化したするとは、思ってもいませんでしたから
本当に本当にうれしく思っています。



数日に一度、ひょい、っと長文問題を見せ
「これ、やってみて」
と、声をかけます。

プチーも、容易くできるとわかっているから
「いいよ~」
と、とりかかります。


あっという間に
「で~き~た~」
と、終了。

そして全部正解です。


夢のようです~。いつまでこの夢心地が続くんだろうか~。どうか
英検本番までこの調子を維持できますように~。

語彙問題は相変わらずイマイチな出来具合ですから
どうか長文問題でど~んと点をとってくれますように。


プチーは急に絶好調になったり、絶不調になったりするからなぁ。
今度こそ頼むよ~!!!

英検まであと一ヶ月。今度こそ合格するぞ~!





にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2009.05.12 10:26 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(0) |

結局、何をやっても同じなのかな

本を充分読み、DVDを充分みて、英語でのおしゃべりも精一杯やってみて
(親子でしどろもどろ、がなんとも情けないんだけれど)
これが今のプチーの英語力に大きく影響しました。

何年もずっと変化がみられないように思えたプチーの英語が
一歩前進したみたいで、ただ、うれしかった♪


ですが(うまく表現できませんが)、これらの↑行為はあくまでも
今までプチーがやってきた英語を、体裁よくまとめ上げ
テストの点数という形で表に表しやすい状態へと変化させた、ということだと
思っています。


英検の並び替え問題がとてもよくできるようになった、という変化に関しても
今までに何度も感じたことがあります。

何かの折に、何度か「並び替えが上手になったなぁ」と感じてきました。


並び替えは捨てていた時期もありましたが(いくらやってもダメな気がして)
2年生の頃にも一度、「並び替えが上達した」と感じたことがあったのを
覚えています。

公文式で英語の文法を散々勉強していた時です。
完全に中学高校英語の[お勉強]でした。ただ、プチーにとっては、それまで既に
なんとなく心得ていた英文法を、頭の中できちんと整理整頓する作業だったんだと
思います。


そういう意味では今回と全く同じ流れです。


前回は堅苦しいお勉強スタイルで。
今回は自然派読書スタイルで。

集中的に何かをすることで、そのあと、何かが変化しました。

相反する習得法のようだけれど、プチーの頭の中で起こったことは
同じだったんじゃないかなぁ、と思います。




プチーが小さい頃から、プチーと英語との関わりについて考えてきました。
英語なんだから、アメリカの子供のための本を使いたい、と
こだわった時期もありました。

英語が言語だというところに最高の[特殊性]みたいなものを感じ
絶対、教科としてのお勉強みたいになってはならない、と思った時期も
ありました。

母国語方式にこだわりDWEを利用し、大満足でした。
日本語で解説するなんて邪道だわ、と思っていました。
そんな近道するより忍耐強く英語を英語で、とずっと思っていました。


そうするうち、伸び悩みました。

ぐんぐん伸びているうちは「英語なんて別に上手にならなくたっていい」なんて
思っていたはず。プチーの英語学習はサリー自身の道楽だから
結果なんか気にしない、と思っていたはず。

にもかかわらず!伸び悩み始めたら急に、それが気に入らず、焦りだしました。

他にもっといい方法はないのかしら?

そして、あれほどまでにこだわっていた母国語方式を捨て
「日本人なんだから、日本人向けの英語の教材使わなきゃ」と
180度方向性を変えてしまいました。


公文式の英語にまで通い、英文法を徹底的にお勉強♪
あの頃書いていたプチーの日記は、習得した文法事項があふれ
とっても賢そうないい日記でした♪

文法事項を忘れてしまわないように、日常的に復習しなくっちゃ
と思っていたはずですがいつの間にか、そんなことはすっかり
忘れていました。

そしてプチーも、すっかり英文法から遠のきました・・・。

日記はまた、元の幼稚な日記に戻りました。




四年生になり、本格的に算国理社の勉強も始めました。
塾へは行かないけれど、塾へ行っているつもりで勉強しよう、と
プチーと約束してあります。中学受験をする以上
勉強は、やっていくしかありません。

その上で、英検2級の問題集で、日々新しい言葉に触れてきました。
日本語でも積極的に説明しました。その都度、必要な文法事項から
社会問題まで幅広い話をしてきました。

もちろん洋書も読んでいたしアメリカのワークブックも使っていました。
色々やらないと気がすまなくて、常にあれこれ手をだしててきました。




そしてこのたび、急に、頭の中の大掃除、とばかりに
問題集から離れて、洋書とDVD漬けになりました。





頭の中を整理整頓しないといけない、と思い立ったきっかけがありました。

語彙力、語彙力、と必死になり、インターネット上の無料の語彙強化問題を
毎日のように解いていた時のことです。

日本語を介するものと、介さないものと、バランスをとる意味で両方
するようにしていたのですが、あの頃、なんとなくプチーの頭の中が
くちゃくちゃになりつつあるのを、感じ取ることができました。

なにかおかしい、と感じました。

限界なのか?と、あきらめかかりましたが、この程度の学習で
人間の脳の限界がくるわけが無い、と思い直しました。


やさしい英語を聞いて読む。これが一番良いはず、と初心に戻り
清水の舞台から飛び降りました。








今まで自分がたどってきた道のりをあらためて振り返ってみたら
本当にまったく一貫性がありません。その場その場で焦っては計画を変え
行くべき方向が全くわからない状態で、なんとも闇雲です。

喜んだり、すねたり、気持ちの面でも色々です♪





結論として思ったことは「結局、何をやっても同じなのかな。」



今までやってきたことの、全てがそれなりに何かの役に立っていて
無駄になったものなど一つもないように思います。

逆に、これが一番英語力強化に役立ったはず、という
決定的な要素も、特にありません。

とにかくなんでもいいから、
自分の好きなことや、納得できる方法を続けていけば
結局その結果にも満足できるってことかなぁ。

(どの程度のもので満足できるかは人それぞれですが
 自分のしてきたことに満足できる人は幸せものです♪)





ここ数日のプチーの変化は純粋にうれしいですし
思い切って、英語のための時間を割いてよかったなぁ、と思っています。

これをやったから、そうなった、なんていう単純なものではありませんが
何をやっても、何かしらの影響力があり、プチーの中に積もっていって
くれているのかなぁ、と思います。

もちろん、無駄と思える動きもしています。
前へ歩いていけばいいだけなのに、手を振りすぎていたり
足を高く上げすぎていたりする感じです。

手をそんなに振らなくても、足をそんなに高く上げなくても、歩いていけるのに
余計な動きをするから、疲れちゃう。

疲れたから立ち止まったりもするんだけれど、でも結局
そうやって徐々に筋力をつけたおかげで結局、ただとぼとぼ歩くよりも
体力がつき、その結果、より長く歩けた、みたいな
そんな風になったらうれしいなぁ、と思います。



これからもプチーの英語が楽しみです。










にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



プチーの読んでいる本やDVDは
四年生時代の多読>や<四年生時代のDVD>で
ご紹介しています。よかったらのぞいてみてください♪


2009.05.09 07:04 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

英語で英語を、に戻しました

英検2級は二年生の頃から受けています。(現在四年)
過去問は、もちろん今までに何度かさせたことがあります。

過去問の正解率は、解くたびに極端に変わります。
これは英語に限らず、模試の算数でも国語でも同じこと。
偏差値で20くらい平気で上下するのです。

英語の長文問題を解いていても(使用教材はSpectrum Reading
よくできる時と、そうでない時の差が激しすぎます。


この、不安定さはなんだろう?といつも考えていました。
「つまりは実力がないだけだ」なんていう言葉で片づけてしまっては
大きな手がかりを見失いそうです。

原因があるはず。強化すべきポイントが必ずあるはず。
そう思っていました。


どうしてかしら?と、考えてみました。




プチーは自分の[知識]を、どこへ仕舞いこんだのか、よく覚えていないのかも。
頭の中がうまく整理整頓できていないんじゃないかしら。

だから、探している[知識]を偶然うまく見つけた時は、ちゃんと解けるし
どこにあるかよくわからなかった時は、答えがわからないんじゃないかしら。

つまり、今必要なのは、新しい[知識]を得ることではなくて
もう持っているものを充分きちんと片付けなおすことなんじゃないかしら。



だってプチーは、「あ、そっか」が多すぎます。
どう考えても、多すぎです。

ただの不注意だと思っていましたが、それだけが原因でも無さそうです。




[知識]とは、英語の場合、新しい単語のことです。
[知識を得る]とは、単語を覚えることです。

この作業は四月いっぱいで終了。

五月に入ってからは、プチーの脳の力を信じ、英語を英語で
学ぶことになりました。英語に触れているときは日本語禁止♪
(実際は四月中に終わらせるはずの問題集が終わっておらず
 英検問題集もあと残り少し、やらないといけません。
 もちろん、もう日本語ははさみません)



正確には[プチーが学ぶ]というよりは
[脳に勝手に学ばせる]ようなスタイルです。五月からはこれでいこう、と
決めていました。

頭の中の整理整頓をきちんとさせる方法は何か?と考えた時
正しい英語に触れる機会を増やすしかない、という結論に
たどりつきました。

もう一度、9年前に戻ってみました。あの頃は一度だって
日本語で英語を解説したことなどありませんでした。

英語も日本語も、プチーにとっては知らない言葉でしたから
英語を日本語で解説するなんていうことは
赤ちゃんのプチーにとって、何の助けにもならなかったはずです。

子供が言葉を学ぶってこういうことなのか、なんて
奇跡の連続にいつも感動していたんだっけ。

本を沢山読んであげるだけで、どうして言葉の意味も理解し
覚えていけるのか。結局謎のままで、その仕組みは知りませんが
それでもプチーは、日本語の助けなど全く借りずに
英語を少しずつ覚えていったんでした。

誰の脳にでも必ず、情報処理するための仕組み(機能?)が
あるはずです。

これをもっと使ってみよう、と思い立ちました。



これは、病気で言うと、お薬などを使わず、自然治癒力を信じるような
そういう感覚です。賭けのようなものでした。

だって、どう転ぶかは全く想像できません。赤ちゃんの頃の能力を
9歳になった今でも持っているのか、そんなこともよく知りません。

ですが、どうせ、問題集を真面目に解く今までの方法を続けたって
その方が効果的かどうかも、結局わかりません。

何が一番いいか、なんていうことは、今の時点ではわからないし
今行き詰っているのなら、思い切って方向性をかえてみよう。

そう思い立ち、今回の英検対策は、恐る恐る、今までと作戦を
変えることにしました。

四月まで、みっちり語彙問題集を解き、五月からはその[知識]で
足の踏み場もないはずの頭の中を整理整頓。一つずつ正しい引き出しに
しまっていく。これが今回の我が家の秘策です♪




英検の問題集はとりあえず横へ置いておいて(でもすぐ手が届くところ☆)
プチーのメイン教材は、洋書数十冊と、DVD数本、となりました。

本当は四月中は、語彙強化活動にいそしむ予定でしたが
数日前倒しで、四月最終週くらいから、英語に触れる機会をぐんと
増やしてみました。

ゴールデンウィークは学校がありませんから、隙間時間に読書を重ね
毎日DVDも欠かしませんでした。読書に関しては、幸い
好きなシリーズを見つけることができたので
プチーはわざわざ読書のために早起きして、読んでいました。




この方法で、少なくとも、絶対、並び替え問題はうまくできるように
なっているはず、と思い、祈るような気持ちで、先日
英検2級の並び替え問題をさせてみました。







・・・・・・・・どれを解いても正解しました。ことごとく正解です。
一問も間違いませんでした!

長文問題の内容一致問題をもさせてみました。こちらもひたすら正解です。
一問も間違いませんでした!



やっぱりでした♪ちょっと整理整頓する時間をとっただけで
飛躍的に伸びました。うれしかった。




昨日は過去問の筆記問題部分のみ解かせてみました。
制限時間75分のところ、40分で解き終え、正解が8割を超えました。

いよいよ、やっと一歩前進しました~。

失うものが無いくらい追い込まれたおかげで、やけっぱちで
初心に戻り、思い切った戦略を実行することができました~♪


プチーのちっぽけな脳みそ、がんばってくれました~。

ここから大切なのは、これを、少なくともキープすること。
不安定さがプチーの最大の敵ですから、なにがなんでも
安定させていかないといけません。



プチーの脳みそ、がんばってね~!
これからもフル稼働してちょうだい~。


英語の本の感想を英語で伝えあい、英語がわからないときは英語で質問。
二人揃ってじたばたする時もありますが、とにかく[英語で]切り抜けてみようと
思います。

(プチーが辞書をひく機会が増えました。
 ママにきくより、辞書ひいたほうが早いわ、みたいな 感じでしょうか・・・?
 確かに英語のみ、にしてしまうと、なんともじれったい)






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村



プチーの読んでいる本やDVDは
四年生時代の多読>や<四年生時代のDVD>で
ご紹介しています。よかったらのぞいてみてください♪

2009.05.07 10:32 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。