スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

変わったのは心境だけかな

ぼちぼ~ち英語を続ける毎日。メニューは変わっていません。

LINK
長文読解ワークブック






LINK
語彙獲得ワークブック






LINK
精読読書のための洋書







それと日記です。これを珍しく毎日欠かさず続けています。この三つを
40分に押し込めるのですから、相当ちょっとずつしかしていない、と
いうことなのですが、それでもなんとか続けることができて
自分では、このことに関しては大満足。



・・・のはずなのですが、どうも落ち着かないのは、これで一体
プチーはちゃんと前進しているのか、多少気がかりだからです。



語彙も、覚えたような、覚えてないような。
読解も、全問正解の時もあれば、イマイチの時もあったり。



一度英検の問題でもさせてみよう、と思いつつ、それすら
実現できずに、ただ、サリーが考えたメニューをひたすらこなす毎日。

足踏みしているのか前進しているのか後退しているのか
何の実感も無いから、メニューを見直すべきかもよくわからず・・・。



ただただ漠然と「こんなんでいいのかな」という気持ちを抱えています。




最初はこのメニューをなんとか続けることが目標だった気がします。
何を何分で仕上げて、毎日これとこれとこれをやって、と
それだけでワクワク(?)いそいそ(?)少なくとも自分なりに
楽しんでいました。

ですが、疲れてきちゃったのかな。

また、「これでいいのか?」と思い始めました。



足りてないんじゃないの?
でもこれ以上する値打ちがあるのか?
他にもしたいことがあるのに。



この不安な心境は遠く向こうの方に見える暗雲のせいかしら・・・?
段々近づいてきます。六月ですから・・・。




そうか、英検対策、全くやってないんだ・・・。
ここに英検対策をねじ込めばいいのかな?
そうしたら少なくとも満腹感は味わえるかしら。




週末、英検の過去問でもやらせてみようかなぁ。
あぁあ~、でもその勇気がないのです~。

何割くらいとるかなぁ。もうさっぱりわからくなっちゃいました☆







サタデースクールに通ってるんだから、そっちをがんばれば?と
思われる方のために言い訳ですが、やっぱりサタデースクールで
英語を伸ばすことは無理でした。多分あそこだけでは維持すらできません。

あくまでも
「せっかく英語しゃべれるし、ちょっとしゃべる機会もある方が楽しいし」
という程度の動機で通わせてやることにしています。



英語は、せっせと家でやるに限ります♪
これが一番♪
気を取り直して張り切っていくぞ♪







にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

2009.02.27 10:49 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(7) |

言語の切り替えスイッチ不良

日本語がある程度上手になってきたのだから
日本語の助けを借りて英語力をもっと上げたらいいだろう
と安易に考え、珍しく、英単語の意味を日本語でせっせと
勉強していました。

勉強というほど勉強していないのですが、それでも
英単語の意味を日本語で答える、というような作業を
最近繰り返していました。

その英単語は文中に出てくるのではなく、英単語単独で出てきて
その英単語の意味を、日本語で考える、というものです。

単語集やインターネットを使って、[単語の暗記]のような作業を
していました。



すると、「日本語の助けを借りて英語を理解していく」方へ
ぐんと傾いてしまったように感じることが出てきました。



そうなると、今まで大切にしてきた、[イメージ]とか
[関連付け]とか、そういう方面がおろそかになってしまい
どうも、サリーの思っている方向性とちょっとずれてきそうで
なんだかこわい。



ですが[日本語を使っての英語学習]と[英語で考えながらの英語学習]の
両方のメリットを最大限に生かすことだってできるはずなのに、と思い
プチーにきいてみることにしました。



日本語を使って英語の意味を説明するのは難しい?

インターネットドリル(英単語の意味を日本語で考えます)と
FreeRice(英単語の意味を英語の同意語を使って考えます)と
どっちがやりやすい?



プチーの答えは

「英語しゃべってる時は英語の方がいいし
 日本語しゃべってる時は日本語の方がいい」

というものでした。



自分は頭の中の言語の切り替えが上手じゃないから
頭の中が英語の時に急に日本語で答えるとか
頭の中が日本語の時に急に英語で答えるとか
そういうことはできない、と自分なりに分析して
答えてくれました。




なるほど・・・。



結局、日本語を介しても、英語だけであっても、どっちでもいいってことみたい♪
その場の状況によって、気分が違うから、その場その場でどちらが適しているか
ある程度見当をつけながらやっていったらいいだけかしら?




そう言えば以前プチーに

「ママ、急に英語で返事したり、日本語で返事したり、色々だね」

と笑われたことがあります。


これは別にサリーが意識的に、「今から英語での会話を始めよう」なんて
思った上での行為ではありません。


ただ単に、何か英語のものを読んでいた、とか、英語で書きものをしていた、とか
外国人に話すことに関して考え事をしていた、とか、とにかく頭の中で
英語をつかっていたから、その場で出た簡単な相槌がたまたま英語だっただけです。



プチー相手だと言語を選ぶ必要がありませんから、気を抜いて適当に答えていた結果
日本語の時もあれば、英語の時もあったようです。



プチーの頭の中もこんな感じなのかもしれません。

どちらの方がやりやすい、なんて難しいことは考えたこと無いのかもしれません。


たとえ、英語のままの方がよかったり、日本語の方がよかったり、と
どちらかに傾いてしまったとしても、それはきっと一過性のもの。


どっちがいいか、なんてつべこべ考えず、やれること全てやっていけば
いいってことかな、と、ちょっとすっきりしました。






最近すっかり理科に夢中のプチーです。
でも英語もやってます。珍しく真面目に♪

英語もやってます、というと一体どのくらい時間をかけているように
聞こえたかしら。人によって違うとは思いますが、その違い、きっと
何時間にもなるんだと思います。

サリーの言っている[真面目にやってます]を時間に置き換えると・・・・









・・・・・一日30分です♪

プラス、読み聞かせを10分から20分くらいです。



わぁ、そんなにやってるの~?という人と
それ、やったってい言わないんちゃう?という人と
どちらが多いのかなぁ~。








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


そう言えばサリー自信も言語の切り替えの能力が低く
英語も日本語も、というと、どちらもどもり始めたりします・・・。

ブログランキングに参加しています。
どうぞ、クリックして応援してください♪


2009.02.17 08:40 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(11) |

もう既に飽和状態?

プチーは毎日コツコツ語彙系のワークブックをしています。
ヤフーのインターネットドリルか、アメリカのFreeRice
毎日語彙ゲームもしています。

日本語を使って効率よく理解を深め、なおかつ英語を英語でイメージする感覚も
持っておいてほしいから、節操なくいろいろなものをごちゃ混ぜで使っています。

読書は毎日続けることはできていないものの、読解系のワークブックは
なんとか毎日続けていますし、うれしいことに最近は、日記とスピーチも
毎日続いています。


色々張り切ってやり始めると必ず起こってくるのがプチーの[勘違い]。

言葉の意味を想像する時は、語源、語幹、派生語、など
自分の持つ知識を総動員して考えたらいいよ、と言うと
考えすぎておかしくなってきます。


例えば[represent]という単語。

[re]だから、何かをまた(再び)やるのかな?
[pre]だから、もしかして大統領(president)関係?

なんて、思うようです。
語源を想像するやり方でうまくいく時もありますが
頓珍漢な方向へ行ってしまうこともしばしば。


[significant]だから[sign]関係?それとも[signal]?

なんて、ごちゃごちゃ考えたくなるようです。



そんなことより、文脈で考えた方がよっぽどわかりやすい、という
状況でいちいち英単語をいくつかにわけて、色々考えるプチー。



一郎、次郎、三郎、ていう名前だからって、長男次男三男とは
限らないでしょ!

そういう場合もあるけど、そうじゃない場合もあるの!

なんてプチーに説教してみたり・・・。






ちょっとがんばると、頭の中の回路がすぐショートしちゃうプチー。

毎日コツコツ、を目指してきたけれど
あまり同じことばかり繰り替えるのもつまらなくなってきました☆

プチーも混乱するみたいだし♪




あれをやったり、これをやったり、本当に落ち着かない我が家です。
我が家で唯一定着しているのは読み聞かせくらいかな。
あとは、やってみたり、やめてみたり、わさわさしっぱなしです。


どうも落ち着かないなぁ。
いつものことなんだけれど☆








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


応援お願いします♪

2009.02.16 08:41 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(0) |

知識本プラス小説、これはいい♪

今、George's Secret Key to the Universeを読んでいます。
これは小説でもあり、宇宙の本でもあります。

歴史小説みたいな感じです。事実に基づいているけれど
物語仕立てになっています。


最近プチーとは、ずっと物語を読むようにしていました。

知識を詰め込むだけではなく、物語を読み、その登場人物の
気持ちを想像したり、自分だったらどうしただろうと
考えてみることが、プチーにとって大切な体験になるはずだから、と
極力物語を読むようにしていました。


今読んでいる本も物語ではあるのですが
宇宙の写真がとてもきれいで、地球や月に関する事実など
科学的な事柄も、コラムのような形でうまくまとめてあります。

これがやっぱり、プチーの心をとらえました。

もともと図鑑など、知識を得るための本が大好きなプチーです。
本に載っている事実を他のノートへまとめたりしながら
せっせと[お勉強]しています。


プチーはこういうのが好きなんだなぁ。


プチーは音楽家の端くれでもありますから、表現力を磨くため
読書(知識本ではなくて小説)や、芸術鑑賞なども積極的に取り入れ
表現する力、表現したいと思う気持ちを育ててやらないといけませんが
本人は知識を得ること、新しいことを知ることがとても好きです。



そういう意味ではこの本はとてもよかったなぁ、と満足しています。




サリーは今まで歴史小説、歴史漫画のようなものが
あまり好きではありませんでした。

事実に基づきつつ、台詞、状況などはある程度フィクション、というのが
どうも不自然に思えて、自分自身はこういう類のものは読みません。


ですが、プチーには意外といいかもしれない、ということが
わかりました。



プチーは歴史漫画はあまり好きじゃないそうですが
歴史小説ならいけるかも?



これからも楽しく知識を増やしていけるよう、小道具をそろえて
いきたいなぁ、と、なんだかワクワクしてきました~♪




まだ5分の1程度しか読んでいませんが
がんばって読み終わるぞ~♪















にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。
よかったらバナー↑をクリックして一票いれてください♪
いつもありがとうございます。


2009.02.10 05:27 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(2) |

せ~んろは続く~よ~

我が家の一人娘は、英語を、これでも意外とがんばっています。

何よりも時間を割いているのはバイオリンの練習だけれど
でも、英語も、脇役なりにがんばっています。

割ける時間は少ないけれど、全く何の必要もない割には
なんとか自分達でペース配分しながら、よくがんばって続けているよなぁ、と
自己満足しています。


今まで九年間、英語をコツコツ続けてきました。

だから、なんだかプチーの英語はもう、中級レベルくらいに達しているような
錯覚をよく起こします。


上級じゃないことくらいわかっています。
サリーの英語だって上級とは言えません。

サリーを超えないプチーは当然上級じゃありません。

ですが、中級の域にくらいは達していると、信じていた時期がありました。
(もう何ヶ月も前のことです)




アメリカのワークブックだけでは物足りなかったり
日本語ももっとうまく活用しながら英語を学んだらどうかな、なんて
思ってよく本屋さんをうろうろした時期がありました。

本屋さんで英語の参考書や問題集を探すと、あらためてプチーの
英語のレベルが、まだまだ初級レベルだということを
思い知らされます。


中級レベルではどれも難しすぎるのです。

中には、[初級]としてあっても、プチーには到底無理だろう、と
思えるものもあります。

何が無理かというと、語彙が足りないのです。

知らない単語が多すぎます。



英検2級というと、プチーが何度も何度も落ちるため、なんだかいつの間にか
とてつもなく難しい、とんでもない級のような印象を持ち始めていました。

モンスターのような、とにかく必死で全力でかかっていかないといけない
ものすごい相手、というような印象さえ持ち始めていました。


ですが冷静に考えたら、ほとんどの高校生が楽々クリアするレベルです。
英語が好きな子なら中学生のうちに、合格できるレベルです。


中学生、というと、英語を学び始めてまだ三年にも満たない子供達です。


そんな子供達でも合格できるレベルなのですから
英検2級にトライするレベルなんていうのはもちろん
初級レベルであるということは、ちょっと考えたらわかりそうなものです。


ところが、プチーが2級に歯が立たないため、2級という級そのものが
とても大きな難関、高い山や壁のように思い始めていました。



最近つくづく思い始めています。

2級の壁が高いのではなくて、プチーがちっぽけなだけなんだなぁ。




英検に関しては色々なところで色々な風に言われます。

4級までは楽勝だ、とか
3級までは軽くいける、とか
準2級までは誰でもいける、とか・・・。

その時点でのプチーの級と照らし合わせては
「まだまだいけるのか」
とか
「このくらいは当たり前なのか」
とか思ってきました。


ところが2級で何度もつまづくうち、2級って難しい、と
信じ込むようになっていました。

でも、探すといくらでもいらっしゃるんです。2級に合格している小学生。
うちのような田舎でも何人もいるようです。



相手(英検2級)が巨大だからと、構えすぎていました。
コツコツやって、プチーの英語レベルを上げれば必ず近いうちに合格できるはず。

難しすぎるなんてこと、あるわけありません。
何しろ英語初級者が受ける検定試験なのですから☆


プチーの英語、せめて中級レベルにしたいなぁ。
中級レベル・・・。まだ入り口さえも見えません。
上級レベル・・・。それってどんなの?イメージすらできません。


先は長いぞ~。
まだまだだなぁ。




♪線路は続くよ、どこまでも。野を超え山超え谷超えて・・・♪

これから、山だって谷だって越えてくぞ~♪
どこまでも、って、一体どこまで続くんだ~?
もしかして果てしなくエンドレス・・・・?


(この歌、もともとアメリカの民謡なのですが
 英語の歌詞は、鉄道建設のために働くおじさんの毎日がテーマで
 日本語の歌詞のように夢のある歌詞ではありません☆
 日本語の歌詞の方が素敵です~♪)








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。
クリックして一票入れていただけたら
うれしいです♪

2009.02.07 10:05 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(12) |

やっとできた!30分読書

読書なんて、必死で時間を作って、必死な気持ちで
やっとこさするようなことでもありません。

ですが、ぼぉっとしていたら、読書なんてまるでできない日々なのに
今朝はなんとか読書する時間をとることができて
とてもうれしく思っています。


英語のための読書は、プチーとサリーと
二人揃って並んでしたいものですから、二人揃って時間をあけないと
我が家の読書は始まりません。

これはただの読書ではなくて英語のための読書のことです。

ですから正確には、プチーはこの[英語のための読書]以外の読書は
意外とちゃんとやっています。

時間がある時に、英語、日本語、どちらかの本を開いて
ぼさ~っと読んでいます。

これも読書なのでしょうけれど
サリーの思っている読書(今記事に書いている読書)は
英語の勉強のための読書ですから、二人揃って、読もうと思っている本を
予定通り読まないと、読んだ気がしません☆



今読んでいるのはGeorge's Secret Key to the Universe

随分長い間ほったらかしてあったので、まだほとんど読み進んでいません。

序盤の序盤しか読んでいないのですが、面白いため
プチー一人だと、一気に読み飛ばしてしまいます。

そのくせ、あまり意味をきちんとわかっていなかったりするので
サリーとプチーと一緒に2ページずつ黙読していくようにしています。


2ページ読んだらそこで一度とまり、その見開きの内容を多少確認するような作業をし
新たに次の見開きへと進みます。

こんなスタイルじゃつまらないかな、と最初は気をつかいましたが
こうしてトボトボ進むと、プチーも細部まで理解して読み進むことができるので
それなりに楽しんでくれている様子です。

(プチーは普段はわからない単語がいくら出てこようと、絶対辞書を引いたりしない子です)


最近まともに読書していませんでしたが、読む速度はごくごく普通の
速さでした。サリーより速かったり遅かったり、という具合でまぁまぁ
同じくらいのペースで読み進めていました。

遅すぎも速すぎもせず、ちょうどいい感じだったように思います。



どうかこれで安定してくれるように願っていますが
サリーが一緒じゃないと、これがうまくできないんだなぁ・・・。

一緒についていないと必ず、びや~っとすごいスピードで
読んでしまいます。内容も、わかってるようなわかっていないような・・・。








夜の読み聞かせもまた順調に2,30分できるようになってきました。

やっとお正月気分も抜け、普段どおりの生活をできるようになってきた
と思ったら、もう、節分済んでます!




はやいなぁ~!!!




今朝ちゃんと読書まで組み込むことができたのは
プチーがちゃんとやるようになってきたから、ではありません。

サリーが早めに朝ごはんの準備を済ませたからだと思います☆




時間を作ろうと思ったら、プチーがさっさとするだけではなくて
サリーがちゃんとその環境を整えてやら無いといけないんだなぁ、と
つくづく感じました。


自分がするべきことをせず、子供にだけ[きちんと]を求めるのは
不公平だもんなぁ。ちゃんと毎日きちんと過ごさないといけません。









にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ


2009年もいよいよ本格的にスタート♪
さぁ~ぁ、今年も突っ走るぞ~!

2009.02.05 14:09 | 多読 | トラックバック(0) | コメント(0) |

ひたすら日記とワークブック

読書してません!なんだかまとまった時間をうまく作ることができず
ささっとできる、ワークブックと日記で、英語をなんとかつないでいる状態です。

プチーが日記を書き、それに対してサリーがコメントを書きます。
文法などはもう訂正せず、交換日記のような形でやりとりしています。


プチーがその日の出来事のうちの何について書くのか、それを知ることは
とても楽しいことです。

プチーが毎日どんな風に感じて、どんなことが印象に残っているのかを
サリーも把握できるので、「ふぅん、なるほど」なんて思いながら
プチーの日記を読むのを楽しんでいます。


取るに足りないこと、わざわざ言うほどでもないこと、なども
日記に書いてあることがあります。

日記は毎日書かないといけないので、書くネタを探すのも結構大変です。

特に書くこと無いなぁ、という時のプチーの日記ほど
どっちでもいい、ちょっとしたことが書いてあり、読む方は楽しめます。





つづりの間違いにも、いつも仰天します。

[AWESOME] が[ALSOME]だったり
[RYTHEM]が[RITHM]だったり・・・。

サタデースクールで毎回ライティングの時間があるはずですが
こんな綴りで書いてるんだろうか・・・。
先生、ちゃんと意味わかってくださってるのかしら☆




そう言えばもう一つ、最近楽しんでいるのがヤフーのインターネットドリル。

YAHOO!の学習、というカテゴリーに[英検対策]というものがあります。
ここでは、過去問を解いたりミニテストを受けたりできるのですが
その中でも一番お勉強っぽくなくて、遊び感覚でできるのが
インターネットドリル、というものです。

この中の英検2級向けドリルをやっています。

このドリルは、英単語がポツンと出てきて、その英単語の意味を
四つの選択肢の中から選ぶものです。

例えば

emerge

1番:居住する
2番:出てくる
3番:食事をする
4番:うめく

というように出てくるので、正解を選んでクリックします。

すると、正解か不正解かがわかります。


これを大体いつも、サリーが食事の支度をしている時に
プチーが一人でやります。

このドリルの最大のポイントは、大人向けであるということ♪
漢字も容赦なくビシバシでてきます♪

サリーは画面を見ることができませんから、難しい漢字は
プチーがその漢字を分解し
「にんべんに、カタカナのヒ書いて、一書いて、ちょん書いて、貝って書いてる
 これ何~?」
なんて、サリーにきいてきますから
「それは、傾向の傾。かたむくって言う意味で、傾向っていうのは
 ~しがち、って言う意味だよ~」
と教えてやります。


そんなやり取りをしながら、正解を選ぶので、漢字も覚えます♪
一石二鳥だわ~♪




日本の教材を使う時はとことんそのメリットを生かし、漢字や日本語表現も
どんどん覚えられるようにしています。

そのせいか、最近、「しばしば」とか「すなわち」とか、少々ばばくさい言葉を
日常会話に使うようになってきました☆



逆にアメリカのワークブックをする時は英語のみを使うようにはしていますが
英語で英語を、というのも最近辛気臭くて、ついつい日本語を多用してしまいます。

もっと英語を使ってジタバタしないと上手になれないなぁ。







今日、プチーは日記に何を書くのかなぁ。
楽しみです。








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。バナーをクリックして
一票入れていただけたらうれしいです♪

2009.02.02 11:47 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(2) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。