スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

気合を入れてCDをきく親子

友達からもらったWee Sing for HalloweenのCDを気に入って
聞いています。
(残念ながらハロウィンも、もう明日でおしまいですけれど)

英語講師をしていた友人に、使い古しをもらっただけですので
歌詞本がついていません。

もらう時「本がついてなくてごめんね~」とことわる友人に
「いいの、いいの~」と返事し、ありがたく頂戴してきました。






このCDは替え歌が多くて[なんちゃってハロウィンソング]満載です。

本当にこんな歌、アメリカの子供達も歌ってるの?と
少々眉唾ものです。

プチーは初めて聞いたとき

「うわ!このCD、改造版ばっかりや!」

と、かなり喜んでいました♪
(改造版、というのはつまりパロディー版、ということです☆)



曲は、歌詞をかえてあるだけではなく、長調の曲を短調に
アレンジしてあるため、元の曲の題名あてゲームにも使え
かなり楽しんでいます。

え~っと、この曲なんだったっけ~、なんて言いながら
曲名を当てていくのは、結構楽しいのです。









ところが英検に落っこちちゃったため、最近なんだか英語が流れると
妙に集中してしまうわたくし達親子。


ご飯を食べていても

「あ、ここ、なんて言ってんの?」

なんてプチーが聞くものですから、サリーもついつい

「ちょっと静かに!待ってよ~。」

なんて、耳を傾けます。




サリーが真剣に聞いて、英語が聞き取れたときはいいのです。
問題は聞き取れなかった時。

後味悪いわ~。
ご飯がおいしくなくなります・・・。

かなり気分悪い・・・。

気持ち悪い・・・。

歌詞を知りたいけれど手元に歌詞本はありません・・・。




せっかくCDもらったのになぁ。
歌詞本欲しいから、正規でちゃんとまたこのCD買おうかなぁ。
でも、必要なのは本だけだしなぁ。

1000円出せば、歌詞がわかるのかぁ。
でもCDは持ってるのになぁ。

ハロウィンもそろそろ終わりだし、セールにならないかなぁ。
(また、セール狙い♪)





・・・なんて色々迷いつつもamazonでwee singと検索しましたら
山ほどwee singシリーズのCDが出てきて
面白そうなのをいくつか見つけちゃいました♪

定番どころのFingerplaysNursery Rhymesなど、もういくつか
持っていますが、その他にもDinosaursとかGamesとかPretendとか
やたらと色々あります☆



結局Wee Sing AmericaWee Sing Silly Songsを購入しました♪
Wee Sing for Halloweenは購入せず)






歌詞があれば、気合を入れて聞いても大丈夫で~す♪
わからなかったら歌詞本を見ればいいだけですもの♪

英検落ちた直後なだけに、何をするのにも肩に力が入っちゃうわ♪
せっかくですから、力が抜けちゃう前に、やれるだけのことは
やっておかなくっちゃ♪





こんな聞き方でも[かけ流し]って言うのかしら。
聞き流せないかけ流しも、やっぱりかけ流し?

ですが、ずっとかけているなら、やっぱりかけ流しってことでしょう。
よくわかりませんが、我が家流かけ流し、ということで
ちょっとやってみましょ☆




[お気楽英語子育て]]トップページへ




スポンサーサイト

2007.10.30 10:39 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

動き出したプチー

金曜日の晩、英語での英検話が失敗したので週末にもう一度
日本語で話をしました。

英検に落ちたのはどうしてかな?

リスニングがうまく解けなかったのはどうしてかな?

今しないといけないことは何かな?

これからどうすればいいかな?

どんな風にこれから英語に関わっていきたいかな?





子供の性格にもよりますが、「がんばります!」と言っておいて
頑張らないのが子供の[子供らしいところ]だと思っています。

やる気に満ちているのに興奮しすぎて人の話を聞かない、とか
気合は入りまくっているのに、それに向けて「さぁ努力しよう」と
いう時になって、先延ばしにしてしまう、とか。


必死で練習し始め、5分で達成できるようなことであれば
容易いでしょうが、何ヶ月も毎日積み重ねるような[努力]は
相当の精神力がないとできません。




でも、それよりも何よりも

「やってやろうじゃないの。」

という心意気は、とにかくまず評価したい、と思っています。




プチーは「いいわ。やめとく。」と最初から断る
遠慮深い女の子ではありません。

こわ~い顔で「次はガンバル」とつぶやくプチーをとにかく応援したいと
思っています。

(もちろん、こんなことは、きっと、サリーが言わせているのと 
 同じです。この状況でこう言ってのけたのは
 赤ちゃんの頃から、サリーが接してきた結果であって
 なるべくしてなったんだろうなぁ、と感じています)



がんばります、は誰にでも言えます。

がんばります、のかわりに、具体的に何をすべきか
考えるように伝えましたが、プチーにはよくわからなかったようです☆




気持ちばかりが先走ったり空回りしたりしないように
サリーが提案しました。

またワークブックもやっていこうね。
公文の単語も、もうちょっとまともに覚えようね。
英語の本も、ちょっとずつ読もうね。



サリーはつい、口を出してしまいますが、まだまだ小2ですから
親子二人三脚でいい、と信じています。こうして二人であれこれ
やりながら、これからまた真面目に英語力をつけていけばいいと
思っています。
(自立、という大きな大きな課題をいつも先送りにしてしまう・・・・)





と言っても、平日も週末も何かと予定があり
まとまった時間を英語にあてることなど今更できません。

そう思いつつ、教会へ行くための支度をしていましたら
洗面所で身支度していたサリーのもとへ
プチーが古いノートを持ってきました。



幼稚園の頃から使いつづけている日記帳です。

日記帳、といっても、ひらがなの練習がしてあったり
絵が描いてあったり、アルファベットが羅列してあったりして
最初の頃の字なんて、読めやしません。

サリーお気に入りの、思い出が詰まったノートです。




日記を書いたから読んでくれ、と持ってきました。

プチー、生まれて初めて、自ら、英語の日記を書きました。




ノートの半分ほどは上半分は字で、下半分は絵でした。
大学ノートのようなノートなので線の幅は結構細いのですが

「もう(年齢が)大きくなったから、ちゃんと書いたよ。」

と、線(行)におさまるように、小さめの字で英文を綴っていました。





明日も書く、と言っていました。なんだか淡々としていました。


明日、と言うのはつまり今日のことです。
今日は学校から直接お稽古へ直行し、さらにそこからもう一つの
お稽古へ向かい、帰宅は7時前の予定です。

帰宅後すぐ食事をして、今格闘中のコンチェルトの練習です。

バイオリンの時、プチーがあまりにも集中力散漫なので
「ちょっと難しいのにしましょう!」と渡されたお題を
必死で練習しています。

つまり、時間が全くありません。きっと英語の日記は書かないでしょう。




ですが、それでもいいのです♪

英語のために、英語の日記でも書こう、というその気持ちがうれしい!
我が子のその思いが母を喜ばせ、また次の目標へと進ませてくれます。




本日はウルトラ忙しい日になりそうですが、ぼちぼち暇をみつけて
英語も続けていきま~す♪





[お気楽英語子育て]トップページへ




2007.10.29 10:50 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(8) |

そろそろ英検の話をしておかないと

受験直後に不合格を告げられ、きっとショックだっただろう
と思い、今週一週間は英検の話はしませんでした。

無事一週間(ウィークディのみ)を終え、金曜日の晩
サリーの意気込みをプチーに伝えておきたくて
寝る前の読み聞かせの時、読み聞かせを中断し、おもむろに
話し始めました。

英語の読み聞かせ中でしたから、とりあえず英語で
話し始めたワタクシの英語を、わかっているのかわかっていないのか
プチーは「うん」「うん」とひたすら返事をしています。



サリーが延々と

「やっても無理とわかっていたら、やれとは言わないよ。
 最近二重跳びの練習をしないのはそのためだよ。

 縄跳びはきっと苦手なんだろう、と思うから
 しつこく練習するようには言わないでしょ?

 でも、英語は、すごくよくできるから、だからこそ
 もっとやって、もっとできるようになってくれたらって
 そんな風に思うんだよ。

 よくできるからこそ、もっとやろう、と思うんだよ。

 英語の才能があるんだよ。

 だからこそ、がんばってもっと高い所を目指そうよ。」


と、長い長いサリーの話を神妙に熱心に聞いている様子のプチー。
サリーはとにかく話し出すといつも、めちゃめちゃ長いのです・・・。

そのサリーの話に、付き合う形で返事をしてくれていたプチー
でしたが、そのうち相づちが減り、寝息が聞こえてきました・・・。



寝てました。

あの相づちも夢心地で、適当に文の切れ目で入れていた様子。



母親が熱心に英語にかける情熱の話をしているのに
当の本人はそういうことには、あまり関心が無いようでした・・・。



こういう話って、すればするほど、子供の関心って薄れるのかしら。



サリーは日頃から話がわき道にそれすぎるから
聞き流す癖でもついちゃったかしら。





いきなり拍子抜けしました・・・。



もっと悔しがらせなければ~!




サリーは予定表まで作って、せっせと今後の計画を立ててるのに!
なんだか温度差を感じ始め、ちょっとしょんぼりしています。





今日から100 Words Kids Need to Read by 3rd Grade再開しました♪

わからない単語はTalking Dictionaryで意味と発音を確認。

サリーも知らなかった単語が出てきた時は、サリーの単語帳と
プチーの単語帳の両方に記録。

サリーは知っているけれどプチーは知らない単語が出てきた時は
プチーの単語帳にのみ記録。


これくらいはやっとかなくっちゃね!

最近ずっと自分の単語帳をさぼっていましたが、真面目にしよう、と
改心しました♪





このプチーの不合格はサリーに活を入れるためのものだったのかも
しれません・・・。






[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.10.27 21:27 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(0) |

転んだからには何か拾おう♪

英検不合格がわかり、サリーの心境としては
思いっきり、すっ転んじゃったような、そんな感じです。
今までストレートだっただけに、ちょっと気を悪くしています☆

リスニングの点数が半分だったことを考えると、今でも
一体、試験中何やってたのよ!と腹が立ちます。

きっとまた、手のひらのマメの皮でもむいてたんだろう、とか
きょろきょろしてたんだろう、とか
その場の状況が全くわからないだけに、色々想像しては
いまだに「もぉ~!」と憤慨しています。



今までいつもプチーを救ってくれたリスニングに、今回初めて
してやられてしまいました。リスニングさえちゃんとできていれば
と、とにかく悔しい。

どうして最後まで集中できなかったのか。
実際プチーは、となりの人の答案が見えた、と言っていますが
2級のリスニングは、のんびりする暇など全くありません。

さっさ、さっさと次へ進みますし、一度ずつしか読まれませんから
横向く暇など無いはずです。



今、一体どうすればいいのか。このまま終わらせるわけにはいきません。

英検不合格を腫れ物に触るように扱わず、正面からぶつからせないと
また次も同じことをやってくれそうです。



どうせ、2級は、大きい人たち向けだし、とか
自分には最初から無理だったんだ、なんて思ってやいないかしら。

勉強なんてしてないし、仕方ないか、なんて思ってないでしょうね!






今までサリーは、プチーにはあまり英検を意識させずに
きたような気がします。意識させすぎないように配慮してきたんだったかも
しれません。




ですが、これからは方向性をちょっとかえていくかもしれません。
本人自ら「合格したい」と思えるように持っていった方がいいのかも、と
思えてきました。





サリーは、子供が小さいうちから必死になることを、それほど[悪]とは
とらえていません。小さいのに無理してかわいそう、という発想は
ありません。

どちらかというと、一度最初に突き落とし、歯を食いしばって
這い上がってきたところを、思いっきり誉めたい方です。
(性格歪むかしら・・・もちろん突き落とす必要が無ければ
 突き落としません・・・。念のため。)



やればできる、が合言葉。
やってみなくちゃわからない、も合言葉。

努力すれば努力した人だけが手にできる何かを手に入れることができる
と、プチーをいつもあおっています。






物事には様々な側面がありますから一概には言えませんが
我が家は常にそのスタイルでやってきました。

ですが、英検受験に関しては少々腰がひけていたかもしれません。





もっとプチーに

「ちょっと、英語の勉強でもしとこ♪」

と思わせるにはどうしたらいいのかしら。プチーのど根性を
英語に関しても呼び覚ましたい。英語に関しては、そういう気持ちが
全く発揮されず、なぜかのほほんとしています。
(バイオリンでは悔し泣きもしょっちゅうなのになぁ。)

サリーはプチーに何を与えていったらいいのかしら。(考え中)









そして、最後に、やっぱり一番悪いのは自分だな、と大いに反省。
気持ちが中途半端でした。

落ちてもいい、と思っていたら、落ちました。
そういうもんなんだなぁ、と不思議と納得できました。

そして、ものすごく、後味が悪いのです。




ちゃんと真剣に取り組まなかったから、落ちちゃった。
ちゃんとやったら、受かったはず、と、どこかでそう思いたいのか
自分自身に問い掛けています。

これでは、無気力な意気地無しだ。

受けるからには、受かる気で受けないと。

力試しに受けてみます、はサリーにとっては言い訳だ、と気がつきました。
(誰にとっても言い訳、というわけではありません)




サリーなりに必死で取り組んで、それが必ず実を結ぶとも限りません。

サリーのがんばりなんてしれているから、それが原因、ということも
ありますが、必死でやってもうまくいかないこともありますから
そういう経験も大切です。





今回の英検では、必死でやらなかったから、やっぱりだめだった、を
経験しました。

ですから、次回は[必死でやらなかったら]バージョンの経験は
もう、必要ありません。


必死でやったらうまくいった、バージョンか
必死でやってもうまくいかないこともある、バージョンか
必死、といっても、まだまだ必死が足りてないよ!バージョンか
なにか違った体験ができるように持っていこうと思います。






余談ですが、先日の運動会の時、リレーに負けて涙する
五年生の男の子を見て

「あんなんで、泣くか~?」

というひそひそ話を立ち聞きしてしまいました・・・。

リレーに負けたら悔しいやん!なんで泣いたらあかんの?と
逆に問い返したかったサリーは、きっとこの人たちとは全く違う
考え方の持ち主なのでしょう。

このサリーのおどろおどろしい性格、一生直らないどころか
プチーにも間違いなく継承されている様子。おそろしい親子です☆





[お気楽英語子育て]トップページへ






2007.10.25 09:44 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(20) |

不合格を告知&涙のプチー

解答速報の結果、合格は絶対無理な点数でしたので
プチーにもそう伝えてやりました。

実は2級の二次面接試験の日が、他の大切な用事と重なっていて
二次面接に行くことになるのか、そちらの用事に行くことになるのか
精神的にずっと中途半端でした。

英検には合格したいけれど、合格できなかったら二次面接に行かずに
すみます。行かずに済めば、もう一つの用事に行けるから
それはそれでまたうれしい、という状態でした。



英検不合格を早々に伝えることにより、二次面接の日は、もうひとつの
大切なイベントである、お稽古事の発表会に向けて
本格的に準備することができるので、その方がいいと判断し
思い切って伝えました。


今まで一度も落ちたことの無い英検でしたし
まだ受けた直後ですので、サリーも、不合格を伝えるには
少々勇気がいりました☆

おもちゃ屋さんで小さいぬいぐるみを買いました。
(なんとなく、一人で言うのは心細かった・・・)


ぬいぐるみとともに、英検不合格をプチーに告知。




プチー、涙ボロボロ、鼻水ズルズルで大泣きしましたが
泣きながら

「つ~ぎ~ま~た~う~げ~る~!」(次また受ける)

とあくまでもファイティングポーズを崩しませんでした☆






しつこく泣くので

「こんなに頑張ったのに不合格だなんて、と思えるくらい
 英検の勉強したっけ?」

とききましたら、泣き止んで、顔をあげて

「してない」

と断言しました!



そりゃそうでしょ、これで受かるほど甘くないよ!
普段ほとんど英語なんてやってないんだから。


と話が急に現実的な方向へ・・・。





このくやしさを何かにつなげたくて、必死で作戦を練っています。

色々なものにつなげちゃうぞ♪

今回、何の努力もしていなかったので(当日はがんばった)
いい教訓にできそうです♪



努力しないと、何も手にいれられっこないわよ、と言う方向へ
持っていこうと思っていま~す!






最後になりましたが、なぜプチーの不合格が決定したかと申しますと
解答速報を見て答え合わせをしましたら、なんとリスニングが
半分しかできていなかったためです。

リスニング狙いだっただけに、どうしようもありません。
集中力、切らしたようです。

今回初めて、リスニングのできが、筆記のできを下回りました・・・。

筆記の方が意外と簡単だっただけに残念です。この問題で受からないで
いつ受かるの?という感じですが、またいずれ、いつの日か
再チャレンジです。






2007.10.23 05:42 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(16) |

英検2級受験終了!うりゃっ!

やっと終わりました~。
終わったことがとにかくうれしい~。

この開放感がいいぞ~。



英検があるから、と思うと、どうも他の教科の勉強をする気になれず
ですが、だからと言って、他教科の勉強をしないから
英検の問題集を解く時間が増えた、というわけでもなく
ここ2,3週間は、かなりだらけていました。

怠けつつも悶々とした、妙な心境の中、過ごしておりました。



公文式の宿題をちゃんとしていなくても
「英検前なので~」
なんて言い訳できますし、英検前にあまりストレスかけてもかわいそうかな
なんて珍しくテレビをつけてしまったりしたこともありました。

テレビって一度つけると、なんだかとっても楽しくて消す気になれず
今までみたことないバライエティ番組なんぞを楽しんでしまった日も
ありました。

放課後テレビをみる、といったら天気予報くらいでしたのに
2時間番組を一気にみてしまったりもしました。




この半月、本当によくテレビをみたなぁ。
それも教育番組では無く、全てバライエティ番組。



お笑いの人の真剣勝負の番組とか、おいしいもののランキングの番組とか
今まで何年間も封印されていた番組を一気に楽しみました♪



まるで現実逃避のように、締まりの無い、怠けきった日々を過ごし
これで合格してしまっては、調子が良すぎます・・・。







案の定しっぺ返しが待っていました。







プチーが英検受験を終え、教室から出てくるなり

「リスニングが全くわからなかった~」

と言いました。





・・・・・そんなことを言ったことは今までに一度もありません。
リスニングが[全く]わからないだなんて。

何が起こったのかは知りませんが、難しかったそうです☆





帰宅後「気になるから、何問あっているか調べていい?」と
プチーにきいてみました。

間違った所をやりなおしさせられないならいい、と言いましたので、
筆記問題の答えあわせをしてみました。



全くダメでした☆



全問正解ねらいの並び替えで、まさかの4問間違い(5問中)。
やってくれました。あんなに安定して点をとれていた並び替えですのに。



もともとギリギリ合格ねらいでしたから、とるべきところでこれだけ
落としてしまっては、どうしようもありません。


逆に印象的だったのが、大問1の正解率です。
いつも極端に悪かった語彙問題で、今回は意外ととれていました。
(意外と、と言っても、半分です♪)


去年までと、ちょっと点をとれるところが変わってきた様子です。




今回の英検2級の問題は、サリーが解いてみた感じ、ちょっと
簡単だったようです。長文のテーマも、難解なものは全く無く
大問1も、他の過去問より、簡単でした。

だからこそ、正直言って悔しくて、答え合わせの後に思わず

「今回、簡単だったから、チャンスだったよ。
 これで受かっておいたら楽だったのに。」

と言ってしまいました。(嫌な言い方!)



今まで解いた過去問の中には、[これはできなくても仕方ない]と
思える問題が数多くあり、そういう問題を捨てつつ、とれるところで
点をとってくれたら、と思っていました。


ですが今回の問題はそういう類の問題が、ありませんでした。
しょ~もない間違いをし、点を失っています。

もったいないなぁ。絶対わかる問題を間違うことほど悔しいことは
ありません。もちろん、これも結局実力なのですけれど・・・。






とにかく終わってほっとしました~。



さ、今日からまた、気を引き締めていこう♪




[お気楽英語子育て]トップページへ




解答速報は10月22日13:00から
合否閲覧サービスは11月7日夕方頃
の予定だそうです。いずれも英検のホームページにて。


2007.10.22 09:04 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(14) |

英検に行ってきま~す

今回は結局当日までテンションをあげることができず
英検準備としては今までで最悪ですが、逆に気楽です。

午後からなのでのんびりしていますし、朝から公文の宿題をして
算数の問題集なんぞして気分を盛り上げてから
(算数の問題集の方が好きですから・・・・)
出かけていこうと思っています。



もう二年生だし、5級の時と同じ会場だし、なんだかもう
たるみきってしまっています。

ハロウィン前だから、気持ちはハロウィンだったり
植え替えの時期だから、やたら土いじりにいそしんだり
(プチーは横で、穴を掘りまくって水路作り)
親子そろってどうしても英検に集中できませんでした。





こういう時もあるか♪




ですが今読んでやっているCarsには
英検の勉強で出てきた単語がちらほら。

結局、あの程度の単語は知っていた方がいいのか、と
プチーの語彙の少なさを思い知りつつ読み聞かせしています。




プチーは今、トリケラトプスの大めいろという
不思議な本を読んでます。(読んでるとは言わないのかしら)




まだまだ、こんな、絵本が楽しいんだなぁ。





[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.10.21 07:41 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

英語の飽和状態

英検に向けて、今週は、一日一問(長文)を解いています。
なんとか、いいイメージで終わらせたくて、とりあえず
一日一問解いています。

火曜日から解き始め、まずまずの出来栄えで正解できたら
その日でやめようと思っていました。

その、いい印象を引きずったまま本番を迎えよう、と自分なりに作戦を
練っていたからです。



一番苦手な長文。でもできるようになってきてるね、と
言ってやりたくて、火、水、木、と解いてきましたが
どうもうまくいきません。


昨日なんて、選択肢を飛ばして読んだり、もう居眠りしそうな
様子でしたので途中でまた、リタイアです。


プラスのイメージを作ってやりたくて、しつこく長文を繰り返し
結局マイナスのイメージを積み上げてしまっています。

一日一問とは言え、その一問によって持つ[イメージ]は
とても大きく、プチーやサリーの気持ちに覆い被さってきます。

一問解いた所で英語力なんてつきませんから、解く事により
得られるのは[やれば出来る]という前向きなエネルギーの
はずですのに、思惑通りにいきません。



今日もやった方がいいのか、もうやらない方がいいのか、を
迷い始めました。



マイナスイメージのままの方がいい時もあるからです。



練習でうまくいくと、本番うまくいかない時があります。

練習で失敗すると、本番気合がはいり、うまくいく時もあります。





今日はもう、やめよう。



土曜日、長文を一問、並び替えをニ問、語彙問題を三問だけやり
日曜日に備えます。30分くらいで終わらそう。







プチーの頭にはもう、英語は入っていきません。
なんだか既に飽和状態・・・。

入っていかない時に入れようとすると大変なのは、自分自身が体験済み。
中学、高校、大学、とずっとそうでした。




今回、春頃からちょこちょこイディオムの問題集を解いていました。

空所補充問題がずらりと並んでいますから、その中から比較的
簡単なものをサリーが選び、解かせていました。


結局計100問も解いていないくらいで(問題集には500問のっています)
手をつけていないところがほとんどなのですが、それでも
最初のうち、その問題集により、多少語彙の増加の手ごたえを
感じていました。


ですが、最近は全くダメです。




最初は、答えの位置を覚えてしまったり、文章ごと丸覚えして
しまったりで、こんな覚え方じゃ意味ないなぁ、なんて
思っていましたのに、最近では、それもありません。


きれいさっぱり、何もかも、忘れてしまうようです。





明後日で終わりです。冬は受験するつもりはありませんから
(バイオリンの発表会と時期が重なります)
次回は春か・・・。


最後焦らなくていいように、長期戦でいこう。
(毎回そう思っているような気が・・・・)




[お気楽英語子育て]トップページへ
<英検2級体験記>へ



2007.10.19 11:02 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

英検2級と準2級の差

今まで、受験級以外の本まで使って勉強するようなことは
一度もありませんでしたが、今回は2級の過去問題集以外に
準2級の時に用意したプラス単熟語ー文で覚えるも長文対策として
使っていました。

実際にはこの本は長文対策になんてあまりならないのですが
さまざまな話題を提供してくれるのが気に入って春頃から時々開き
この本の中の長文(と言っても結構短い☆)を少しずつ読んできました。


2級に関しては、あまりにも難しいので予想問題集を使う予定は無く
そのため、気分転換に準2級の予想問題集を解かしてみることにしました。


サリーの狙いは、もちろん、プチーに自分自身の英語力の進歩を
実感させることでした。

準2級の問題だったら、楽勝だね、と話を持っていけたらと
祈っていました。どうか、前よりも沢山正解しますように、と
願っていましたが、正直言って、自信はありませんでした。


どうころんでも、前向きに話をもっていこう、と、なかば覚悟しつつ
問題を解き始めました。




準2級を実際に受けた(合格もしました☆)一年前に
正解率三割(ヒドイ!)だった、準2級の予想問題集でも
先週解いたら、八割正解しました。


お~、いつの間にこんなになったんだろう?

予想以上の結果に親子そろって、すごい~と大合唱。




英検2級はまだ受けていませんし、合格もしていませんが
この時点で、なんだか[報われた]というような心境になりました。

全く気が付かない間に、こんなにも理解が進んでいたなんて
それを確認できて、とてもうれしく思いました。



公文式のおかげもあるでしょう。毎月毎月きちんとお月謝を支払って
いるのですから、このくらいの成果はあげてもらわないと困ります♪
(今までお金をかけずにきただけに、この月々の支払いは
 けっこうな出費のような気がしています)

ほとんど何もやっていないように感じていましたが
今まで徐々にたまってきたものをうまい形で外へ出せるように
なったのかもしれません。



よくわかりませんが、とりあえず、プチーの英語が前進していると
知る機会があり、なんだかほっとしたと同時に、これからも
続くなくっちゃなぁ、と思いました。



英検の準2級の予想問題の筆記問題に八割正解できるプチーは
準2級の過去問題の筆記問題に5割正解できません・・・。


2級と準2級ってこんなくらいの[差]でございます☆






英検まで一週間を切りました。プチーとは相変わらず
一日に長文一つ、とか、語彙問題5問、とか
とんでもないのろのろペースで、とりあえず
[もうすぐ英検だからね~]という雰囲気を保っています。


本番の会場は、5歳の時に初めて英検を受けた某高校。
なつかし~い、なんて言って、プチーもすっかり
[英検の馴染み客]みたいになっちゃっています。





[お気楽英語子育て]トップページへ
<英検2級体験記><公文式入会テストとH教材>のページも
よかったらのぞいてみてください☆

2007.10.17 11:58 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(4) |

英検の選択肢のビミョ~さ

くだらない、最後の悪あがきです。

英検の選択肢の数は四つあり、どの問題もその四つから
正解を一つ選ばないといけないことになっています。

級が低いと、正解以外の三つは、[ありえない]選択肢ですから
なんとなく答えがわかれば、まず、正しいものを選べます。



ですが級があがるにつれ、細かい違いをきちんとわかっていないと
解けなくなってきます。




疑わしい、という意味の単語が正解の空所補充問題で
[mysterious]を選んでしまったプチー。
正解は[suspicious]です。

プチーの選んだ選択肢は明らかにおかしいけれど、もう一度選ぶ
チャンスがあれば、プチーは[suspicious]を選べます。

最後一つにしぼる時、どうしても似ている二つの単語の
区別をうまくつけられないプチーに、こちらも説明のしようが
ありません。


今まで(今でも)[なんとなく]の感覚を重視しているため
つっこんだ話ができず、毎回

「う~ん、惜しいねぇ。詰めがあまい・・・。」

なんてことしか言えません。





看板を[はずす]という単語を選ばないといけなかった時は
[返す]という言葉を選んでしまいました。

看板をその場から消し去るという意味では、間違っていませんが
看板は破棄するのでしょうし、返す、という単語では結局
間違っています。

ですが親ばか承知で言わせていただけば、これって、本当に、惜しい。
イメージはとらえているのに、結局うまく正解を選べないプチーの
[なんとなく]が通用するのは準2級までなのかもしれません。



完全に間違うものも多いけれど、惜しいものも多い!
毎回「う~ん」と唸りつつ、そのうえ「これでも通じそうだよね」
なんて憎まれ口をたたきつつ、正解を教えてやります。



2級ってさすがです。

選択肢の品詞などは当然あわせてありますし、正解と判断するためには
[きちんと]わかっていないといけないように、できています。

しかも、唯一、きちんとわかっていなくても答えられそうな
内容一致問題(長文)は、最後の最後です。

まともに読むことは無いでしょう・・・。



なんとか気合や気力だけで合格させようという魂胆は
さすがに通用しないかな☆

(まだまだあきらめてはおりませんけれど!)






[お気楽英語子育て]トップページへ
<英検2級体験記>も、よかったらのぞいてみてくださいませ♪

2007.10.16 11:58 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(9) |

投資のために絵を買う話

この週末に解いた、英検2級の過去問の話です。

長文問題第一問目でビジネスマンのEメールが出てきました。

事務所に絵を飾るというのは、いい案だね、という調子で
始まりましたから「この話題ならプチーにもなんとかいけるかも」と
思いながら読み進んでいきましたら、そこから[投資話]に
進展していきました。


どうせ絵を買うなら、のちのち高く売れそうな抽象画を
投資目的で購入してはどうか、という話でした。

こりゃ難しい!



投資・・・。今迄に無なかった話の展開に、なんとなく
サリーも沈黙してしまいました。

どこからどう説明していいかもわからず、とりあえず長文を読み終え
設問に答え、答えは偶然全問正解。この時は勘がうまく働いた
ようでした。



無事終わってから、この話が何の話かわかったかプチーに
たずねてみましたら、案の定、深いところは全くわかって
いませんでした。


ついでですから、日本語で投資の話をしました。


幸い我が家はバイオリンを買い換えたりしていますので
古いものの価値が上がり、逆に価格が高くなることなど、なんとなく
理解している様子。


なんとな~く、わかったようなわからなかったような
投資の話はさらっと流し、次の長文へと進みました。






それにしましても、投資の話なんて、高校生でも馴染みの無い
話題じゃないかしら・・・。


なんだか極端に、自分達に縁の無い話でした。




もうちょっと、生活に関係ある話の方がいいなぁ。

科学、産業、工業、経済、くらいなら許せますが、今回の長文は
ちょっと突拍子が無くて、驚きました。



本番はどんな長文なんだろう・・・。
考えても仕方の無いこと、考えてしまう・・・。

2007.10.15 09:31 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(3) |

精神論ウィーク

毎年恒例、英検直前の精神論ウィークがやってきました☆
今更英語力を伸ばすのは無理だから、とつい、いつも
こちらの方向へはしってしまいます・・・。



今朝はまず、過去問を全部とおして解いてみよう、ということで
時間をはかり、鉛筆二本とマークシートを用意し、本番さながらに
解かせてみました。


こういう形でやらせてみて、今まで、よく出来たことは一度だって
ありません。とおしで解くと、いつも、半端じゃなく出来が悪いのですが
やはり英検前に一度はこれをやっておかないと落ち着きません。



75分というのが、どういうものなのか。(長いよ~)
音読ではなく、黙読で進めるということが、どういうことなのか。




プチーはきっともう、英検受験の感覚を忘れてしまっているでしょうから
また、勘を取り戻してもらわないといけません。




サリーはプチーのもとから姿を消し、完全にひとりっぽっちで
問題を解かせました。そして時々、プチーの様子をこっそりチェック。



解き始めて15分ほどで、すでにゴソゴソしだしました。
20分ほどしたら、イスの上に正座し、イスを動かし始めました。
(プチーのイス、ローラーが付いています☆)

そのあと、いろんな物音をたてながらも、なんとか解き進めている様子。

30分近くたった頃のぞいたら、イスの上にヤンキー座りしてます。
(ヤンキー(死語?)の人達が地べたに座る座り方☆)


なんちゅう格好で解いてるの・・・・。







今回過去問を[とおし]で解き、結果はきっとボロボロであろうという
予測はついていました。ですから、答えあわせの後
「もっと気持ちを高めよう♪ちゃんとやったらできるよ♪」
といったような話をしていくつもりでいました。

万が一よく出来ていたら「この調子で突き進もう♪」と言うつもりでした。



どちらにしても、この[本番さながら]は、今回最初で最後ですから
全て解き終わった時には、その体験をいかせるような形で
話をするつもりにしていました。






なんとか順調に机にむかっているようで、とりあえず安心していた頃
「で~き~た~」と、プチーがサリーを呼びに来ました。

試験開始から、35分弱の頃です。





やってくれました。早すぎます。
これでうまくいっているはずがありません。
どうやら、プチーの集中力は30分が限界のようです。
(準2級の時は、本番も30分で、早々に終わらせてしまいました・・・)



しかも、ちゃんと問題集の方にも、選んだ番号に丸をつけておくように
言っておいたはずですのに、それも最初の方しかできていません。

マークがずれた時に備えて、問題用紙にも丸をうっておく、というのは
5級の時からずっとプチーに言ってきたことです。


これが出来ていない時は、ボロボロをこえて、めちゃくちゃな時です。






ですが、この時点で答えあわせをしたり、休んだりする暇はありません。

すぐ、リスニングに取り掛かりました。
筆記が終われば休めると思っていたのか、プチーは
リスニングなんて、もう、解く気が無いようでした。

とりあえずリスニングを10問解いた時点で、またリタイア。
もうやめました。






さぁ、お待ちかねの採点です。

まず、プチーの印象を聞いてみました。
うまくできたかしら?手ごたえはどうだったかしら?

 語彙問題はうまくいった。
 並び替えは2問間違ったかも。
 長文は難しかったわ~。

ということでした。(終始笑顔。疲れている様子はあまり無し・・・)




結果的に、筆記問題の正解率は、なんと四割でした。
長文はまさかの全問間違い。

全問間違うなんて、よくそんな器用なことができたものです。
まぐれで二つ三つ、あたっていても良さそうなものですのに。




ここでカチンと来てはいけない、と自分に言い聞かせつつ内心
決して穏やかではありません。

力、出し切った?
倒れるくらい頑張った?
どのくらいの力使った?

と思わず確認しましたら

「半分くらい使った♪♪♪」

と答えるプチー・・・。その笑顔がなんとも心憎い・・・。

「頼むよ~。ちゃんとやってよ~。」と言うサリーに
大笑いで応じるプチーって、一体何者でしょう?





この[本番さながら]を通して、プチーの心に働きかける予定でした。
うまく気持ちを前へ向かせるため、プチーを[乗せていく]つもりでした。
ですが、なんだか作戦負けです。

プチーの笑顔にうまく乗せられ、説教する気もおきません。
今までうまくプチーを乗せてきましたが
なかなかコントロールが難しくなってきました。

本人がヒョウヒョウとしすぎです・・・。





準2級の時の思い出話をしました。

準2の時も、全然できなかったね。マークシートを縞模様や
格子模様に塗ってしまったり「答えが勝手に見えてくる」とか言って
めちゃくちゃ塗っていたね。

プチー、過去の自分の話を聞かされ、かなりうけていました☆

「見えてくるってなんでやねん!」とつっこんでました・・・。




準2級を受けた時のプチーは、小学一年生☆

「ちゃんと考えて答えてるもん」と言うプチーの手元には
縞模様に塗られたマークシートがあり、これのどこが「ちゃんと」なのか
本気で何を考えてるのかわからず、やりきれない思いをしたのが
もう一年も前のこと・・・。



プチーも随分まともになりました♪

マークシートで縞模様を作るために、一問につき、二箇所も塗ったり
していたんだよ、と教えてやると、「ありえない!」という顔つきで
聞いていました。



あと一週間、やってみようよ。
とりあえず、全力出そうよ。
頭の中にある情報全部使って解いてみて。



真面目にやれば、きっと大丈夫。きっとうまくいくから、と
熱く語って、本日の精神論終了。



英検まで、とうとうあと一週間です。





2007.10.14 18:53 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(3) |

本日のリスニング正解率・・・

英検まであと一週間ほど。
さすがにサリーの気も引き締まります!

今から一週間で英語力をあげるのは到底無理です。
(暗記が得意な子ならば最後の一週間でラストスパートかも)

今日から焦点をあてて鍛えたいと思っているのは
[長時間乗り切る精神力]です。


ですから、あえて、長い時間かけて英検の問題をずっと
解かせつづけます。長い時間をかけてずっと、と言っても
本番よりは短い時間ですし、サリーとしゃべりながらですから
まだまだ甘っちょろいのですが、今までは[一日五問]なんていう
レベルでしか解いていませんでしたから、プチーにとっては試練です。


今日は長文問題からスタートしました。

長文問題は本番では、空所補充問題、並び替え問題、に続いて
試験開始後30分ほどしたところで始まるのですが
今日は、最初に長文を解き、その解き方を復習しました。

なかなか調子よく正解していくので、いい調子で4つほど
解きました。(本番の長文は5つで、20問)



そのあと、空所補充問題を本番どおり、20問解きました。
この辺までは、けっこういい具合に進みました。

今日は調子がいいねぇ、なんて言っていましたが、ここらあたりで
集中力が切れました・・・。



この次に解いた並び替え問題は、全問正解狙いですのに、まさかの
たった2問正解(5問中)。


そして迎えた、リスニング問題・・・。
最後までやる元気も無く、途中でリタイア。

半分ちょっとしか解かず、しかも正解率が六割に届かず・・・。





プチーの英語力(つまり集中力)は、見事に時間とともに
下降していきました。完全にスタミナ不足です。





筆記試験が75分、というのは、落ち着きの無いプチーにとって
かなりの長時間です。ですから、途中集中力が途切れるのは
当たり前です。ただプチーの場合、一度集中力が切れると
なかなか復活できません。

もう、だれちゃいます。

「そうだそうだ、ちゃんとやらなきゃ」と思えるタイミングがあれば
いいのですが、途中、横からプチーを突っついてくれる人は
いませんから、自力ではちょっと難しいかもしれないなぁ。




リスニングがほんの数日前の半分しか正解できなかったのは
どうしてだろう?とプチーにたずねてみましたら

「疲れちゃったから」

と答えました。本人もわかっています。



なんとか最後まで踏ん張ってくれないかなぁ。



これから一週間は、毎日英語に触れさせ、気持ちをうまく
盛り上げていかないといけません。

プチーの力を引き出してやること、できるかしら。



あきらめずに強気でいこう。サリーの強気がうまくプチーに
伝染しますように。





[お気楽英語子育て]トップページへ
<英検2級体験記>へ


2007.10.13 14:40 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

リスニング、全問正解狙いで・・・

いよいよ十月です。英検の問題集も解いておかないといけません。
おそるおそる、まず、リスニングから取り掛かりました。

2級のリスニング問題(過去問)を、まとめて全部30問、ちゃんとCDを使って
やらせてみました。


なんとなんと、奇跡の一問間違い♪
(全問正解じゃないあたりが中途半端でプチーらしい)



お~!こんなこと、今まで一度もなかったぞ~。(5級だったらあったかも?)
なんだか英検対策、いいスタートをきれました~。

かなり、舞い上がりました~。
リスニングは、全問正解狙うぞ~、と親子で大盛り上がり!

(この一問間違いの原因は、ウィンクの練習でした。
 つい退屈して、出来なかった方の目のウィンクの練習を始めてしまいました。
 おかげでなんとか両目のウィンクができるようになりました☆)





と言っても実は、随分前のことでしたが一度、サリーがスクリプトを読み
リスニング問題を解かせた時、半分くらいしかできなかったことも
ありました。あれからそう長い月日は流れていませんから
プチーの英語力が上がったとは考えられません。

一年前の準2級の時と、ちっともかわっていません。
相も変わらず、その日の気分によって解け具合が全く違うプチーです・・・。
心配です・・・。どうして、安定しないんだろう。




なんと言っても、一度しか読まれない、というのが最大のネックです。
1問目から、サリーもずっとリスニング問題のCDを聞き、付き添って
いましたが、思わず、18問目を、聞き逃しちゃいました。

つい、他のことを考えてしまったのです・・・。

自分がこんな調子ですから、厳しいことは言えませんが
「お願いだから集中してね」と頼んでおきました。


集中しすぎて、疲れ果てて、試験後、イスから立ち上がれなかったら
サリーがおんぶしてあげる、と約束しました。

立ち上がれないくらい体力使ってきてちょうだい!と
頼んでおきました。

本当にそんなくらい全力投球してくれないかしら。






リスニング全問正解できたら、長文読まなくていいよ、って言ったら
喜ぶだろうなぁ・・・。

残念ながら、2級は、リスニングの配分がそこまで多くないですし
大問1の語彙問題でもかなり取りこぼす筈ですので、そこまでは
できません。

そう言えば、準2級の時は、並び替え問題をぬかすよう指示しました。
今回2級では、なんと、この並び替え問題でも全問正解狙ってます。

一年で大きくプチーの英語力の[質]がかわっていたようです。



[お気楽英語子育て]トップページへ



2007.10.10 11:38 | 英検2級 | トラックバック(0) | コメント(8) |

目指せ、アメリカの小学生!

プチーの英語のため、我が家はずっとアメリカの本や
ワークブックを中心に取り入れてきました。

最近は、日本の英語教材の良さも見直していて、あなどれないことも
知りました。小さい子向けのワークブックについてはわかりませんが
高校生向けや、大人のやり直し英語のための教材など
趣向が凝らしてあり、なかなか面白いものが多いようです。



日本人向けの参考書本を、いくつか本屋さんで立ち読みしていた時
ネイティブの小学生なら誰でも知っている 英単語10000語チェックブックという
興味深いタイトルの本を見つけました。

[ネイティブの小学生]という部分にかなり、反応しました♪

最近、サリーやプチーが目標として強く意識している
[アメリカの小学生]の英語レベルを知る上で、何か参考になるかも
と思い、早速、熱心に立ち読みしてきました。




まず、コラム。
興味深い話が多くて、読破する値打ちがありました♪

具体的に語彙数をあげて説明してあったり、話す、という行為が
実はどれほどむずかしいことであるか、語彙量という観点から
説明してあったりしました。


コラム集ではありませんから、決してこのような話が
沢山書かれているわけではありませんが(立ち読みで全部読める量)
納得できる内容のコラムだったので、この本の値打ちをぐんと
上げてくれているような気がしました。



メインの[単語集]の方は[チェックブック]というタイトル通り
チェックできればそれで良い、という、かなりそっけないつくりです。

英単語と、その主な意味(日本語)が書かれていて
ずらずらひたすら、単語が並んでいるだけです。

この本で語彙を増やすのは、無理です。面白く無さすぎます☆
アマゾン(ネット書店)で中味を少しのぞけます)



ただ、日々勉強していく上で
「ちょっとくらい、語彙、増えたかな~♪」
なんて、チェックしてみるにはちょうど良い本です。



あるいは、自分の英語の語彙量って、一体どんなもんなんだろう、と
気になるサリーとしては、この本を使って自分が
何年生レベルなのか、知りたいという衝動にかられています・・・。

知ったところでどうにもならないのに、なぜか知りたい・・・。



1000語ずつ、十の段階に分かれていて、簡単なものから徐々に進んでいく
形でチェックできます。サリーだったらどの段階でつまづくかなぁ。

ちなみに、9000語から10000語の単元の単語をのぞきました
知らないものばかり、と言っていいほどなじみの無いものばかりでした。

アメリカの六年生レベル、ということかしら、さすがです。




英検などは、日本人向けの英語のテストなので、語彙がまたちょっと
違いますし、[中学卒業レベル]というような定義しか
されていません。

ネイティブの人に比べたらどうなんだろう、と、そっちの方が
断然知りたいサリーとしては、この本が気になって気になって
仕方ありません☆

ですが、この本、二千円以上します。値段がネックとなり購入を
見合わせています。

自分の好奇心を満たすためだけに
(アメリカの小学生の語彙ってどんなもんだろう、とか
 自分はアメリカでは何年生くらいとして通用するんだろう、とか)
二千円は高いなぁ・・・。プチーの本が四冊かえるなぁ、なんて
あれこれ、皮算用・・・。



ですが、この本のコラムにも何度か紹介してあった
スカラスティックのワークブックシリーズ

表紙に手書き風の文字で[100]と大きく書いたこのシリーズは
我が家の愛用ワークブックでもあります。

このワークブックを一年生から六年生まで全てそろえたら
約一万円にもなるのですから、単語だけとは言えうまく抜粋して
レベル別にまとめてある本が二千円だったら安いかな、なんて
まだ迷っています。



この本は、単語を覚えたり、何かに[役に立てる]という意味では
あまり使い物になりません。

あくまでも、自分の英語力をチェックしたり
ネイティブの小学生の語彙量を知りたいと言う好奇心を満たすためにしか
使えませんから、あまり購入する人がいなくて、アマゾンでも
売れ残るかもしれません。

そうしたらセールになるはずだから、その時を狙って
購入しようかなぁ、なんて思ったりもしています。
(そんなに気になるならさっさと買えばいいのに、と思ってみたり・・・)




やっぱり、常に意識していたいのは現地の小学生。
・・・とは言え、二年生用教科書本ですでに、わからない単語が
続々登場してきていますから、これからは覚悟していかないと
いけません。


置いていかれないようにがんばるぞ~。








今日、3年生用ブレインクエストに緯度と経度の話が出てきました。

難しくなってきてます・・・。





[お気楽英語子育て]トップページへ


2007.10.08 18:52 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(12) |

小2(米)の文法ってこんな感じ☆

今読んでいるWhat Your Second Grader Needs to Know
いくつかの文法事項の説明がでてきました。

一年生用には全くでてきませんでしたのに
いきなりどっさり出てきた印象です。


主語、述語といった、文の構成に関する事柄に加えて
名詞、動詞、形容詞、といった品詞のこと
単数形と複数形、同意語と反意語、など、ごくごく基本的な文法事項です。

時制は現在形と過去形のみでした。



アメリカでもこのあたりからぼちぼち文法をいれていくことを
再確認しました。そう言えば100 Words Kids Need to Read by 2nd Gradeでも
文法の説明がありましたから、アメリカでも小2あたりで
文法にも触れていくのでしょう。


Brain Quest: Ages 8-9, Grade 3ではこれらの文法に加えて
所有格、固有名詞、母音と子音など、もっと出てきていますから
最近は公文の文法説明もサボらず、念のため日本語と英語で
説明してやっています。

こういったことは、急に覚えるのは大変ですから、時間をかけて
出てくるたびに毎回しつこく説明してちょうどいいような気がします。



公文式で過去完了がでてきて、半月くらいはたちますが
最近ようやく、過去形と過去完了形を使って、時差を出すニュアンスが
わかってきたように思います。

もちろん、出てこなくなったらすぐ忘れるのでしょうけれど
幸い、よく出てくる文法事項は確実に定着し始めています。




文法事項の確認により、更に理解度がアップするといいなぁ。
それと同時に、語彙がなんだか全く増えていない危機感も感じています。

やっと運動会も終わりましたし、今日こそ、読み聞かせを一時間
きちんとやり遂げたい、と、張り切っています。

なにせ、この読み聞かせに完全に頼りっきりなのですから
一日一時間はやらないと!





英検2級も申し込んじゃいましたので
(もうお知らせしたんだったかしら?)
本当に本当に、張り切らなければ、こんなテンションでは
せっかく申し込んだのにもったいないわ!(2級は4100円です♪)


いよいよ十月。集中力、高めるぞ~!




[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.10.02 10:37 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。