スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英語の本も読ませる戦法

何とか自分で英語の本を読んでくれないものか、と最近ひそかに
作戦を練っておりました。


まずは、時間にも気持ちにも余裕がないといけない、と感じ
時間が無くてものんびりした雰囲気を演出。
(サリーは内心あせっていますけれど)

それから、プチーが楽々読めるレベルの[絵本]を選び
「読もうか。」と誘ってみる。

二人並んで座り、簡単な絵本を読んでやる。
(こんなことをしたのは本当に久しぶりです)


すると三日目に、一冊目[Helen Keller (Step Into Reading - Step 4)]を
読み終わったとき、プチーが言いました。

"I'll read it♪"(私読むわ♪)

やった~。作戦大成功♪

このあと、まず自分で[Clifford The Small Red Puppy]を読み
続いて[Flat Stanley]のセリフ部分のみを読み(他はサリーが担当)
更に[Volcanoes (All Aboard Reading-Level 2)]を見開きごとに交代で読み
最後、[Egyptian (All Aboard Reading Level 2)]をサリーが読んでやり
しめくくりました☆

自力で全て読んだのは、本当に本当に簡単な絵本
Clifford The Small Red Puppy]のみですが、読んでくれたこと自体が
うれしいですし、プチーも、上手く読めてまんざらでもない様子でした。

(本当はなんともたどたどしくて、決して上手くはありませんでしたが
 本人は充分、満足気でした)


気をよくしたサリーはこのシリーズの絵本をもっと購入してやりたくなり
巻末のリストをみながら、プチーに、どの本が欲しいかたずねてみました。

Mummies (All Aboard Reading Level 2)]が欲しいと
言いました。またミイラ・・・。同じような本ばかり欲しがります・・・。

断る理由もないので、これにしておきましょう。もう一冊はサリーの独断で
Snake Hair (All Aboard Reading Level 2)]にしてみようと思います♪



これを機に読みに自信をもってくれたらいいなぁ。
こんな簡単なものばかり読ませていたら、センター試験の筆記試験を
解かせるタイミングを失いました。

今年もまた筆記問題の方はチャレンジさせないことにしました。

簡単なものを読ませ、まずはその気にさせないと☆



[お気楽英語子育て]トップページへ



スポンサーサイト

2007.01.29 06:00 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(8) |

センター試験のリスニング問題2007

去年に引き続き新聞にのっていたセンター試験の英語の問題
プチーにさせてみることにしました。

とりあえず恐る恐るリスニング問題から。

こんなに本格的な問題を解くのは久しぶりだったので心配でしたが
25問中21問正解、とまずまずな正解ぶりで、ひと安心しました。

スクリプトを二度繰り返して読んでいいものか、よくわからず
一度しか読みませんでしたが、英検準2級の時も問題文は一度しか
読まれませんでしたし、聞き逃すことなく聞いてくれました。


去年にも増して簡単に感じるのは、プチーの英語が上達したおかげか
実際にテストが簡単になったおかげかはわかりませんが
少なくとも英検準2級よりは少し簡単だったように感じました。


正解数もぐっと増え、この一年で、プチーの英語も随分
上達してくれていたんだなぁ、とちょっとうれしく思いました。

時間があるときに今回は筆記問題ものぞいてみようと思っています。

字がおそろしく小さいのでうまくいくかわかりませんが、たまには
難しい問題を解くのもいいかもしれません。何しろ最近さぼりっぱなし
ですから♪


「これは高校生のお兄さんお姉さんが解く問題なんだよ~。
 こんなに正解できてすごいね~。」

とプチーをおだててやると、喜んでおりました☆


ひとごとだから、気楽なものです♪
センター試験を受けるのなんてまだまだ先のことですもの~♪



[お気楽英語子育て]トップページへ

2007.01.23 10:13 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(6) |

ワークブック、薄めVS厚め

分厚くてなかなか終わらなかった100 Words Kids Need to Read by 2nd Grade
ようやく終了し、次のワークブックへと進むことができました。

100 wordsシリーズはお遊び要素が多く、簡単なクロスワードパズルや
文章と絵を結ぶものが沢山出てきます。

穴埋め問題もかなりの数です。番号で選ぶのではなく、一つ一つ単語を
書いていかなくてはいけません。

穴埋めと言っても、文章はなぞなぞだったり、詩だったり
普段あまりプチーになじみにの無いものが多いので、そのあたりが
気に入っています。

時には絵を描いたり、すごろくをしたり
(これが結構時間をとったりします・・・)迷路をといたり。



そんな調子で飽きるほど何度も同じ単語を書く機会を与えてくれますから
字が汚いプチーにとっては字を書くいい練習になりますし
書くことにより自然にスペルを覚えてくれたら、と思い
根気強く進めてきたつもりです。

ですが、とにかくあまりの量に、最後は息切れしてしまいました。


ですので、今は薄っぺらいワークブックを三冊セットにし
使い始めています。


Handwriting: Contemporary Cursive(筆記体の練習)

Reading Comprehension(国語・読解)

Spelling(綴り)

の三本立てにしてみました。筆記体以外は二冊とも現地の一年生向けで
[国語・読解]に関しては、日本だと幼稚園向けのドリルに出ていそうな
簡単なものです。三冊まとめて一日でできてしまいそうですが
これを少しずつ進めていこうと思います。

ちょっと休憩です。


これが終わったら100 Words Kids Need to Read by 3rd Grade
進むので、ちょっと力を蓄えておかないといけません☆


薄いワークブックはゴールが見えやすく、やる気がでます。
しかも今回のように分野別でわかれていると、得意な分野はどんどん進め
苦手な分野は少しずつ進める、というように調整できるのも
大きな利点です。

ですが分かれていることにより、進めやすいものだけどんどん進み
進みにくいものはどんどんおいていかれる、ということも起こります。


一方、分厚いワークブックは、終わりが見えず、もう最後まで
到達できないのではないか、と途中であきらめムードが漂います。

しかも楽しいページと、そうでもないページがあったりしますから
コンスタントに楽々進めるわけにもいきません。

ですが一冊にまとまっていると、何かと便利な上、この
分厚いワークブックのシリーズを気に入ってしまったサリーは
結局これからもぼちぼち100 wordsシリーズを使いつづけると
思います。

何年生までいけるかしら。四年生以降はもう無理かもしれませんが
三年生用までは終わらせたい、と願っています。



本を読みたがらないプチーが唯一英文を読む機会、それが
ワークブックの問題を読む時です。
これを失ってしまったらおしまいです☆

プチーにとって、ワークブックは欠かせないものとなりました。




[お気楽英語子育て]トップページへ

関連ページ
[ワークブック]
[一年生時代のワークブック]



2007.01.22 06:15 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(4) |

英作文、いい練習法☆

何も無いところから、いきなり

「さ、お話書こう。」

とノートを開いても、自然とお話が思い浮かび、とんちんかんながらも
書き進めたり話し進めたりできていたのはもう、おそらく二年程前のこと。
(多分プチーがまだ四歳くらいのころ)


いつの間にか

「何書こう・・・?」

と迷うようになってきました。好き勝手ひたすら、わけのわからない
文章を書き連ねていたのがつい最近のことのようにも思えますが
もう今では、書きたいこと自体も浮かばないような状態です。


色々話し掛けて話をふくらまそうと試みても、どうもうまくいかず
いつでも結局お粗末なお話や日記を書いて、どうもすっきりしないまま
ノートを閉じていました。


ところが先日、今使っている100 Words Kids Need to Read by 2nd Gradeのなかで

[after] [before] [open] [now]

の四語を使って文章を自由に書きましょう、という課題がありました。
どんな文章を書くのか、内心ドキドキしながら横から見守っておりましたら
結構まともな文章を書きました♪

(これがまともかどうかはサリーの完全な主観ですけれど
 サリーとしては大満足!)

ご紹介します♪(お粗末ですよ~。サリーの和訳付です☆)

 before I am out from my bed Im sleppe.
 now I eat breakfast and after breakfast I dressed up and
 open the door and go to schoo! Good bey.

↑乱文で失礼いたしました。
文法も大文字小文字もスペルもめちゃくちゃです☆
念のため訳します。

 ベッドから出る前、私は眠かった。
 いま、朝ご飯を食べ、朝ご飯のあと着替えをして、ドアを開けて
 学校へ行った。ばいばい~。


こんな文章をこんな所で大公開する、ということが今のプチーの
英語力を象徴しています・・・。情けないですけれど、どんなことにも
山あり谷あり♪

また盛り返すことを祈りつつ、気長に英語を続けているのであります☆

(英検準2級に華々しく[ギリギリ合格]をはたしたのは、ほんの
数ヶ月前ですけれど、遠い昔のことのようでございます・・・)



こんな風にキーワードを数個指定するだけでぐんと思考が進み
上手くかけるんだなぁ、と関心しました。

次回三年生用ももう購入済みです♪やはりこのワークブックは
プチーの英語を活性化させてくれます。これからもいい刺激を与えつづけて
くれるといいなぁ。


・・・と言っても分厚いワークブックは、とにかく終えるのが一苦労で
挫折しそうになりますので、次は薄っぺらいものにしよう、と
思っています☆




[お気楽英語子育て]トップページへ
[お気楽英語子育て内<ワークブック>]のページへ





2007.01.15 14:26 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

冬休みの成果!

この冬休みの英語の成果を発表いたします!

まず、目標としていた、100 Words Kids Need to Read by 2nd Grade
終了に関しては、ほぼ目標達成です。

まだ終わっておりませんが終わるめどはつきました。なにせ200ページ以上の
分厚いワークブックですもの、「もうすぐ終わりそう」というだけで
充分でございます。


冬休みの成果、というと・・・・・・・・・・・・・・以上でございます☆

日記は年明けより全く書いておりません。
話し掛けも年明けより全くいたしておりません。

この冬休み、今までのプチーの人生で一番の大失敗な冬休みでした・・・。

年末まではいい調子でしたのに、帰省後流れがかわりました。

一番の原因は、プチーと二人だけで過ごす時間がほとんどなかった
ということです。家にいる時間も、二人で過ごす時間もほとんど
ありませんでしたので、結局英語に触れる機会もありませんでした。

当然ながらプチーの頭の中は日本語で満たされ、ちょっとやそっとの
隙間時間だけでは英語に切り替えることなどできませんでした。


冬休みの英語大作戦に失敗してしまい、ちょっと残念ではありますが
潔くあきらめ、また新たに三学期、頑張るしかありません☆


今回失敗して痛感しましたが、長期休みに頼り切ると、失敗した時に
痛い目にあうことがわかりました。やはり毎日の[日課]のなかに
なんとか英語を組み込まないと、とちょっと焦ったりもしています。

ただ[英語のワークブックを解く]とか[英語の番組をみる]とか
その程度のことでしたら隙間時間になんとかこなしていけますが
[プチーの頭の中を英語でいっぱいにする]ところまでは
なかなか到達しません。

ある程度まとまった量の英語にふれないとなかなかうまくいかないのです。
ある一定以上の水量を出さないと給湯器が点火しないみたいな感じです。
ちょろちょろではだめなのです。


三学期、どのように過ごすかはまだ未定です。

どこかに何らかの形で英語を追加できれば、と頭をひねっています。



本日から三学期が始まりました。ものすごいハイテンションで学校から
帰ってまいりました。そしてお友達の家へと遊びに行きました。

・・・・次の休みは三ヵ月後の春休みかぁ、なんて既に次回の長期休みを
楽しみにしているサリーです。




[お気楽英語子育て]トップページへ





2007.01.09 13:42 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(8) |

エピファニーのガレットデロワに憧れて

今年もいきなり[ガレットデロワ]をすっとばしてしまいました。

今年こそはフランス系のケーキ屋さんでこのケーキを購入し
一度プチーと一緒に[素敵なエピファニーの日]を体験しようと
楽しみにしていたはずですのに、クリスマスツリーを片付けるのに必死で
ケーキのことはすっかり忘れていました。



昨日、一月六日はエピファニーと呼ばれる日でした。

三人の賢者がキリスト生誕を祝い、贈り物を持ってベツレヘムへ
やって来て、ようやくキリストのもとに到着した日と言われています。

そしてこの日は、クリスマスツリーを片付ける日でもあります。


ネットサーフィンをしていると、ヨーロッパではこの日に
ケーキを食べてお祝いする国が多いらしく、サリーもちょっと真似してみよう
と思っていたのです☆

[ガレットデロワ]の中にはお人形やコインが隠されていて
切り分けた時、そのオマケ入りのケーキにあたった人は
その日一日王様になれるそうです。

市販の[ガレットデロワ]にはわざわざ紙製の王冠までついているそうで
是非試してみたいと思っていましたのに、あっさりすっかり忘れていました。


と言っても今朝(1/7)の七草粥も忘れるくらいですから
今年はもうちょっと行事に気を付けて、節目節目のお祝いをきちんと
やっていきたいなぁ、なんて思います。

世界各国のメジャーなお祝い事やならわしを集めたカレンダーか何か
あると便利なんだけどなぁ・・・。

月の初めにその月の行事をチェックするように習慣づけることができれば
いいのですが、そんなまめなこと、今更できるはずもなく・・・。



本年のテーマは[食と笑顔]です♪

(英語に何の関係もありませんのでわざわざ披露する必要もございませんが
いかに英語が生活の隅へ押しやられているかを象徴しているので
そのあたりを感じていただけたら幸いです☆)

英語は、コツコツ読み聞かせ、を頼りにやっていくつもりです。
小1ですがまだまだ読み聞かせが大好きな甘えん坊のプチーが
自力で楽しく英語の本の読書を楽しむ日は来るのでしょうか。

どうぞこれからも、プチーの様子を時々のぞきにいらしてください♪



[お気楽英語子育て]トップページへ



2007.01.07 12:43 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(0) |

あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

年の初めはいつも「今年こそ・・・」と、当ても無いやる気に
ワクワクした気持ちになります。

本年の「今年こそ・・・」が何になるのか、そして実はまだ抱負さえも
決めてはいませんが(昨年の抱負)、とにかく
英語は細々と続けていくつもりにはしております。

今まで以上に、時間も労力もコストもかけずに、それでなおかつ
英語力を伸ばしていけたら、とたくらんでおります。



思えば今年は英語をすみに追いやり、他のことで必死でした。
英検受験時意外はほとんど英語に触れることすらなく
寝る前の読み聞かせのみでつないできました。



この春二年生になります。今年はどうなるかしら☆

英語は絶対必要なものではない上、少々さぼっても楽器ほど下手に
なりませんから、ついついあとまわしにしてしまいがちですが
あまり油断すると痛い目にあうかもしれませんから
いい距離を保ちつつ接していきたいと思っております。


どうぞまた時々様子をのぞきにお立ちよりくださいませ♪


2007.01.04 08:20 | その他 | トラックバック(0) | コメント(6) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。