スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英検3級合格できました

昨日プチーの英検3級合格がわかりました。とにかくほっとしています。

点数はあまり覚えていないのですが、頼りにしていた音読もアティチュードも
悪くて、とても不安だったQ&Aでいい点をとれていたようです。

プチーにはまだ伝えていませんがどんな反応をするか楽しみです。

プチーは幸いいつが合否発表日かわかっていませんから、まだ内緒です☆
スポンサーサイト

2006.07.20 10:55 | 英検5級4級3級 | トラックバック(0) | コメント(13) |

英語で絵日記書けません!

細々と続けているプチーの日記。(実は週記)

書き始めた当初から思っていたのですが、プチーは黙々と英語を書いていても
絵を描き始めた途端、急に日本語を話し出します。

最初は「偶然かな?」と思っておりましたが、プチーはどうやら
絵を描きながら英語を話すことができないようです!

英語で会話しながら、英語で作文を書いていても、絵を描いてしまうと
絶対日本語になり、それもぺらぺらと沢山しゃべりだすのです・・・。

これはいわゆる、[脳の使っている場所が違う]とかそういった
ちょっと難しい話と関連がありそうです。

あるいは、ただ単に、絵を描きながら英語を話すという場面が今まで
あまりなかったため、絵と日本語が一種の[セット]になってしまい
うまく英語がでてこないのかもしれません。

例えばサリーの場合、アメリカで暮らしていた時のことを話そうとすると
どうも英語のほうがでやすい、ということがありました。
(今ではそうでもないかもしれませんけれど)

学校関連は日本語、サリーとのことは英語、みたいな使い分けのような
ものができてしまっているのかしら。

そう言えば同じ日本語でも、サリーとの時は標準語に近いプチーも
お友達といる時はものすごい関西弁だったりします。

この場合相手に合わせて使い分けているということも考えられるものの
もしかしたら[自然と]そうなっているのかもしれません。



というわけで今年の夏、絵日記は断念しました。
英語の日記を続けさせたいのですが[英語の絵日記]では
なんとなく今のプチーには気の毒な気がして、今まで通り
[できるだけ絵のない、英語の日記]を続けることにしようと思います。」



[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.07.16 13:12 | 英語教育 | トラックバック(0) | コメント(10) |

夏休みだから英会話スクールでもどう?

英検の二次面接のために、問題集を使って何度も擬似面接をしてみて
「文法はめちゃくちゃだけれど、まぁまぁしゃべれるんだなぁ。」という
印象をうけました。

プチーの英語はめちゃくちゃだったり、やけにまともだったり
その時によって様々なのですが、それでも、少なくとも

  [磨けば光る!]

という手ごたえだけは充分感じました。(母親が言うとなんだか
ばかばかしく聞こえてしまいますが・・・)

そこで、プチーが学校へ行っている間に色々なお教室へ電話して
プライベイトレッスンや普通のグループレッスンなどについて
散々下調べをし、帰宅したプチーに聞いてみました。

「夏休みはちょっと時間があるから、外国人の先生とおしゃべりして
 英語をもっと上手になってみない?」

と誘ってみました。

「英会話スクールとかで、外国人の先生としゃべるんだよ。」

と説明しましたら

「もっと上手になってからでいい。」

と即答されました。

え~?幼稚園の頃は「自分の英語は世界一だ」とか言っていましたのに
どうして今はそんなに自信がないのでしょう・・・?

「外国人の先生とのおしゃべり、楽しいと思うよ~。」

とちょっと押してみましたが

「もっと上手になってからがいいから、また来年。」

と言われました。思わず

「でも、もっと英語が上手じゃないお友達でも英会話スクールくらい
 行ってるよぉ。」

と、他のお友達の悪口とも聞こえかねない問題発言をしてしまいましたが
そんなことは別にプチーにとっては関係ないらしく、自分はまだ無理だ、と
言い張りますので、あきらめました。


空回りしてしまいました。

プチーは、早いうちに英検の2級に合格してテレビにでたい、と
言ってみたり(念のためお断りしておきますが、小学生で2級をとった
くらいでは絶対テレビにはでません)、そうかと思ったら
自分の英語は全然ダメで、周りのお友達の方がずっと上手なはずだ
なんて言ってみたりもします。

英検3級のことも

「○×ちゃんなら、いけるよね。△☆ちゃんも、いけるよね。」

と急に言い出してみたり。


今はなんとなく、英検直後で、英語と距離をおきたいのかもしれません。
と言っても、今朝も張り切ってワークブックをすませてから
学校へ出かけて行ったのですが。


いずれにせよ、サリーの

[夏休みのうちにプチーの英会話力をちょっと磨いてみよう!]

大作戦は、失敗に終わりました。また今年も細々とワークブックで
読み書き力を磨きたいと思います☆



英検3級の合否閲覧サービスは、7/19の夕方から始まる予定です。
もうすぐです~!!!




トップページ[お気楽英語子育て]へ戻る


2006.07.12 10:28 | 英検5級4級3級 | トラックバック(0) | コメント(8) |

英検を終えたらほっとしすぎて頭痛が・・・

英検3級二次面接試験、無事終えました~。

プチーは

「木で本棚を作ったりする話だったから簡単でよかった~。」

と喜んでおりました。どうやら少なくとも音読だけはうまくいったようです。
と言っても、いろいろつっこんできいていみると、問題に答える際に
わからない単語があったらしく

「あげる、ってなんて言うかわからなかったから

 "She is going to flower the mother."

 って言っちゃった~。」

と平気な顔で言ってのけました。
サリーも、まぁ、とにかく終わったと言うこと自体がうれしかったので
これで何点減点されるのか気になりつつも

「大丈夫、大丈夫~。」

と言っちゃいました。(GIVEだけではなくTOも抜けているので、
これではこの問題、ほぼ零点かもしれません。)




自分自身について答える、第四問目、第五問目も、未来のことを
きかれるとばかり思い込み(過去問は未来形がほとんどだった気がします)

「来週末はプールに行くってことにしておこう。」

とか

「今日の晩御飯はピザってことにしておこう。」

とかやたら根回ししておりましたのに、第四問目は

「昨日は何をしていましたか?」

という質問だったそうです。

プチーは「テレビをみた」と答えたそうです。
うまく過去形にしたかどうかは、もうかわいそうだからききませんでした。



"I watched television."

という英文はとても言いにくい英文です。動詞の[WATCH]を過去形にすると
[watCHED Television]となり、[ch](チ)、[ed](トゥ)、[t](トゥ)と
三つも同じような破裂音系の子音がならびます。

しかも後半二つは同じ[t]の発音が並びますから、よほど強調しない限り
うまく音として聞こえてこないの普通です。

強調して発音する方が逆に不自然ですが、検定試験などの場合
「私はちゃんとわかっています」とアピールするため、少し強調して
発音する方がいいのです。・・・・・が、そんな難しいテクニックは
とてもではありませんがプチーに説明する気もしませんでした。

面接官の先生はこの[ch][ed][t]の音が入っているかどうかを
そこの文の間合い(テンポ)で判断なさるはずです。聞こえない音の数だけ
それを言っているであろう間隔があいていれば、きちんと過去形に
している、と判断できるのです。

プチーの英語が

「アイ、ウォ●テレビジョン」

でしたら現在形ですし

「アイ、ウォ●●テレビジョン」

と言えていたら過去形と判断され、点もきちんともらえると思うのですが
プチーの英語は、緊張しているときは特に、だらだら~と間延びしますので
面接官の先生も「う~ん」と首をひねったかもしれません☆

母親のサリーが聞いてもよくわかりませんでした。
プチーはなんと答えたか、英文で、サリーに言ってくれましたが
[ch][ed][t]のところは見事にうやむやにされ、現在形だか過去形だか
うまく聞き取れませんでした。

(プチーのために言い訳しておきますと、一つ一つ子音をそれぞれはっきり
 発音する方が 明らかに不自然な発音です☆
 子音がならんだ時はうまく聞こえない方が自然で、より[良い]発音
 であることは確かです。試験ではそんな屁理屈通用しませんけれど。)




サリー自身の手ごたえは、決してよくはありません。これだけ色々
間違ってしまっては、点をとるところがなかったのでは、と
思えるほどですが、プチー自身が「うまくいった」と感じている様子なのが
なによりです。

筆記試験の時のように元気をなくしてしまっては、なんだか
かわいそうですから、本人が「簡単だった~」と笑顔でいてくれたのが
とてもうれしいですし、ほっとしました。




二次面接の前日、とにかく落ち着かなくて、このブログに弱音をはきました。
あんなのはみっともないですし、読んでいる方もいい気はしないでしょうから
  (人の愚痴を聞いて楽しい人なんていないでしょうし
   第一、そんなもの何の役にも立ちませんもの)
面接当日の朝、「早いうちに削除しておこう」と思い、このブログを
見に来ましたら、沢山の方が、コメントを残してくださっていました。

驚きましたし、とてもとてもうれしかったです。

サリーのサイトやブログは土日は平日に比べてかなりアクセスが少ないのが
普通です。書き込みも少ないので「土日はあまり人の目には触れていない」と
思っていました。にもかかわらず、あんなに沢山の方がコメントを残して
くださっていて、とてもうれしく思いました。

みなさんお一人お一人に対してコメントを書き込む時間が無かったため
そのまま何も書き込まずにでかけましたが、面接に行く前に
みさなんの励ましのメッセージを読ませていただきました。

本当にどうもありがとうございました。

実生活では、実は英検の話をできるような人がいなくて、いつも
サイトやブログで色々書いては発散しています☆
それにお付き合いいただいて本当にありがとうございます。

これからもどうぞどうぞよろしくお願いいたします。



合格発表は7/28頃のようです。

またそのころ、ちょこっとのぞきに来てくださいませ・・・。
合否が判明しているかと思います・・・・。

2006.07.10 10:01 | 英検5級4級3級 | トラックバック(0) | コメント(10) |

英検にむけて、ただひたすら焦る母

明日いよいよ英検3級二次面接です。

面接室の前までサリーがついて行ってもよいのか、必要事項の記入の時は
そばにいてもよいのか、前もって英検協会に問い合わせておこう、と
思っていたにもかかわらず、忘れてしまいました・・・。

今日は土曜日ですからもう電話もつながりません。

サリーはとにかく気持ちが落ち着かず、久々に色々な人のブログめぐりを
したりして、気分転換をしています。

プチーは今、外で、一輪車の練習に励んでおります。出かけていく時

「明日もマークシート塗るんだから、右手怪我しないようにね。」

なんてなんともいやな忠告してしまったりして
(本音は「明日大事な日なんだから今日くらい
 家でおとなしくしてなさい!」)
なんとも言えない心境です。

イライラでもなくオロオロでもなくピリピリでもなく、ただただ

「はやくおわってくれぇ~・・・。」

という感じでございます。

二次試験に落ちたら、次回二次試験だけ受けることができるんだったかしら?
・・・縁起でもないから落ちた時のことは考えたくも無いのに
考えてしまいます。

ブログめぐりをしていて気がついたのですが、親子留学している方達って
意外と沢山いらっしゃるようです。
しかも一年にもわたる長期の方々もちらほらいらっしゃいます。

いいなぁ。(現実逃避・・・)


2006.07.08 16:15 | 英検5級4級3級 | トラックバック(0) | コメント(16) |

英検3級二次面接対策

週末、二次面接用に問題集を調達してきました。

CDもついているものですが、プチーがなぜかCDを使うのを嫌がるため
サリーが面接官役をしながら毎日一題か二題ずつ解いています。

サリー相手にも関わらず、最初は蚊のなくような声だったプチー・・・。
次第に慣れてきて、声の大きさだけはなんとか(多分)合格ラインに
達してきました。

面接の流れがわかってきたため、お決まりの部分はお決まりのパターンで
乗り切れるようになってきました。(簡単な挨拶やカードのやりとりなど)

プチーにとって[慣れること]はとても大切なことだと感じます。
どうってことのないこと、取るに足らないことに対する心構えが
できていてこそ、本番で実力が発揮できるはず、ととにかく
毎日模範練習を繰り返しています。

ちょっとの動揺が命取りとなります。


例えば先日解いた予想問題は[空調設備]についてでした。
プチーはタイトルの[Air Conditioning]をいきなり読めませんでした。

間違った読み方ながらもなんとかモゴモゴとごまかしつつ読み進める
プチーではありましたが、いきなりの知らない単語のおかげで
文章を読む声は普段よりずっと小さく、発音も終始モゴモゴしっぱなし。

挙句の果てには、プチーなら必ず読めるはずの単語[cities](シティー)を
「キティー」と読んでしまい、プチーの頭の中は完全に????状態でした。

設問にももちろんうまく答えられませんでした。


救いは、2004年に二次面接の問題内容が少しかわったことです。

プチーが最も苦手とする[面接カードの文章を見て答えましょう]という
質問がたった一問になりました。

この問題に答えるためには[なんとな~く]ではなく、文章の
該当箇所をほぼそっくりそのまま抜き出すような形で答えなくては
いけません。

と言っても名詞を代名詞にかえたり、質問内容にあわせて、少し
文章をかえたりしながら答えないといけませんのでプチーはなかなか
パーフェクトに答えることができません。

こういういわゆる[中学のテスト]タイプの質問が減ったことは
プチーにとってはとてもラッキーでした。

二問目、三問目は面接カードの[絵]の方を見て答えるものですので
一問目よりは少なくとも少し自由に答えることができます。

四問目、五問目は自分自身に関する質問です。

この週末何がしたいか、とか将来何になりたいか、とか
大体決まったパターンの質問をされるようです。

ですので四問目、五問目に関しては答えをあらかじめ練習しておくことが
可能です。そこでプチーに将来何になりたいか、きいてみました。

「カナダでメイプルの木を植えて、パンケーキレストランをすること」

と言われました。これを英語で説明し、なおかつ面接官の人に
納得してもらうのは、なんとなく難しいような気がして、「他には?」と
きいてみましたら

「う~ん・・・。忍者かな。でも英語でなんて言うんかなぁ。」

と困っておりましたので、カナダの方の話は長すぎるから、忍者の方に
しよう、と提案しておきました。

「"I wanna be a Ninja."でいこう!」

と刷り込んでおきましたが、プチーのことですから
その時の気分でまた適当なことを言ってしまうのかもしれません。



かと思えば「今週末の予定は何ですか?」という質問に対して

"I'm going to a playground with dad."

と平気な顔でさらっと適当に答えてみせて、驚いている様子のサリーに

「ファンタジー、ファンタジー♪」(ただの作り話よ♪)

と笑ってみせたりもします。

英検のことで頭がいっぱいな人に「今度の週末の予定」をきくなんて
野暮な質問だわ、なんて一瞬思いましたが、プチーはとっさに
珍しく機転をきかせたようでした。

何も言わないことが一番よくないから、とにかく作り話でも嘘でも
なんでもいいから、何か言うように、としつこく言って聞かせて
おりましたら、そのあたりの知恵はついてきたようです☆


ちょっと先が見えてきました。

面接カードのテーマによっては、いけるかも、という印象です。
逆にテーマによっては本当にダメかもしれません。
一握りの不合格者の仲間入りをするかもしれません。

あと五日、もうちょっとがんばってみようと思います。

2006.07.03 15:08 | 英検5級4級3級 | トラックバック(0) | コメント(5) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。