スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

バイオリンブームにおされて・・・

英検の二次面接が終わり、すっかり英語から遠のいております。

やっと終わったんだから、という気持ちが強いせいか、どうも
英語と距離をおいてしまいがちです。

英検の準2級に備えて英語のかけ流しなどしておりましたのに
最近ではすっかりかけ流しは[バイオリンの練習曲]一色で
英語の日記、お話作り、ワークブック、すべてさぼっております。

寝る前の読み聞かせのみ続けておりますが、ワークブックは
もう一ヶ月もしていません。(前回の日付を見ましたら10/16と
書いてあって、びっくりしてしまいました・・・)



英語のワークブックは、使い始めてからまだ三分の1ほどしか
進んでおらず、なかなか終わりそうもないですが
バイオリンで今使っている教本はあと二曲で終わります。

そのあたりの心理的な要因もあり、どうも最近バイオリンばかり
がんばっております。

とりあえずあと半月ほどは続きそうな、プチーのバイオリンブーム。

今はバイオリンを伸ばす時、とあきらめ、英語はちょっと休憩です。

バイオリンが次の教本へ無事進んだら英語をまたやろう、と
思っております☆

2ヶ月や3ヶ月のブランクは、プチーの英語力には全く影響しないことを
実証済みですので(この夏、本格的にブランクがあきました)
今のうち、日本語で進めるべく、ピアノの練習や学校の勉強を
頑張っておいて、バイオリンがひとだんらくついた途端
がらりと雰囲気をかえ、英語にぐぐぐっと力をいれよう、と今から
わくわくしております。


あさって火曜日(11/21)は英検の合否発表日です。
今回落ちても一次合格の権利はまだまだ続きますから、ちょっと
リラックスしての、合否結果待ちです。

(一次試験の免除は来年の11月の試験まで使えるそうですので
 二次試験にチャレンジする機会は今回をいれて四回あります。)


と言っても合格していることを願っています。
次回二月の試験は寒そうです!





スポンサーサイト

2006.11.19 20:46 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |

機械音VSなまの音

よく、「機械音はよくない」という話を聞きます。

結局それは機械音には無い周波数の音を聴き取る能力が次第に退化して
しまうから、ということらしいのです。1(違ったらごめんなさい)

機械音というのは再現能力にどうしても限界があり、聞こえにくい音は
はしょって再現しているそうです。

耳はできる限り多くの周波数の音を聞いたほうがよく発達すると
言われていますから、はしょって簡単にしてあるものばかり聴いていたら
当然、はしょられてしまっている細かい音を聴く能力が
失われてしまいます。

というわけで、サリーは読み聞かせのCDなどはあまり使わず
いつも自分でプチーに本を読んでやっていました。
日本語でも英語でも基本的には母親であるサリーの生の声による
読み聞かせを続けてきました。

ピアノはCDで聴かせるのではなく、サリーが演奏して、生演奏を
聴かせてきました。

そして最近習い始めたバイオリン。



・・・ふと気が付いたらCDばかり聴かせています。

あれ?そう言えばサリーは今まで[機械音より生の音]と信じて
ずっと生の音を聞かせてきたはずです。ですけれどバイオリンだけ
どうしてサリーの生演奏じゃないのかしら?




答えは簡単!サリーがバイオリンを弾けないからです!

何の抵抗もなく、CDばかり聴かせています☆
生の音信者でしたのに、サリーったらCDを便利に活用してしまっていました。

サイトのどのページだったか忘れてしまいましたが、サリーはえらそうに

「英語が苦手でも絵本はお母様が読んであげましょう。
 CDなんかを聴くよりも、お母様の生の声の方がお子様の心にも
 響くはず。発音なんて気にしないで。」

というような内容のことを書いていたような気がします。
(もしかしたらもう削除してしまっているかもしれませんけれど)

今思えばなんとも心無い書き方だったなぁ、と反省しています。
サリーは英語を発音するのが好きだからこそ自分の声で絵本を読んでやって
いただけで、別に無理をしていたわけではありません。

ですがバイオリンをまめに弾いて聴かせてやるのは正直言って
無理があります。サリーもプチーのバイオリンを借りて練習したりは
していますが、演奏技術はプチーとそうかわりません。

上手ではありませんから気軽には弾けませんし、こんな下手なバイオリン
ばかりまめに聴かせるのもなぁ・・・、なんて思っていました。

英語の発音が上手ではないお母さんによる読み聞かせを推奨しておきながら
バイオリンが上手ではないお母さん、つまり自分の場合は
生演奏を躊躇したり面倒がったりするなんて、なんとも勝手な話でした。

子供にはさせてあげたいけれども自分は苦手、というような場合は
いくらでもあるかと思います。

一緒に楽しむことができればとても楽しいでしょうから、サリーも
プチーと共にバイオリンの練習をしていますが、自分で気軽に演奏して
やれない以上CDに頼るほか他ありません。

バイオリンの場合何の抵抗も疑問もなくCDを利用していた自分に
ふと気がつきました。

英語の場合も同じじゃないの?と急に思えてきました。

CDでも別に構わないから、英語を聞く機会を充分用意してあげれば
よかったんだなぁ、なんて今更感じました。

もちろんうちではCDなどは使わず、相変わらずサリーが自分で読んでやる
のですが、「自分で読んでやるのはちょっとなぁ。」と躊躇する人に

「いやいや、そのくらいはしてあげましょう。
 恥ずかしがらずに。面倒がらずに。」

なんて無責任なアドバイスをするのだけはやめよう、と
あらためて思いました。




実はバイオリン、苦戦しています。

今までプチーといろいろやってきましたが、こんな挫折感を味わったことは
いまだかつてありません。練習してもしても大してうまくならないプチーに
イライラする事もあります。

ですが更にイライラするプチーを見ていると
サリーが投げ出してしまってはいけない、見放してしまってはいけない、と
感じます。

うまくいかないからこそ、色々な事に気付いたり、初心に戻ったり
調子に乗ってふわついている自分を見直すことができたりしています。

うまくなるまで絶対やめたくない、と、ど根性で挑むプチーを
うまく応援してやりたいと思っています。



[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.06.06 21:28 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(10) |

英語以外のことブログ

今まで英語に限らず色々なことをこちらのブログで書いてきましたが
これからは英語に関することのみにしぼろうと思っています。

もう一つブログを始めました。そちらへ英語西語以外のことを
書いていこうと思っています。

いままで書いてきたそろばんや博物館などの話題もこれからは
あちらへ書いていこうと思っております。

よかったら一度のぞいてみて下さい。

ママが先生☆自宅学習のススメといいます。


どうぞよろしくお願いいたします。

2006.03.26 17:04 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |

上達のための鉄則

誰の言葉だったかは忘れてしまったのですが
随分前のオリンピックメダリストの言葉を記事で読んだことがあります。

なにごとにおいても高いレベルを目指す場合に必要な要素は

  負けず嫌いであること
  高い目標があること
  人のアドバイスを素直にききいれること

だそうです。(うろ覚えです・・・)



負けず嫌いであること、これはプチーはもうすでにクリアできています☆
サリーからの遺伝子で、勝手に負けず嫌いとなってくれました。

高い目標をもたせるためには、単純に、その道で活躍している人の様子を
テレビで見せたり、本で読んで聞かせたり、そのあたりもなんとか
カバーしているつもりでいます。

ところが三つ目の要素「人のアドバイスをききいれる」というところで
随分苦戦してきました。

プチーは負けず嫌いであるが故か頑固で、サリーのアドバイスには
耳を貸さないことがほとんどだったのです。

人の話をきちんと聞かないため、先生のおっしゃることを
聞き流していることが多く、とにかく注意力が散漫でもあります。


そんなプチーの様子が少しずつ変化してきました。

その変化が顕著に現れたのが、ピアノの練習です。
最初から両手ではうまく弾けないので「まずは片手で練習するように」と
何度言っても聞き入れなかったプチーが、少し前から
サリーの指示に100パーセント従い、片手での練習をしたり
うまく弾けないところの反復練習にも応じるようになってきました。


そうしましたら、前回のピアノレッスンの時、通っているお教室の
学院長が真面目な顔をして、サリーに話し掛けてきました。

担当の先生から聞くところによると、プチーは、他の子には無い
可能性を秘めていて最近めきめき上達してきているとのこと。
テクニックを磨くべく、特別なプログラムを検討している、と
聞かされました。

びっくりしすぎて

「いやぁ、普通のでいいですよ~。」

とわけのわからない中途半端に謙虚な返答をしてしまい
あとから思い切り後悔しました・・・。こんな答えでは、先生も
がっかりなさったかしら。

と言っても、サリーは、プチーのピアノはある程度うまくなったら
適当なところで(来年くらいには)さっさとやめさせてしまおう、という
くらいに考えていましたので、もう別に後悔はしていません。

一体どんな特別プログラムだったのかは知りませんが
そんなことはもう気にはしていません☆
(お教室だってビジネスですから、なにかセールスしようと
していただけだったかもしれません!)

サリーが今回感じたのは、このオリンピックメダリストの言葉
「人のアドバイスをききいれる」ということ、とても大切な
ことだったんだなぁ、ということです。

成功した人の言葉には重みがあります。これからもこの三つの鉄則を
忘れないように、プチーとの関わりにいかしていきたいなぁ、と
思います。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.03.01 11:48 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(4) |

プチーの日本語自慢

幼稚園の先生に、プチーの日本語の表現力が豊かだと
誉められました。驚きました。そして安心しました。

実はプチーからは、「自分の説明していることがうまくお友達に伝わらず
悲しい思いをすることがある」と聞いていたからです。

そして、サリーももちろん、自信をもって英語子育てをしているつもりでも
プチーの日本語が遅れてはいないか、英語のせいで何か犠牲になっては
いないか、と常に気をつけていました。

ところが先生から[プチーの表現力が豊かだ]なんてなんとも意外なことを
きかされましたので、プチーが時々、自分の言いたいことをお友達に
うまく伝えられず困ることがあるそうだと伝えました。
すると先生は笑っていらっしゃいました。

プチーは難しいことを説明したり、難しいことを教えてあげるのが
好きなため、大人である先生がきいたらうまく説明できているような
状況でも、相手のお友達が、うまくわかってあげられない、という
ようなことは何度か見たことがある、と説明してくださいました。

そして相手のお友達がうまく理解してくれない時

「なんでわかんないの~?」

とは言わず、ひたすら説明の仕方をかえてみたり、うまく説明できないので
う~んと考え込んだりしているのも見たことがあるそうです。

ですので、プチーが[相手にうまく通じていない]と感じる時でも
それはプチーの説明のせいではなく、相手がわかっていないだけだ、と
断言してくださいました。

ほっとしました。

プチーの日本語を先生に誉めていただいたことにより
英語と日本語の両方を同時に育てることってやっぱり可能だったんだと
とてもうれしく思いました。

サリーはその道の研究者ではないので専門的なことはわからないものの
日本語だけで生活しているから、とか、英語と日本語の両方を使って
生活しているから、ということだけで、日本語の表現能力に
差がでるなんてことはやっぱりないに違いない、とあらためて感じました。

英語で話し掛けてるから子供の日本語がおかしくなるんだ、なんて
誰にも言わせないぞぉ☆
(そんなことは言われたことはありませんが、なんとなく
 サリーが勝手に気にかけていました。でももう大丈夫!今のところは!)

これからも油断せず、プチーの日本語を育てていってやれたらなぁ、と
思います。

何を見ても「びみょ~」とか「すごっ!」とか「かわいい~」とかで
済ますようなことのないように、しっかり目を光らせていたいものです。

日本語にしても英語にしても何よりもまず語彙を増やすために
読み聞かせをたくさんしてやろうと思います☆



[お気楽英語子育て]トップページへもどる



(実は記事ごとにランキングの応援のお願いをするのはやめました。
ですが、左下のリンクのところに、ブログランキングへのリンクを
はっています。万が一、わざわざページをスクロールさせてでも
ランキングをクリックしてあげようという親切なお方がいらっしゃいましたら
是非、ランキングリンクをクリックしてください!
よろしくお願いします☆)

2006.02.20 21:01 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(7) |

ちょっとずれてる?~プチーのかっこいい感

プチーは内弁慶です。そとではいつもモジモジしています。
近所の人、あまり知らない人へのあいさつは蚊のなくような小声
あるいはうつむいて、もぞもぞ・・・。

そんなプチーですが、実際心の中では[目立ちたい]という願望もあるらしく
最近、幼稚園で、お友達の気をひくようなことをしてみたり
している様子です。

自分の特技を披露したり、みんなの知らないことを
教えてあげたり、ということにより、お友達の注目を集めようと
試みているようなのです。

プチーはそれにより

「お~!」

と驚かれたり

「すごいね~!」

と誉められたりしたいようなのですが、今のところすべて
失敗に終わっています。

プチーの「かっこいい♪」とお友達の「かっこいい♪」が
ちょっとずれているため毎回すべってしまう様子。


例えば、プチーは自分の好きな曲をピアノで猛練習し
とても上手に弾けるようになりました。曲のジャンルはクラシックで
しかも全く有名な曲ではありません。

幼稚園へ行き、教室のピアノでそれを披露したそうです。
プチー曰く

「でも、誰も寄ってこなかった。すごいね~、とか言われなかった・・・。」

のだそうです。プチーのピアノがたいしたことないためでも
あるでしょうけれど、ピアノが少々弾けても、それを
うらやましいとか、すごいと思う子供自体が少ないような気がします。

お友達にとってはピアノの演奏など取るに足らないことだということは
ピアノ大好きなプチーにはよくわからないのかもしれません。


またある時は、みんなに中国語の挨拶の仕方を教えてあげたそうです。
プチー曰く

「みんなに『は~?何言ってんの?』って言われて
先生以外、誰もわかってくれなかった・・・。」

のだそうです。いくら中国語がブームとは言え、中国語に興味のある
幼稚園児もまた、少ないような気がします。


人の注目を集めるには、なんといっても[笑いのセンス]が
一番大切かなぁ、なんてサリーは個人的に感じています。

[笑いのセンス]に欠ける両親からうまれたプチーには少なくとも
天性の[笑いのセンス]はないはずです・・・。鍛えるって言っても
サリー自身が[笑い]に鈍感ですのに、一体どうしましょう。

と言ってテレビにお任せする気には全くなれません。
どついて、けりたおして、お笑い番組に暴力や自虐は欠かせませんから
とてもではありませんが、いい影響があるとも思えません・・・。

面白くもないことを言っては「なんでやねん!」と自分でつっこむプチーは
サリーから見たらかわいいですし、楽しいのですが、幼稚園ではきっと
いつもすべりまくっているんだろうなぁ。



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2006.02.13 22:52 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(2) |

古代エジプトの品々

大丸ミュージアムでおこなわれている古代エジプト展
行きました。

プチーはとにかく最初から

「子供のミイラどこ?ミイラどこ?」

と繰り返していましたがもちろん最大の目玉であるミイラは
最後の最後でした。

ほとんど完全なかたちで残っていて、なんだか[てかてか]していて
光沢すらありました。

これが見たくて来たわりには、

「気持ちわるい・・・」と

あまりきちんとは見たがらなかったプチーです。確かに
気持ちのいいものではありません。



本を読んだりテレビでみたりして、少しは古代エジプトに関する
知識があったサリーとプチーではありましたが
ミイラとミイラマスクと宝石類以外は

「ふ~ん・・・」

みたいな感じで一通りみてまわっただけに終わりました。
というのも展示品につけてある名前表示を見てもそれが
何なのかわからないものもあったり、解説文もサリー達には難しすぎました。

今回は初めて音声ガイダンスを借りずにまわりましたので
余計わかりにくかったのかもしれません。

プチーが「あのおじさんの話はむずかしいからききたくない」
と拒絶したため音声ガイダンスを利用しなかったのですが
(吉村さんのことはテレビでみて知っていました)
サリーだけでも聞けばよかったかなぁ、とちょっと後悔しました。

比較的地味な展示内容だったように思います。「お~!」と
誰もが喜べるようなものではなく、エジプト好きの人にしかその良さが
わからない展示内容だったような気がします。

石の壁やタイルに古代エジプト文字[ヒエログリフ]が刻まれたものを
たくさん展示してありました。神の像もたくさんありました。
展示数は充分ですが同じようなものばかりで、ちょっと
物足りなかったなぁ、と印象です。

おみやげ物売り場は楽しめました♪
本は結局面白そうな本が見当たりませんでしたが、
像や小物のレプリカがたくさんあり、どれにしようか随分悩みました☆

結局[エジプト遺跡発掘キット]という子供だましですが
楽しそうなものを買ってきました。

砂状のものでできた岩の塊を、付属のノミやブラシで削り
中に埋まっているフィギュアを取り出すというものです。

今プチーが横で砂煙の中マスクをしながら掘っています。
(でもこれは外でやった方がよさそうです。工事現場並みの砂埃です)

サリーにとって少し物足りなかった古代エジプト展ですが
プチーの反応はまぁまぁでしたし、とりあえず満足☆です。

いまからまたエジプトの本でも読んで聞かせてやろう。


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2006.01.24 15:45 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(4) |

古代エジプト展

大阪梅田の大丸ミュージアム・梅田で2006年1月に開催される
古代エジプト展、楽しみです!

あまり新聞にすら目を通していないサリーですが昨日たまたま開いた
夕刊に広告が載っていて、プチーとともに大喜び♪♪♪

コンビニで前売り券が購入できるそうなので、前売り件を是非手に入れて
いってきま~す。

この[古代エジプト展]では[ドイツ・ヒルデスハイム博物館]から
110点ものミイラやミイラマスク、棺や副葬品などが展示されるそうです。
 
テレビなんかでみる黄金製品の数々を生で見る事ができるなんて☆

吉村作治 エジプト博物館で古代エジプトのことをちょっと
復習してからいきたいと思います。

プチーがすでにエジプトに関する本を二冊持っているので
<チャプターブック[シリーズ展開]>のページでご紹介している
 マジックツリーハウスシリーズ [Mummies in the Morning] と
 その付属解説本です)
またそれも読み返さなくっちゃ、と、おお張り切りのサリーです♪


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.12.21 11:03 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(2) |

冬は読書の季節

ここのところ、外はビュービューうなるような風が吹き
プチーは「台風だ!」とこわがって、家にこもりきりになっています。

もちろん幼稚園へは毎日通っていますが、冬休みを目前にひかえて
午前保育となりました。幼稚園から帰宅後、外で近所の子供達の遊ぶ声が
聞こえても、飛び出していくこともなくなりました。

プチーは雷や強風が嫌いなのです☆
[ゴロゴロ~]とか[ゴォ~]とかいう音がこわいのです☆

お昼前に幼稚園から帰ってこれるし、外で遊ぶ気がしないし、というわけで
家でゴロゴロする時間が大幅に増え、毎日ご機嫌のサリーです。

読み聞かせの時間をまた確保できるようになってきました。

削られていた読み聞かせの時間をまず最優先にとるように
心がけ始めてまだ一週間たっていないと思いますが、早速プチーも
床にゴロゴロしながら自ら本を開くようになってきました。

なつかしいなぁ。以前もこうして暇さえあれば床に本を広げて
読んでいました。忙しくなるにつれ、こういう時間が減ってきていましたが
サリーが読み聞かせの時間を増やすと、プチーが自分で本を開く機会も
自然と増えました。

そして、うれしいことに、読んでいます!年長の冬にしてようやく
本格的に自分で英語の本を読み始めてくれました。
(と言っても今までなにごとにおいても一進一退できていますから
油断はなりませんけれど)

しかも物語ではなくて、どう考えてもちょっと難しすぎる
小学生向けの天体の本を読んでいます。今星に興味があるから、という
ただそれだけのことですが、その本は、絵がきれいだから
宇宙の絵を眺めるために、と思って購入した本なので、文章は
とんでもなく難しいのです。(しかも英語です)

しまった!早くもっと読みやすい、星に関する本を用意してあげなくては。
いつまでもその難しすぎる本を読ませておくわけにはいきません。
きっとそのうち、嫌になってしまうはずです。

今はその本をプチーが音読し、サリーは間違った発音をなおしてやったり
意味を教えてやったり(もちろん辞書も手離せません)しながら
読み進めています。


今だ!という時にプチーが読みたそうな本を準備するのは
サリーの重要な役目です。星、星座にまつわる本探し開始です。

ちなみにチェスに関する本はとてもよいものを見つけて
少しずつ読んでいます。本についてはまた後日サイトでご紹介できるように
今準備中です☆

プチーとの時間が増え、うれしい反面、自分の時間が減り
ブログも三日ぶりの更新です・・・。
サイトの記事ももう一週間も更新されずにおりますが
ぼちぼち記事を書いています。サイトへも時々お立ち寄りいただけると
うれしいです。


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.12.15 10:48 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |

将来の夢(年長編)

今日、プチーの幼稚園の参観日でした。

将来の夢、というタイトルでそれぞれの子供達が描いた絵が
壁に貼ってありました。

プチーの将来の夢は

「ダイナソー」

・・・・恐竜好きなプチー、とうとう将来の夢まで
恐竜になってしまいました!

しかも[恐竜]ではなく[ダイナソー]と書いてあるあたりがまた
プチーらしい・・・。

ちなみに年中時代の[将来の夢]についてブログに書き残していたのを
見つけましたのでよかったらみてみてください☆

[将来の夢](2005.2.21)

サリーも自分で読んでみて、こんなこともあったなぁ、なんて
懐かしく思いました。

ブログっていいなぁ、としみじみと感じてしまいました。
年長ともなるとわざわざ育児日記をつけるのは
どうも面倒くさくて続かないような気がします。ですが
パソコンへタイピングで書き込むと、ノートにペンで書き込むよりも
はるかに早く書き込めますから、こんなサリーでも続けることができます。

そしてつくづく、このブログって本当にサリー自身の
独り言の域をでず、こんなものを公開している自分が笑えちゃいます☆

今日初めて読んでくださっている方、わざわざ読んでくださって
ありがとうございます。

そして、万が一リピーターの方がいらっしゃいましたら
こんな主婦の独り言を何度ものぞきに来て下さってありがとうございます。

これからもこの独り言は多分、ずっとずっと続けていくつもりに
しております。

これからもよろしくお願いします♪





こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.12.12 22:37 | 英語以外の教育関係 | トラックバック(0) | コメント(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。