スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

イギリスの作品ってこんなもの?

Mary Poppins(メリーポピンズ)を読み聞かせ終わりました。

映画がとにかく好きで、原書を読んでみたいと思いました。


イギリス英語であることも最初から承知の上でしたし、変なジョークが
多そうなので覚悟はしていましたが、やはり読みにくかった!


プチーは何とか話の流れはつかめているようでしたが、きっと
細かいジョークはほとんどわかっていなかったのではないかと思います。

正直言ってやはりあの感覚、サリーにもよくわかりませんでした☆

英語の表現も、単語は別にそれほど難解ではないのですが文章のつくりが
少し複雑で、聞こえてくる音声だけに頼って理解するには
とてもむずかしい作品だったようです。


というのも、とにかく文章が長いのです。例えばこんな風です。(↓)

サリーはプチーに毎晩寝る前に、と言っても寒すぎる日も暖かい日も
あったのですが、この本を読み聞かせ、そしてもちろん寒い日は
毛布を一枚増やしたりしながら、プチーとのそのベッドの上での
楽しいひとときをすごすのが日課で、これはほぼ一月以上
いえきっとそれ以上(サリーには長く感じた)続いたのではないかと
今思い返せば思えてくるのでありました。

みたいな感じです☆

サリーは手元に本があり、[,]や[-]が見えていますから
どこで文がきれているのか、どの部分が挿入句なのかわかりましたが
サリーがいくら工夫して読んでやっても、プチーにはわかりづらかった
はずです。


もちろん、百パーセント楽しめなかったのは、自分達の英語力のなさが
一番の原因なのですが、それにしてもなんともあの、おもしろいんだか
おもしろくないんだかよくわからないようなジョークは
笑うに笑えませんでした・・・。

もちろんプチーといっしょですから、精一杯楽しんだり
楽しんだ振りをしてみたつもりではありますが、原作より映画のほうが
やっぱりいいなぁ、なんてあらためて感じました☆


久しぶりに大作を読み終え、少々疲れてしまいました。

次はもうちょっと単純な、読みなれているシリーズでも読んでやろう♪



[お気楽英語子育て]トップページへ

スポンサーサイト

2007.05.02 11:39 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(8) |

イースター♪

4月8日はイースターです。プチーは一日中ずっとウサギのカチューシャを
かぶっておく、と張り切っています。

エッグハントはしませんしイースターエッグ作りもしませんが
(一度試して懲りました)クッキーハントだけはするつもりです。
クッキーハントというのはサリーが勝手に考えたものですので
そんなことをするのは我が家だけだと思いますが、卵のかわりに
クッキーを隠します♪(なんて手抜きでしょう・・・)


アメリカでは色々催しものがあるようです。
ホワイトハウスのエッグロール(かなり盛大な様子です)
ニューヨークのイースターパレード(こちらの規模は小さめ)など
インターネットがあるのでアメリカの様子も写真や動画で
詳しく知ることができます☆


今年のイースターのための絵本[Corduroy's Easter Party]でもそうでしたが
イースターの時はどうやら帽子(かぶりもの)をちょっと工夫して
出かけると面白いようです☆


動物や植物のついた帽子をかぶったり、イースターバスケットそのものを
かぶって行ったり、みんな遊び心満点です。




なにやらイースターエッグばかりが集めてあるページも見つけました。
ひとつ、とっても繊細できれいな、宝石箱のようなイースターエッグが
欲しいなぁ・・・。

2007.04.08 07:02 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(5) |

エピファニーのガレットデロワに憧れて

今年もいきなり[ガレットデロワ]をすっとばしてしまいました。

今年こそはフランス系のケーキ屋さんでこのケーキを購入し
一度プチーと一緒に[素敵なエピファニーの日]を体験しようと
楽しみにしていたはずですのに、クリスマスツリーを片付けるのに必死で
ケーキのことはすっかり忘れていました。



昨日、一月六日はエピファニーと呼ばれる日でした。

三人の賢者がキリスト生誕を祝い、贈り物を持ってベツレヘムへ
やって来て、ようやくキリストのもとに到着した日と言われています。

そしてこの日は、クリスマスツリーを片付ける日でもあります。


ネットサーフィンをしていると、ヨーロッパではこの日に
ケーキを食べてお祝いする国が多いらしく、サリーもちょっと真似してみよう
と思っていたのです☆

[ガレットデロワ]の中にはお人形やコインが隠されていて
切り分けた時、そのオマケ入りのケーキにあたった人は
その日一日王様になれるそうです。

市販の[ガレットデロワ]にはわざわざ紙製の王冠までついているそうで
是非試してみたいと思っていましたのに、あっさりすっかり忘れていました。


と言っても今朝(1/7)の七草粥も忘れるくらいですから
今年はもうちょっと行事に気を付けて、節目節目のお祝いをきちんと
やっていきたいなぁ、なんて思います。

世界各国のメジャーなお祝い事やならわしを集めたカレンダーか何か
あると便利なんだけどなぁ・・・。

月の初めにその月の行事をチェックするように習慣づけることができれば
いいのですが、そんなまめなこと、今更できるはずもなく・・・。



本年のテーマは[食と笑顔]です♪

(英語に何の関係もありませんのでわざわざ披露する必要もございませんが
いかに英語が生活の隅へ押しやられているかを象徴しているので
そのあたりを感じていただけたら幸いです☆)

英語は、コツコツ読み聞かせ、を頼りにやっていくつもりです。
小1ですがまだまだ読み聞かせが大好きな甘えん坊のプチーが
自力で楽しく英語の本の読書を楽しむ日は来るのでしょうか。

どうぞこれからも、プチーの様子を時々のぞきにいらしてください♪



[お気楽英語子育て]トップページへ



2007.01.07 12:43 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(0) |

英語保育幼稚園の子供達

大阪天満のキッズプラザ大阪のベンチに座っていると、横から

「オープン、プリーズ」

という英語のようなものが聞こえてきました。サリーはてっきり
日本人のお父さんが、少しでも我が子に英語を聞かせてあげたくて
英語で話し掛けてあげているのだと思いました。

その発音といい、イントネーションといい、日本人による英語にしか
聞こえなかったためです。

どんなお父さんか、ちょっとお顔を拝見♪、と思いのぞいてみると
白人のお兄さんでした。

となりに日本人のお姉さんもいて、おそろいのポロシャツ(体操服?)を
来ています。四人ほどいる子供たちもみんな体操服姿で、どうやら
幼稚園から遠足か何かで来ているようでした。

三歳くらいの子供たちばかりで、みんなでベンチでジュースを
飲んでいました。聞こえてきた

「オープン、プリーズ」

というのは、ジュースを開けて欲しいと無言でペットボトルを差し出す
子供に言わせたくて外国人の先生がおっしゃった言葉だったようです。

その後プラスチックの板をどんどんとたたきまくる子に対して
その子の名前を何度か呼びました。
どこかへ行ってしまいそうな子に対しても、その子の名前を呼びました。
そして無言で手を出す子に対して

「ジュース、プリーズ」

と言いながらジュースのボトルを渡してあげていました。
そして最後に「レッツゴー」と言って行ってしまいました。

その間、五分以上はありました。



同じベンチに身を寄せ合って座っていましたので、ささやき声でも
聞こえそうな距離でしたが、その外国人の先生と日本人の先生の
口から聞こえた言葉は(日本語、英語、あわせて)

「オープン、プリーズ」(外国人の先生)
「ジュース、プリーズ」(外国人の先生)
「レッツゴー」(外国人、日本人、二人の先生そろって)

だけでした。子供たちは終始無言で、日本語で会話しない代わりに
英語でも全く会話しませんでした。先生同士の会話もありません。
先生と子供の会話もありません。子供同士の会話もありません。

何かあっても、先生方も子供の名前を呼ぶだけ。

"Stop it!"
"Don't go."

というくらいの最低限の短い英文も結局聞こえてきませんでした。

女の先生はきっと保育士さんです。ポロシャツに書いてあった
学校の名前で検索してみましたら、その学校はホームページをもっていて
そのホームページ上で、「英会話のできる保育士」を募集していました。

どうやらあまり英会話が得意ではないようでした。ですが日本語禁止なのか
同僚の外国人の先生に対しても、子供に対しても、全く話しかけません。

「危ないからね」とか「静かにしようね」とか、ちょっとした日本語も
全く話しませんでした。日本語禁止でなければ不自然すぎるくらい
全員そろって無言でした。

(何かのバツゲームで日本語禁止になってしまった時のような
 不気味な沈黙でした。)

この子達に「ハロ~」と話し掛けたら「ハロ~」って言ってくれるのかな
なんて興味がわいてきましたが、きっと絶対、何も言ってくれないような
気がして、結局話し掛けませんでした。

あの子達は一体週に何時間くらいをあの英語保育の幼稚園で
すごしているんだろう、と気になりました。
みんな驚くほど何も言わないのも気になりました。

先生も名前を呼ぶ以外はほとんど何も言わないのは

「どうせ言ってもわからない」

というあきらめでしょうか。さみしい先生です。もっと話し掛けて
あげるべきです。あれではただ単に時間をつぶしているのと同じです。

キッズプラザで何時から何時まで遊ぶ、と決まっていたはずです。
その、終わりの時間が来るまでなんとかただ時間が過ぎるのを待っている
だけのように見えました。

しかもキッズプラザはどちらかと言うと小学生向けで、あれほど小さい子が
遊ぶものはあまりありません。全く無いわけではありませんが
親がつきっきりで色々させてやるならともかく、あそこまでほったらかしでは
うろうろしに来ただけ、という感じです・・・。

日本人向け英語保育幼稚園ってまさにピンからキリまであるんだなぁ、と
思い知りました。(たった五分、様子を垣間見ただけの印象です)

大きなお世話ではありますが、あの外国人の先生、日本の子供たちの
能力を見くびっています。もっと話し掛けてあげればもっともっと
色々吸収して、子供なりに英語力を磨いてくれるはずですのに
全く話し掛けもしないなんて失礼な話です。

テンションも低すぎます。先生はエンターテイナーであるべきですのに
あくびがでそうなけだるさがただよっていました。

その幼稚園へ子供を通わす保護者でもありませんのに、ひとことなにか
言ってやりたい気持ちになってしまいました。

園内ではどんな風にすごしているのかなぁ・・・。




[お気楽英語子育て]トップページへ戻る

2006.06.26 09:41 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(10) |

結局みました[チャーリーとチョコレート工場]

なんだか気になって仕方がないので
[チャーリーとチョコレート工場]のDVDを結局プチーと一緒に
みてみました。

プチーはやはり

「ここは本といっしょだ」

とか

「前の(古いほうの映画)と違うね」

とか色々比較しながらみていました。


映像は確かに古いほうの映画より随分と鮮やかで垢抜けていますし
CGもうまく取り入れてあり、みやすく仕上げてあります。

ですが、ウィリー・ワンカのイメージとジョニー・デップの
イメージがかけ離れていて、なんだか違和感がありました。
あの癖のある演技も、気になります・・・。

原作にはでてこない、ウィリー・ワンカの子供の頃の話は
面白かったので、サリーは気に入りました。


結局、ジョニー・デップがいなければ、大好きになったであろう
この映画ですが、プチーは思いのほか喜んでみていますので
映画をたっぷりみた後にまた原作を読んで、映画と比較したりして
楽しめたらなぁ、と思います。



☆お気楽英語子育て[トップページ]へもどる

2006.02.24 21:05 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(2) |

ハウルの動く城

最近、映画[ハウルの動く城]のDVDを毎日のようにみています。
プチーのお気に入りのキャラクターは[マルクル]という男の子。

主人公ハウルの弟子で
marukuru
↑こんな風にマントをかぶって変身(変装)する姿がなんとも不思議で
面白く、プチーったらこのマルクルの話し方を真似して喜んでいます。

あまり毎日みていてちょっと飽きてしまったサリーは先日

「今日は英語でみてみよう☆」

とプチーを誘ってみました。するとプチーも興味本位からかあっさり
承諾しましたので、早速英語音声でみてみました。

ところが英語音声ですと声のイメージも全然違いますし
(ハウルの声も、かっこいいキムタクの声とは似ても似つかない
低くて暗い声でした。これにはサリーもがっかり・・・)

そしてサリーの英語力のせいなのか、英語と日本語との違いなのか
よくはわからないのですが、どうも日本語の細かいニュアンスが英訳に
うまく反映されていないような気がして、もの足りなく思えました。

プチーは英語音声でみる前に散々日本語でみていましたから

「セリフが違う!」

とかなり多くの場面で両言語のセリフの違いを指摘していました。

結局「やっぱり日本の映画は日本語でみるに限るね☆」
という結論に達しました。

アメリカの映画は英語で、日本の映画は日本語で、という考えを
ますます定着させることができ、サリーも満足♪



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2006.02.02 22:27 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(0) |

サンタからの手紙を読むプチー

英語の文を自分で読むのは気が向いた時だけのプチーですが
プレゼントと一緒に添えておいたサンタさんからの手紙は
熱心に音読していました。

朝起きてすぐプレゼントに気付き、でも"mom!!!"と見せに持ってきたのは
手紙の方でした。

"Look! It says Santa!"

とちょっと手書き風にも見える筆記体の[SANTA]の文字を指差し
見せてくれました。


この手紙、以前ブログでご紹介していたアメリカのサイトから
プリントアウトしてつくったものなので、実はプチーにばれてしまわないか
ドキドキしていました。

プリンター用紙がもちろんいつもと同じですし、インクの感じとか
何かが原因でピンときたらどうしよう、と心配だったのです。

もしばれたら、サンタさんも同じプリンターなんだろう、と
変な言い訳をしようと思っていましたが、そんなことに全く気付く気配は
ありません☆

よかった♪

しかもこの手紙は、プレゼントをお願いする手紙に対する返信
という設定ですので、プレゼントに添えてある手紙としては
ちょっとおかしい文脈なのですが、幸か不幸かそんなことにも気付いては
いません。

もっと早くプリントアウトして封筒に入れ、自宅の郵便受けに
忍び込ませておくはずが、すっかり忘れていたものですから
プレゼントに添えておくこととなりました。

段取りも悪く、最後の最後にばたばたと準備をした割には
うまくいきました。

いつまでプチーはこんなことにつきあってくれるのかしら。
いつまでも信じていて欲しいなぁと思ってみたり
いつまでも騙しつづけるのはなんとなくいやだなぁと思ってみたり。


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.12.25 14:37 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(0) |

クッキーの準備OK

お待ちかねのクリスマスイブがやってきました!
クッキーと牛乳の準備もばっちりです☆

あとは今晩遅くサンタさんがきちんとやってきて
ちゃんとクッキーをたいらげ、プレゼントを置いていってくれるのを
待つだけです・・・。

というわけはもちろんなくて、夜中にサリーがごそごそ起き出して来て
クッキーと牛乳を片付け、プレゼントを準備しなくてはなりません。

今年のプレゼントはサンタさんからの手紙付きです。
喜んでくれるかなぁ。

さぁ、今夜は目覚ましを4時頃にセットし眠りにつきます。

わざわざ早朝に仕込まなくても、夜仕込めばいいのですが
プチーが時々夜中にトイレに起きるので、念のため
明日朝早起きして(もちろんまた寝ますけれど)
サンタさん工作をしようと思います♪

MERRY CHRISTMAS☆



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.12.24 19:09 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(2) |

ジュラシックパーク

恐竜好きなプチ-がとうとうジュラシックパーク(映画)の存在を知り
是非みてみたいと言い出しました。

サリーはこの映画を映画館へ観に行きましたが、こわくてこわくて
何度も席をたって退場しようかどうしようか迷ったのを覚えています。

決して子供向けの映画ではないような気がしていたのですが
プチ-がどうしてもとせがむのでレンタルビデオ屋さんで
かりてきました。

プチ-が、[音声は英語で、字幕は無し]で楽しみたい、というものですから
サリーもその状態でみたのですが、英語がうまく聞き取れず
二人ともストーリーがよくわかりません・・・。

ですがサリーは大人ですから、なんとなくもうすぐ
嫌なことが起こりそうとか、こわいことになりそうだ、とかいうことが
わかります。

"Be careful. Something bad will happen."

とプチ-に心の準備をするよう呼びかけつつ自分自身も
常にハラハラドキドキ。プチ-は何か驚いたりおかしかったりした時は
サリーと顔を見合わせ、その時の気持ちを共感することが
好きなのですが、今回はサリー自身にとにかく気持ちの余裕がありません。
プチ-がこちらを向いていることがわかっていてもテレビの画面から
目を離すことができず、食い入るようにみてしまいました。

この映画、家でみてもやっぱりこわい・・・。

プチ-はと言うと

「この恐竜、辞典でしらべてみよう。」

とか言いながら、辞典を開いたり

「大丈夫、この恐竜には歯がないからきっと肉食じゃないよ。」

なんてこわがるサリーをなぐさめてくれたり
不思議な楽しみ方をしていました。

プチ-って本当に恐竜が好きなようです。

見終わった途端

「ツー(TWO)もあるんだよ~。」

と言われましたが、思わずうんざりしながら

「へぇ~、そうなんだ~。」

とながしてしまいました。まさか[ツー]も是非みたい、と
思っているのでしょうか。サリーはこの映画、あまり好きでは
ありません・・・。

こわすぎて肩がこってしまいました。



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.11.27 21:07 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(1) | コメント(2) |

サンクスギビング

ハロウィンが終わったと思ったらなんだかあっという間に
サンクスギビングデイが来てしまいました。

今朝、今日がサンクスギビングだということにハッと気が付き
プチ-が幼稚園から帰ってくるまでに、と
あせってネットで必死で検索をかけました。

とりあえずサンクスギビングディナーがどんなものであるか
写真だけでも見せてやらなくては、と思い
ターキーの丸焼きの写真をみせてやりました。

たったひとこと

「YUCK!」

ですまされてしまいましたので、がんばってつくらなくて良かった!と
ちょっとほっとしたサリーです。

週末にサンクスギビングレシピを参考に
プチ-と何か楽しくつくれたらなぁ、と思います。

ワークシートはabcteachで見つけました。サンクスギビング系の単語は
サリーも知らないものが多くありました。
まだまだサリーにとってもサンクスギビングは身近なものとは
言えないなぁ、と感じました。

土曜日にサンクスギビング料理を食べたら
早速次の日にはクリスマスツリーを出さなくては!

ハロウィンとクリスマスにはさまれ
いつも軽~くすまされてしまう、かわいそうな我が家の
サンクスギビングデイ。



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.11.24 21:12 | 英語に関するたわいもないこと | トラックバック(0) | コメント(2) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。