スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

英検合格の喜びをクラスメイトと共有・・・

プチーのクラスでは、[終わりの会](下校前のホームルーム)で
それぞれが、困ったこと、うれしかったこと、など何でも発言しても
よいことになっています。

ほとんどいつも他のクラスメイトに対する苦情大会になるらしく

「○×君にたたかれた」

とか

「△☆君がちゃんと給食の後片付けをしない」

などの発言が多いのだそうです。しかもそれを取り仕切るのはその日の
にっちょくさんです。先生ではなくて子供が司会をしますから
そのあたり、この[終わりの会]がどれほど機能しているのか
サリーはよく知りません。

「おうちでお兄ちゃんにたたかれた」

という発言の時は、さすがに横から先生が

「家庭のことは家庭で解決するように」

と口をはさんだ、ということらしいのですが、よほどでない限りは、全て
子供達の自主性に任されている様子です。



このような無秩序な会で、プチーが、英検に合格したことをみんなに
報告したい、と言い出しました。

先日合格証書が届き、喜びも新たにしているところです。


・・・・う~ん、どう言っていいのかわかりませんが、なんとなく
どう考えても、そんなことを[終わりの会]で報告し、プチーが
いい思いをするとは考えられません。

わぁ、すごいね~、よかったね~、とみんなにうらやましがられたり
誉められたりすると思っているのでしょうか・・・?(あまいっ!)


そんなことを報告している子が他にもいるのかどうか
プチーにたずねてみました。

そんな子はいないそうです。

そりゃそうでしょう・・・。


サリーなりに知恵をしぼって、プチーに言いました。

「[終わりの会]は、みんなの役に立つような事柄を
  分かち合う時間なんじゃないかな。

  クラスをよりよくするため、とか
  体の調子をよくするため、とか
  漢字が上手になるため、とか
  何か、他の人の役に立つようなことだったら
  個人的なことでも是非みんなに教えてあげたらいいと思うけど
  英検合格の話をして、誰かの役に立つかなぁ?」

プチーは首を横に振りました。それが誰の役にもたたないことは
わかっている様子です。ただ、うれしいからそのうれしさを
みんなで分け合うためだ、と主張しますが、そんな喜びを
分かち合うことって、できるのかしら?

プチーは、自分はそういう話を聞くのが好きだから大丈夫だ、と言いますが
みんながみんな同じような考えとも限らないから、と釘を指しつつ
その話はとりあえず、そこで終えました。



サリーは内心、きっとそんな大勢の子供達の前で自分の自慢話をする勇気は
プチーには無いだろう、と思っていました。

したいけれどできない、というのが現実だろうと思っていたのです。



ところがそんなことはありませんでした。

次の日、下校後、サリーの顔を見た瞬間プチーが

「誰も聞いてくれなかった・・・。」

とその日の[終わりの会]の報告を始めました。



プチーはなんと本気で[終わりの会]の時に手をあげ、英検合格の
話をしようとしたそうです。

挙手し、見事、にっちょくさんにあててもらいました。

プチーなりに、ちょっと遠慮があったのか

「おうちでのことだけど、発表してもいいですか?」

とお伺いをたてたそうです。

その時点でもう、聞いていた他の子供達は退屈したらしく
他の何人もの子供達の手が一斉に「はい」「はいっ」「はいっ!」と
あがり、プチーがその先を言う前に、他の子に発言権が移ってしまった
そうです。

プチーは何も言わずに座ったそうです。

英検の話をするところまでもたどり着きませんでした☆


先生も、いちいち

「ちょっと待って。まだ発言が終わっていませんよ。」

なぁんて、割って入ってくださるわけもなく、そのまま
どどどぉぉ~っといつもの調子で(どんな調子かよくわからないものの)
[終わりの会]も終了したそうです。



プチーにはいい勉強になったものと願っています。
言いたいことがあるのであれば、その時点で

「まだ、私の番、終わってません!!!!!」

と主張するべきです。それができないプチーですもの、サリーも
フォローのしようがありません。


プチーのがっかりした気持ちは受け止めてやったつもりですし
言いたいことがあるのであれば大きい声で主張しないと、誰も自分の
言いたいことなど聞いてはくれない、と教えてやりましたが
プチーはちゃんとわかってくれたかしら。

何せサリー達、普段はいつも二人きりで仲良く静かに暮らしております。
(家族は三人ですが、ほぼいつもサリーとプチーと二人きりです)

大きな声で主張するべきことがなかなか無いだけに、このようなことは
プチーの最も苦手とすることです。(サリーもですけれど)



それにしても、「英検に合格しました」なんて言う報告
しなくてよかったよ、と思っております。

「だからなに?」の骨頂ですもの・・・。



プチーは、英語力を評価される場が欲しいのかしら。
仲間がいない状態で英語を続けるのは限界なのかしら、なんて
ちょっと気の毒にも思いました。

子供にとって、自慢する、とか、得意になる、ということ
とても大切な要素であると思います。

適度に競ったり、張り切ったり、自慢したりする機会がないと
張り合いがないのかもしれません。



もちろん[終わりの会]で自分の英検合格を発表しようなんて
いうことを思いつくこと自体は自分本位で身勝手な考えかも
しれませんけれど。



四枚たまった英検の合格証書は並べて壁に貼っています♪
プチーは寝る前に合格証所に「チュッ☆」としてから寝ます。



次回はいつ受けるんだろうなぁ。
(懲りているはずですのに、なぜか待ち遠しい・・・・)



[お気楽英語子育て]トップページへ


スポンサーサイト

2006.12.16 11:53 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(8) |

英語力の偏り

英検の二次試験にはなんとか合格できましたので、今更、という感じでは
ありますが、ちょっとひっかかっていることがあります。

それは、二次面接試験でのプチーの音読が最低点である[一点]だった
ということです。

英検の二次の点数には[ゼロ点]がありません。(多分、ですけれど)

どんなに出来が悪くても[一点]はもらえます。と言うことはプチーの
この[一点]はまぎれもなく最低点で、よっぽど音読が
[下手!]だった、ということなのでしょう・・・。


・・・と言っても、いくらギリギリとは言え、プチーには
これでも(いちおう)英検の準2級の一次筆記試験をなんとか合格できる
くらいの[読む力]があるはずです。

制限時間内にあれだけの文章を読み、問題に答えたわけです。

ですのに、どうして音読で最低点をとってきちゃうのかしら
と、なんとも不思議な気がします。



緊張していたのかな、とか、声が小さかったのかな、とか
色々想像はしているのですけれど、それにしても
ひどい点数です☆




一転してQ&Aでは、案外、点をとってきています。
問題が聞き取れなかったから適当にしゃべった、という割には
ちゃんと点がもらえています。




準2級での点数の配分をみていてつくづく
プチーの英語力には偏りがあることを感じました。

不得意な分野ではほとんど得点がとれず、一方得意な分野で
点を稼ぎ、不得意な分野の穴埋めをします。



一次試験の場合、不得意分野は何と言っても並び替え問題。
得意分野はリスニング問題。

二次試験の場合は、不得意分野は音読問題。
得意分野はQ&A問題、という具合です。


文法と読みが苦手で、リスニングとしゃべりが得意、という
感じかしら。そう考えると、年少受験者としてはごくごく自然な
点のとり方なのかしら、と開き直ってみたり・・・。


プチーの声は<一年生のプチーの日記>のページで聞けますので
もしよかったら二次面接試験の音読で最低点をとってしまった
プチーのとほほな音読をお聞きください♪
(クイックタイムが必要な上、ページが開くのに時間が少々かかります)



[お気楽英語子育て]トップページへ戻る


2006.11.23 19:40 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(8) |

英検準2級合格できました

本日午後四時前から英検のホームページで合否閲覧が始まりました。
プチーの合格を無事確認いたしました☆

今回の英検準2級の合格点は19点(いつものことですが)で
プチーも余裕をもって合格できていました。

ただ、音読は五点満点中[一点]でした!

上手く読めなかったんだねぇ、とひやかしましたら、えへへと
笑っておりました。

今回は一次試験に合格したこと自体がとんでもない驚きで
二次面接にはたとえ合格できなかったとしても、気分的にはすでに
充分満足でしたので、逆に二次に合格しているとわかっても
「やった~!」とガッツポーズをしただけでした。

2級も受けたいなぁん♪と甘えた声をだしておりました。

早速2級の話をしているあたりが、プチーはまだまだ子供です・・・。
2級がどれほど難しいか、なんて全く考えていない様子です☆



ですがひとまず、英検受験は休憩することにいたします。
去年の秋に5級を受けてから、結局毎回欠かさず受験してまいりましたが
無事に準2級に合格でき、ひとだんらくつきました。

今まで一年間、サリーの右往左往、一喜一憂にお付き合いくださった
みなさま、どうもありがとうございました!


この先もちろん英語自体は続けるつもりですが、英検は受けずに
のんび~り(つまりさぼることも増えると思います)続けて
いくつもりです。

これからもどうぞよろしくお願いします♪


2006.11.21 20:36 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(8) |

英検準2級二次面接へ行ってきました

英検ともこれでおさらばしたい心境です☆
いよいよ二次面接も本日終了いたしました。

受けたくて受けているとは言え、なんだか肩の荷がおりました♪
今回不合格でしたらまた二月に受験させるつもりではおりますが
どうかどうか、合格していますように。


本日は朝一番の受験だったためか会場側の手際もわるく、質問するたびに
違う答えがかえってきますし、どこへ行くべきかもわかりませんでした。

面接からなかなか帰ってこないプチーが心配で、面接の出来具合というより
迷子になってどこか違う所へ行ってしまわないか、その方が不安でした。


受付の横でプチーの面接の終わるのをひたすら立って待っておりましたら
不安そうな顔で廊下の角を曲がり覗き込むように顔をのぞかせたプチー。
無事帰ってきて安心しました☆
結局やはり校内で迷ったようでした。

どこへ行ったらいいのかわからず、ウロウロしているところを
誰かに声をかけてもらい、なんとか帰ってきた、ということでした。


面接の方は、第四問目も第五問目も何をきかれているのか
理解できなかったそうです。英語が上手く聞き取れなかったそうで

「だって外国人じゃなくて日本人の英語だったから」

なんてなんとも偉そうな、とんでもないことをのたまっておりました。
まぁ、肩をがっくり落として帰ってくるよりもいいのですけれど☆

偉そうな事を言うプチーをたしなめているくらいがちょうどいいわ、と
とにもかくにも、終わってホッとしているサリーです。


合否閲覧サービスは11月21日夕刻スタートするそうです。

二次試験の結果はあっという間にでるんだった~!(ドキドキ)


2006.11.12 14:46 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(7) |

ブロークンイングリッシュで挑む英検準2級二次面接

英検準2級の二次面接試験を明日に控え、今日も何題か、過去問題や
予想問題を解きました。

プチーは一度、3級の時に二次面接を体験しているせいか、今回
全く緊張感がありません。

サリーも、一次試験に合格したこと自体がうれしすぎて、なんだか
二次面接なんて、一度や二度落ちてもいいやぁ、というような心境です。

親子ともにかなり浮ついた調子です。


とにかく今回は「しゃべりすぎるくらいしゃべるように」と
プチーに言って聞かせているため、プチーも、各設問ごとに
多分[量]と言う意味では充分であろう、というくらいは
しゃべります。

(もちろん内弁慶のプチーのことですから本番でどれほど話せるかは
 全く検討もつきません)


ですが調子に乗れば乗るほど、おかしな英語を平気で口にします。

副詞節の中に更に副詞節が入ったような、文法的によろしくない文章を
だらだらとしゃべりつづけたり、明らかに語順が[日本語の語順]に
なってしまっているような文章をしゃべったり。

ざっくりと[コミュニケーション]ととらえるのであれば、あれでも
いいかもしれませんが、資格試験として、果たしてどの程度の
[めちゃくちゃ]英語が通用するのか、ちょっと興味があります。


3級の二次面接の結果をみる限り、採点の基準がかなり甘いのは確かです。
3級の時のQ&Aの点数はほぼ満点でしたから、今回ももしかしていけるかも
とちょっとサリーも[期待]してしまっています。

それと同時に「ここまでひどいと無理かな?」と言う不安もあります。



[お題]によっては、プチーは絶句して、何もいえませんから
要注意でもあります。

今日解いた問題の中に

"Do you use the Internet to get information?"

という質問があり(五問目)、この質問を読んだら、プチーに

"What's INFOMATION?"

と逆にたずねられてしまいました。
(つまり設問内の単語の意味を聞き返してしまったのです)


・・・こういうことを聞き返してもいいのでしょうか?
多分だめだろう、と思いつつも、とりあえず、

「答えてくれないかもしれないけど、きいてみてもいいかも・・・?」

と言っておきました。

そんなことを聞かなくても済むことを祈ります☆

2006.11.11 20:26 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(10) |

英検準2級一次試験合格☆

驚いたことにプチーが英検準2級の一次試験に合格しておりました。

本日11月1日、多分午後三時頃から英検のホームページ
合否閲覧サービスが始まっています。


今回の準2級の合格点は42点(56%)と、少し低めだったようです。
プチーにとっても難しかった試験は、他の人たちにとっても
難しかったようです。

ラッキーでした☆

プチーの得点も六割に届かず、本当にギリギリの合格ですが
合格には違いありませんから、とにかく親子で大喜びしています。

まさに棚からぼた餅♪


プチーの感想は

「そんなわけないよ~、という感じ」

だそうです~♪

サリーもさすがにびっくりしました~。


3級の時と同様、プチーは泣きましたが、あきらかに3級のときより
あっけらかんとしています。大きくなった、ということかしら。



喜びと同時に二次面接試験の心配がはじまりました!
どんな問題かまずは問題をみてみなくっちゃ♪


あたたかく見守ってくださっていたみなさま、おかげさまで合格
いたしました。ありがとうございました!!!

2006.11.01 16:06 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(38) |

英検で不完全燃焼

この間受験した英検準2級の合否の発表はまだありませんが
プチーもサリーも、もう合格をあきらめています。

だからでしょうか、プチーが急に

「漢検を受けたい」

と言い出しました。漢検の10級、というと一年生で習う漢字しか
出題されませんので、プチーの周りにも何人も、合格した子がいます。

[漢検]という名前ではありますが、漢検の10級と9級は正確には
[児童漢検]であり、(あるいは以前は児童漢検だった)本当の漢検は
8級からなのではないか、とサリーは認識しています。ですので
もし受けるのであれば、8級から、と思っておりました。

ですがせっかくプチーが受けたい、というのであれば、わざわざ
「そんな必要ない」ということもないかしら、とも思っています。


漢検のことに関しては、またあらためてじっくり考えればいいだけの
ことですので、どちらでもかまわないのですが、
急に漢検が受けたいなんて言い出したプチーの心のうちを思うと
なんとなく「悪いことをしてしまったかしら」と
ちょっと後悔しました。

落ちるかもしれないギリギリの英語力で英検準2級を受けてしまい
プチーはうまく問題を解き進めることができず、どうも消化不良で
落ち着かないのかもしれません。

プチーが散々「受けたい」と言ったから申し込んだは言え
「やめさせようと思ったらやめさせられたのに」とか
「もとは言えば、けしかけたのはサリー自身だし」とちょっと責任を
感じています。



そんなプチーですが時々

「英検の発表は?まだ?」

なんてきいてきます。心の片隅で気になっているんだろうなぁ。
もしかしたら、偶然合格してるかも、なんて思っているあたりがまた
笑えます。

サリーも同じ心境です☆



そして、絶対合格できるであろう漢検10級でお口直しをしたい気持ちも
痛いほどわかります。

サリーも同じ心境です☆

どうもすっきりしませんもの・・・。英検不合格を引きずるのは・・・。




[お気楽英語子育て]トップページへ


2006.10.27 21:31 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

英検準2級一次試験うけました

風邪をひいたものの幸い熱がでなかったので、英検をうけることが
できました。

ティッシュを二つも机の上に置き、鼻を何度かかみつつも、なんとか
最後まで解き終えたようです。



試験が終わり、教室へ迎えに行った時、「はい」と渡された問題用紙。
(問題用紙は持ってかえっていいことになっています)

表紙には[ままだいすきだよ]と、なぐり書きされていました。
これを見たらもう、何も言う気はおきませんでした。
きっと、うまくいかなかったんだろう、とわかりました。



筆記試験は65分で解くのですが、30分で全て解き終わったそうです。
こういう時、プチーはほとんどきちんと文章を読んではいませんから
これをきいて更に、だめだったんだろう、と確信しました。

リスニングの大問2が始まった頃から猛烈にトイレに行きたかったらしく
気が散って、リスニングもうまくいかなかった、と悔やんでいました。


渡された問題用紙を開くと、とんでもない量の落書きが・・・。
太字にしたアルファベット、漢字、文章、あらゆる落書きと
「はやくおわった」という文字。

ひとつひとつきちんと解けば時間はぎりぎりいっぱいかかるはずでしたのに。



答えあわせをしたいか、したくないか、プチーに確認してみましたら
したくない、と言いましたので、もう答え合わせはやめました。
(解答速報は英検のホームページで、既に始まっています)


だめだとわかっていても合否だけは気になるのか
「手紙いつくるのかな」と心配しておりました☆

まだまだだから、とながしておきましたが、インターネット上での
合否閲覧サービスは今回、11/1の夕方だそうです。



英検の問題は、級があがるほど、子供の一般常識や知識の範囲と
ちょっとずれてくるので、小さい子供の英語力を測るのには
いい方法ではない、と言われることがあります。

ですが、少なくとも準2級の問題は、小学一年生の子供にとって
「これは理解できないはず」と思える内容はほとんどありません

長文では確かに[環境問題]とか[絶滅寸前の動物]とか
日常会話の域を越えた話題のものがありますが、それでも
プチーに[理解不能]と思えるほどのものはありませんでした。

例えば、社会保険、年金制度、三権分立、ナノテク、など
プチーにどう説明してよいのやら、さっぱりわからない、というような
過去問題はありませんでした。



ただ、[like]ではなく[be fond of]も知っていないといけませんし
[can]だけではなく[be able to]も知っていないといけませんし
少なくとも使用単語のレベルはアップします。すこし[かための]
文章表現のところもあるかと思います。

ですが幅広いことに興味を持っているアメリカ人の小1なら確実に
合格できるレベルです。



2級からはそうもいかなくなりますが、準2級までは、まだまだ
アメリカの教材しか使っていないプチーにも合格できる
級なのでは、と感じています。


英語力の問題ではない、といういいわけが通用するのは
2級からだと感じますので、プチーの英語力がもっとレベルアップしたら
またチャレンジさせてみよう、と思います。


今回は完全にプチーの語彙不足でした。

これからはまたアメリカのワークブックやテレビを使って
プチーの頭の中に大きな単語の[ネットワーク]をつくってやりたいと
思います。

覚えようと思って単語を覚えられるような暗記力のいい子ではないと
今回わかりましたので、ひとつひとつ、根気よく積み上げいきたい。

努力で覚えこんだ単語よりも、すごい力を発揮してくれる
英語のネットワークをうまく頭の中につくることができたら
たとえ時間がかかったとしても、結局は、最終的には成功です☆

そちらを目指します☆

負け惜しみが炸裂し、失礼いたしました~。



[お気楽英語子育て]トップページへ

2006.10.16 16:15 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

英検会場で鼻をかむのは迷惑か・・・

明日英検ですのに、プチーが思い切り風邪をひいてしまい
五分に一度は鼻をかみ、咳までしています・・・。

ティッシュをもたせ、鼻をかみつつ受験させようとは思っているものの
(プチーはすぐ中耳炎になるので、鼻をかむのを我慢させることは
 できません)リスニング中はどうしよう、とちょっと気になっています。



プチーの出す物音で万が一リスニングの音声が聞こえなかった、なんて
言う人がいたら「スイマセン」ではすまされません。

筆記問題中でも、やはり物音がうるさいと、迷惑であることに違いは
ありません。ですが最近急に朝晩寒くなってきましたし、
風邪をひいている人くらいいるかしら、とちょっとひらきなおってみたり。



気をつけていたつもりでしたのにやってしまいました。

お友達が遊びに来た時、暗くなるまで外で遊んでいて、その日に
風邪をひいてしまったようです。困ったなぁ。



本日の「英検にむけての作戦会議」では、並び替え問題を
後回しにすることを決めました。プチー自身は張り切っている様子です。


今回ちょっと油断してしまいました。体調管理、一番のポイントでしたのに。
残念です。


2006.10.14 22:50 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(9) |

英検にむけて精神論展開中

英検まで一週間をきりました。英検の問題集はもう一日5問ほどに
おさえています。(ほとんどやっていない、ということです☆)

この[大切]な最後の一週間を[英検にむけてのラストスパート]ではなく

  当日集中することの大切さ

を説くための[精神論ウィーク]にすることにしました☆

今回は早くから「英検、英検」と言いすぎて、プチーは完全に
緊張感を失ってしまっています。

当日に向けて、気持ちをどんどん高めて、一番高いところに来た時
本番を迎えるのが一番いいはずですのに、プチーの頂上はもう
一ヶ月ほど前に迎えてしまい、そのあと、そそくさと山をおりている
状態です。

そしてサリー自身もそうです。

こんなに長いと下山したくもなります・・・。

英検の旬は過ぎ、新体操の旬を迎えているプチーですから
いまさら問題集を開いたところで、英語は全く頭に入っていきません。

今からプチーの英語力を高めることはもう、できません。
今までの経験上、プチーは何かの[旬]を迎えてしまったら
それ以外のものには関心がなくなることは承知しています。

その旬をうまく利用し、その分野(今でしたら新体操)の力を伸ばして
やるのが一番です。今まででもずっとそうしてきたのですから。

毎日柔軟体操を手伝ってやっています。

ただ、当日は、今もっている実力はだしきってほしいから
落ち着いて最後まで解ききって欲しい、と思うのです。

それくらいはやって欲しい!一時間半は長いけれど、でも
たった一時間半くらい、底力でがんばって欲しい!



というわけで、毎日毎日プチーと長々と[おはなし]しています。

ピアノで同じ曲を弾いても、うまく弾ける時とそうでない時があるのはなぜか。

英検の問題集を解いて、正解が続くときと不正解が続く時があるのはなぜか。

それは[気持ち]の違いであって、技術の違いではない!

[気持ち]をこめて落ち着いて弾けば驚くほど上手に弾けるのと同じで
[気持ち]をこめて落ち着いて問題を解けば必ず合格できる!と
必死で言い聞かせています。

プチーは今回、英語力という上で、本当にぎりぎりです。
プチーがうまく集中すれば、ぎりぎりセーフですが、ほんの2,3問でも
うっかりミスをすれば、もう無理でしょう。

・・・と言ってもこれは、自宅で解いたときの正解率です。
プチーは本番に弱く、自宅での点数より本番のほうが必ず下がりますので
実はほぼ不合格間違いないのですが、今週はプチーと

・集中力のこと
・問題の解き方

についてしっかり何度も話をして、本番当日をむかえるつもりです。


プチーが持って帰ってきた問題用紙に落書きがなければとりあえず
「よくやった」と褒めてやるつもりでいます。

集中して解いたという証拠かな、と思っています。

もし3級のとき以上に落書きがあったら・・・・。
かなり不機嫌になると思います。

ぜんぜん集中しなかった、ということですから。



どうか当日集中してくれますように。



2006.10.11 11:08 | 英検準2級 | トラックバック(0) | コメント(8) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。