スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ちゃんぽん西語

プチーは、英語でしたら文章を話せますが、スペイン語に関しては
歌の歌詞か、決まりきったフレーズか、単語しか口にはできません。

ですから、

"You are loca!"

なんて言ったりします。これは、"You are crazy!"の[crazy]の部分で
英語に替わってスペイン語の[loco]という単語を使ってしまって
いますから、完全にちゃんぽんです。

あれほどまでに日本語と英語のちゃんぽんを嫌ってきたサリーですが
英語とスペイン語のちゃんぽんなら気にならないのはどうしてかしら☆

今でも英語と日本語のちゃんぽんは許しません。わざとミックスしてしまう
場合はほとんどないものの

「今日のテレビはリコード(record=録画)してくれた?」

とか

「シェウフ(shelf=棚)の上にコップがあるよ。」

などと言う、中途半端で間違った日本語を話す時は日本語を教える
いいチャンスですから毎回必ず正しい日本語の単語に訂正するか
小さい頃から続けてきた[オウム返し方]を使います。
(オウム返し方は<二歳(ビデオ・読み聞かせ)>のページでご紹介
しています。)

ですがスペイン語の場合、単語レベルであっても
日々の会話で使ってくれたらうれしいですし
一種の切羽詰った心境というか、ちょっとでもスペイン語のことを
思い出して!と願う気持ちから、英語とのちゃんぽんも
気にならないのかもしれません。

そしてもうひとつは、やはりスペイン語は完全に第二外国語であって
母国語に近い存在にはなりえないと感じるからかな、とも思います。
もちろん英語も第二外国語の域はきっと一生越えないでしょうし
母国語は完全に日本語なのですが、それでも、母国語に迫る勢いで
英語も話せるようになってくれたらいいのになぁ、といまだに
願っています。

そこで、プチーは今まで日本語とスペイン語をちゃんぽんにしたことが
あるか思い出そうと頑張ってみましたが、思い出せませんでした。

「窓ってスペイン語で何て言うの?」

とはきくけれど、だからと言ってそこから

「ventana(=窓)開けて。」

という風にはなりません。そんなことを言っているのはきいたことが
ありません。

ということはやはり日本語は別格扱いということかもしれません☆
プチーにとって大切な母国語ですもの、それも当然です。

英語とスペイン語は同類扱い?
今まで頑張ってきた英語と、単語をちょっと知っている程度のスペイン語が
同類と思うとちょっとさみしいけれど、これからちょっと
スペイン語の追い上げに頑張ってみようかしら♪


こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ
スポンサーサイト

2005.10.05 22:09 | スペイン語 | トラックバック(1) | コメント(2) |

スペイン語レッスン

先月からスペイン語レッスンを受けています。
知人の紹介で、スペイン語を話せるアメリカ人に
レッスンしてもらえる事になりました。

今までサリーが使っていたテキストはもちろんそのレッスンでは
使いませんし、全く違った方向からのアプローチと
なっています。

カードを使ってカルタ取りををしたり、ロールプレイングで
セリフを練習したり。

やっぱり家で地道に勉強するより、この方がずっと楽しい♪

ずっと同じテキストを使ったり、ずっと同じような取り組みだけでは
ついつい行き詰まってしまいがちですが
ちょっと目先をかえると随分新鮮な気持ちになれるものです☆

さぁ、今からはりきって復習しよう!



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.09.21 10:07 | スペイン語 | トラックバック(1) | コメント(2) |

ピンズラースペイン語

重~い腰をついにあげ、本当にこの教材を購入しよう、と
決意いたしました!その名も[ピンズラースペイン語]♪

プチーのためならこの十倍の価格の教材もポン☆と購入できましたが
サリー自信のための教材となると悩みに悩みます。

「ピンズラーがあると楽しそうだわ~。」・・・と思う日があれば

「大人なのだから今あるテキストを使って頑張ればいい!根性無し!」
なんて反省する日もあったりして、さんざん迷っていました。

購入しよう、と決意したきっかけはやはりプチーでした。

ピンズラーは英語を始めスペイン語、フランス語、中国語、イタリア語、と
たくさんの言語を学ぶことができる教材で、サンプルCDを取り寄せたり
教材の一部をネットで試聴したりできます。
(ピンズラー英語やスペイン語に関しては<英語学習サイト>のページの
一番下で詳しくご紹介しています。)

プチーと一緒にピンズラーフランス語の初級教材を試聴していた時の
ことです。二人で「コモタレブ~」「ボンジュ~、ムシュ~」なんて
大笑いしながらリピートしたら、本当に楽しかったのです!

フランス語を真面目に勉強している方達には本当に失礼な話ですが
フランス語の発音って本当に面白い!特に[R]の発音は
何度聴いても笑えてしまって、おなかが痛くなりそうでした。

ただ楽しかっただけでは終わらず、その後数日たった今日もまたプチーが

「パパはムシュ~でママはマダ~ンだよね。」

なんて楽しげにフランス語の話をしてくれたものですから
サリーもなんだかとってもうれしくて、「これはいける」と
感じました。

初めてピンズラーを知り、サンプルを聴いた時は大人向け教材だという
印象を受けたのですが、この教材は子供でも楽しめるのでは、という
気がしてきたのです。

ピンズラーはただかけ流すだけの教材ではありません。
声を出して何度も何度も一緒にリピートさせられます。
このリピートがなんとも楽しいのです。

ちょっと次へ進んだと思ったら、またちょっと戻って
「さっき勉強したあれ、なんて言うんだったか覚えてる?」
と言わんばかりに、また同じ質問をされたりします。

うまく言えなかったら「ほ~らごらん、もう忘れてる。」とでも
言われているようでくやしくて、だから結構真剣に聴いてしまったり
するのです。

三歩進んで二歩さがるこのスタイル、かなり頭にはいります。

と言っても、サリーにとってはいい具合に進むこのピンズラー
プチーにとってはやはり難しすぎるところもありました。
(大人と五歳児なのですから、当然なのですが)

プチーはこの「直前に学んだ事をしつこくきかれる」スタイルに
イライラする事もあるようでした。うまく答えが出てこず
真剣にくやしがっている様子でした。

そこで結局、初級教材にするか中級教材にするか、迷うことと
なってしまいました。

プチーも一緒に使うなら絶対初級にすべきだけれど
サリーは中級からでもいけそうなのです。結局もう一度サンプルを聴いて
プチーの反応を見て決めることになりそうです。

ん~ん。どちらにしようかしら・・・。どちらにしろワクワク☆



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけたらうれしいです。


☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.09.06 21:28 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(2) |

ひっさしぶりのかけ流し

随分以前にスペイン語のお歌のかけ流しをやめて以来
(その時の日記へはこちらから)
ずっとずっと中断しっぱなしだったかけ流し。

ふと昨日、またスペイン語のお歌を聴きたくなって、かけてみました。

スペイン語ですから相変わらずほとんど意味不明で、なさけないくらい
サリーのスペイン語は上達していません。でも単語くらいはちょこっとわかるので
プチ-と一緒に、聞こえてくる単語の話をしたりして
なんとなく楽しい時間を過ごしました。

聞こえてくる歌詞の話を熱心にしてしまう、という時点で
もうこれはかけ流しとは呼べないのかもしれません。
でもまたスペイン語のことを思い出したせいか
その日の夜寝る前に「読んで」とプチ-が持ってきた本は
ワールドアトラスという、子供用世界地図本でした。
(この本について<ワークブック>のページでご紹介しています)

スペイン語圏のキューバとメキシコのページを読んだあとは
サイパンで出会ったダイバーの故郷、ロシアのページを読みました。

旅行に行ったり、他の国の音楽を聞いたり、地図を広げたり
そういったたわいもないことの積み重ねにより、ちょっとずつ
他の国々に興味をもったり、言葉を学ぶ意欲がわいたりすれば
いいなぁ、と感じました。

こんな事をして意味があるのか、成果は上がるのか
そういうことは気にせずのんびり遠回りしながら着実に目的地へむかう
というのがサリーにとって一番理想的かな、としみじみ考えました。



よかったらこちらをクリックしてブログランキングの
応援をしてみてください。




☆[お気楽英語子育て]トップページへ

2005.06.16 13:26 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(2) |

スペイン語絵本のお披露目

いよいよ先日購入した二冊のスペイン語絵本を
ベストタイミングでプチーにお披露目完了しました♪

英語とスペイン語と二ヶ国語で文章が書かれています。
各ページの一番上に英語、絵をはさんで一番下にスペイン語です。
(サイトの<スペイン語教材子供用>のページで詳しくご紹介していますので
よかったらみてみてください)

大喜びのプチーは

"I read English! You read Spanish!"

と自ら提案してくれたため、二人で交互に読んでいます。
英語の本はいまだにあまり自分で読みたがらないプチーに
英語を読ますことができ、それだけで充分うれしい☆


そしてサリーの読むスペイン語をリピートしようとがんばる
プチーを見て、気が付きました。

どうやらスペイン語のリピートは苦手なようです。

プチーは英語のリピートは得意で、かなり長い文章でも
軽々とできるので、サリーは今までずっと
「プチーはリピートが得意な子なんだ」と思っていました。

今回のスペイン語絵本にでてくる文章はどれもかなり短めなので
当然すべてスラスラとリピートできるものだとばかり
思っていましたが、まるでダメでした。

プチーは、リピートが得意なのではなくて、英語が得意な
だけだったのか!と気が付きました。

スペイン語をきく量も語彙量もまるで充分ではないようです。

うまくリピートできずちょっと情けないプチーに、
サリーも、そしてプチー自身もちょっとがっかり・・・。

最初は張り切ってリピートしていたプチーも

「スペイン語はママだけが読んで」

とリピート自体をやめてしまいました。無理もないので
まずはサリーが何度も読んでやることにしました。

スペイン語はサリーもうまく読めないから、途中で
かんでしまうこともあります。こんな状態では、プチーもなかなか
わかりづらく、余計にリピートしづらいはずです。

サリーももっと上手に読めるようになりたいなぁ♪

とにかく練習練習!と久々にやる気が出てきたサリーです!
(ただ単に負けず嫌いなだけです!)





こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけるとうれしいです。

2005.05.17 12:48 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(6) |

仕切りなおし

冬の間にすっかりさぼり癖がついてしまったスペイン語学習。

また気分も新たに、プチーと一緒に始めよう♪と思い
絵本を二冊購入しました。

さきほど到着した絵本は、英語とスペイン語と二言語で表現してある
もので、絵もかわいいし、本の大きさもちょうどいい!

またやる気がでてきました☆

残念な事にスペイン語の本は英語の本のように、プチーに
すぐ見せるわけにはいきません。サリーが先に目を通して
軽く予習しておかなくっちゃ。

プチーに見せるのは明日になりそうですが、
喜んでくれるといいな~。

英語でもスペイン語でも、だれてしまった時は
新しい本を購入するのに限ります☆新しい本とともに
うきうきしながら学ぶととっても楽しく学べます♪



こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけると嬉しいです。

2005.05.10 11:08 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(2) |

スペイン語のつづり

最近書くことが大好きなプチーが
スペイン語の数字を書き始めました。

英語のときはほぼ必ず母音が抜けて
ほとんど子音の羅列になってしまうのに
スペイン語の場合は、まあまあ正しく
つづりをおこすことができていて
母音もぬけません。

「CI」を「し」と読む習慣が無いので
「CINCO」が「SINCO」になったりという
細かいミスはたくさんありましたが
書くことはやっぱりスペイン語のほうが
簡単なようです。やった~♪

でも語彙力がついていっていないのが
残念・・・。数字しか書きません。

オラのオにまさか「H」がついているなんて
思ってもいないだろうし・・・。

とりあえず今一番はまっているのは
英語でも西語でもなく「あやとり」です。





関連ページ
[お気楽英語子育て]<スペイン語教材/子供用>へ
[お気楽ママ先生と自宅学習]<あやとり>へ





こちらをクリック
してランキングを
応援していただけるとうれしいです。

2005.02.02 20:50 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(2) |

練習不足

スペイン語の歌を口ずさむ時、ほとんどが
鼻歌になってしまいます。

メロディーは覚えているものの、歌詞はごく一部
さびの部分や、やさしい単語部分しか覚えておらず
「ふふん、ふ~ん、ふ~ん、ふふん」
なんて調子で歌ってしまいます。

これでは、せっかくスペイン語の童謡をかけ流している
意味がありません。歌詞を覚えないと意味が無い!と
思いつつ、つい鼻歌で歌ってしまいます。

そしてふと

「毎日聞いているのにどうして覚えられないんだろう。」

なんて、考えてみました。考えてみて気がつきました。

英語の童謡だって、聞き流しながら自然に覚えたものは
ごくごく数曲。あとは、歌詞本片手に一生懸命
声に出して歌って練習して覚えたんだった!

プチーがまだ赤ちゃんだった頃、プチーが寝ている間に
必死で覚えていました。その事を急に思い出しました。

英語の歌は努力して覚えるのが当たり前だったのに
スペイン語の歌は聞き流しているだけで覚えられるような
気になっていました。

英語の歌は、講師時代から、「努力して」覚える習慣が
身についていたのかもしれない、と気が付きました。
子供相手とは言え人前ですらすら歌えるようになるには
当然影で練習が必要でした。

思えば、プチーとの英語の取り組みは仕事の延長みたいな
感じではじめたような気がします。

スペイン語となると、どうも「ただの趣味」みたいな
感覚で、のんびり、楽ばかりしすぎていたかもしれません。

英語の時と比べて随分がんばりが足りていないことに
気付き、せめて一週間に一曲ずつは歌詞を覚えるべく
ちゃんと「練習」してみる事に決めました。

そのくらいは、しなくっちゃ。

ちょっとずつ、スペイン語の取り組みが具体的に
見えてきました☆がんばろう!!!


最近スペイン語を本格的に取り入れつつあるサリーのブログ
こちらをクリックして応援していただけるとうれしいです。

2005.01.29 21:21 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(2) |

思い違い

お風呂でプチーが

「パサラパパ、パサラパチン☆」

と言いながらお湯をばちゃばちゃしだしました。
これはいつも聞いているスペイン語のCDからの
フレーズです。

うれしいからサリーもいっしょに

「パサラパパ、パサラパチン♪」

といっしょにお湯をばちゃばちゃ☆
このフレーズを、雨がふる音の擬音語だと思い込んで
いたサリーは

「プチーったら、意味もない擬音語ばっかり覚えるな~」

なんて思いつつ、でも何も覚えていないよりいいし
雨=水、でお風呂と全く関係ないわけでもないから、
と、お湯をばちゃばちゃしてさんざん遊びました。

楽しかったからブログに書こう♪と思ってあらためて
歌詞本をみてみると、このフレーズの意味は

「それ(電車)は通り過ぎるの?パパ?」
「通り過ぎるよ、パチン(多分子供の名前」

でした。

水と何の関係もない、擬音語でも無い、普通の文章でした☆
全然違うイメージをインプットしてしまいました。

スペイン語は、やっぱり歌詞本が手放せません・・・。




関連ページ
[お気楽英語子育て]<スペイン語教材/子供用>へ


こちらをクリックしてランキングの応援していただけると
うれしいです。

2005.01.24 11:06 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(0) |

スペイン語の話し掛け

普段、サリーはプチーに英語で話し掛けるのですが
プチーが一生懸命わけのわからない「スペイン語風」な
音やイントネーションを使って

「ムチョ○×☆×ロッホ~☆×べべ~♪」

などと言いながら、スペイン語を話しているフリをして
お人形遊びを楽しんでいるので、せっかくだからサリーも
いっしょにやってみようと思い立ちました。

「オラ♪」

と話し掛けてみましたら、満面の笑みで

「オラ♪」

と返事をしてくれるプチーを見て、そろそろ本格的に
スペイン語での話しかけをスタートする時期に来ているのかも
とうれしく思いました。もう少し続けてみる事にしました。

そこに三つあるはずのカエルのお人形が一つ足りません。
サリーは

"?Donde es tu rana?"

と聞いてみました。プチーは

"?Donde? ?Donde?"

と言いながら探しています。そしてそのうち無事カエルが
見つかりました。英語なら

"I found it!"

と言えるはずですが、スペイン語では言えないプチーは
とりあえず

"Oh, rana. !Rana!"

を連呼しています。いい感じです。今知っている語彙を使って
なんとか思いを伝えればいいのです☆

知らないからと言って立ち止まっていては先には進みません。
英語や日本語に逃げずにそのままスペイン語で
会話を続けるプチーを暖かく見守りつつ
サリーも何か言おうとしました。

・・・・・・・・・おっと、サリーも語彙が足りません。

"Oh, rana. Rana,rana. !Bien!"

情けないことにサリーもこれだけしか言えません。二人とも
「ラナ」を連呼するばかりで、とりあえずその話題のままでは
間がもたない!と気がついたサリーは話題を変えました。

「ディクショナリオ、ディクショナリオ~!」

と言いつつ、辞書を持ってきました。プチーも

「お~!ディクショナリオ~!」

と、それなりに楽しそう。辞書で「娘」をひいて
プチーはサリーの娘だ、とか、サリーはプチーの母だ、とか
そんな文章の練習をして、とうとうギブアップ。サリーが
英語をしゃべってしまいました。

はぁ、楽しかったけど疲れました。それとともに
何とも情けない思いをしました。

単語しか知らないと、どうして連呼してしまうんだろう。

なんだか英語が苦手な若手お笑い芸人の外国珍道中みたいな
レベルの会話をしてしまいました。コミュニケーションは
とれているものの、これは会話の域に達していません。

ジェスチャーだけでもなんとか、通じちゃった、というレベルの
コミュニケーションです・・・。

でもプチーがスペイン語を習得する準備は、着々と整って
きているというのを、感じました。

かけ流しだけである程度の基礎は本当にできてくるんだなぁ
と実感しました。

ココからのばしてやれるかは、サリーにかかっているから
もうそろそろ本格的な取り組みのプランを考えてあげたほうが
よさそうです。



関連ページ
[お気楽英語子育て]<スペイン語教材/子供用>へ



こちらをクリックしてランキングの応援をしていただけると
うれしいです。

2005.01.20 11:05 | スペイン語 | トラックバック(0) | コメント(0) |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。