スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

準1級手前の、お堀級の溝

英検準1級用の語彙問題集である英検準1級のターゲット

それをペラペラめくりつつ
プチーが知っていたほうがよさそうな単語が含まれる問題に
印をつける作業をしています。

2級の時もそうでしたが、最初から問題集全てをこなすことなど
できませんから、最初はサリーが選んだ問題だけをプチーが
解いていくことになります。

印をつける基準はズバリ、「サリーでも正解がわかる♪」!
半分ほどは、聞いたことすら無い単語です・・・。
いよいよ自分の力不足も痛感しています。




問題集は既に何ページか、プチーにもさせてみました。

不自然に難しいものははずしてありますから
処方箋の話とか、アドリブの話とか、宗教心の話とか
どれもプチーの理解の範囲内に充分収まる程度の内容です。

覚えていなくて当たり前、という気楽さの中で進めていますから
プチーもどちらかというと、楽しんでいます。
なにしろ、新しいもの好きですから☆




それでもどうしても、この違和感を拭い去れません。

今この問題集で触れている単語は、どちらにしろ知っているべき単語だから
この勉強は全く無駄にはなっていません。

何日かに一度、ほんの3問ほど解くだけですから
全く負担にもなっていません。



ただ、明らかに[まだ早い]感があります。

プチーが四年生だから、準1級の話題は大人っぽすぎて
まだ早い、という意味ではありません。

プチーの英語力がまだ、準1級並の問題を解くレベルに
達していないから、「まだ早い」と感じるんだと思います。



2級に合格したから次は準1級、というわけではないということが
あらためてわかりました。

級の順序で考えると、2級の次に準1級があるのですが
この二つの級は、どうやら、全然、つながっていないみたい。

2級のためにそれなりに英語の経験を積んできて
そして、そのまま同じ歩調で歩いていったのでは
準1級ワールドへ到着するまでに、目の前の溝に
落っこちてしまいそうな、なんだかそんな感じがします。



今、準1級のための語彙の勉強に重点をおいてしまっては
今のレベルの語彙と、準1級レベルの語彙と
その間をつなぐ大切な橋渡し役の語彙がすっぽり抜けてしまう、と
感じました。


知っておくべき言葉はもっとあるのに、それをすっ飛ばして
高度な言葉を学んでしまっては、たとえその勉強自体が楽しかったとしても
あとで痛い目にあいそうです。


プチーはまだまだ、幼稚な英語しか使えません。
同意語レベルの語彙を強化したい、という段階に来て
ぐんと歩みがのろくなり、苦労しているように思います。


例えば、一人ぼっち、じゃなくて、孤独。
追っかける、じゃなくて、追跡する。

こんなイメージです♪
たいした語彙じゃないのです。

ですがまだまだ、この程度の域に山ほど、曖昧にしか
覚えられていない語彙があります。



そんなプチーに、追悼、首尾一貫、立ち退き、などの言葉は
まだまだ、早すぎるように思います。

日本語としてはもちろん、もう知っているべき言葉ですが
完全に日本語からは遅れをとっている英語ではまだ
このレベルは無理です。

ただ、触れる機会さえあればある程度は覚えますから
楽しみとして触れていくことは、これからも続けたいと思います。





先日準1級のターゲットに[deficiency]という言葉が出てきました。
不足という意味です。

ビタミン不足だとお医者さんに告げられた女性の
話でした。(長文ではありません。)

この単語を、プチーは知りませんでした。

覚えられるといいねぇ、なんて具合に、その場は軽く
おさめました。



そうしましたら、たまたまその日の晩に読み聞かせをしている時
[lack]という言葉が出てきました。

これも[不足]です。

これだ、これなら知っているはず!だってしょっちゅう耳にするもん!

張り切ってプチーに「lackって何か知ってた?」とききましたら
「知らない」と言われました・・・・。

どうして今更、「lackを知らない」なんて言うのかしら、と
情けなく思いつつ、意味を教えてやりました。

もちろん英検の問題集に出てきた単語とも関連付け
どちらも不足と言う意味だ、ということを説明しました。



このどちらの言葉も知らなかった、ということは、今まで
それ以外の言葉を使って、[不足]を表現していたことになります。

どんな言葉を使っていたのかしら?

既に、どこかで[inadequate]という言葉が出てきていたなぁ。
これは覚えてるのかしら。これもまぁまぁ大人っぽい表現のように
思います。



なんだか気になったので、プチーにきいてみました。
何かが足りない、というような表現をする時、どういう言葉を使うか
と、質問してみましたら、迷わず

「not enough」

と、言われちゃいました。

とってもとっても初歩的な、原始的な語彙のみで
たくましく生き抜いているのね・・・・・。



たくましいのは認めます。自分の能力の範囲内でなんとか
どんな苦境も乗り越えていこうとする心意気!素敵♪

サリーがプチーに何よりも求めているのは、サバイバル能力です。

少々のことでは動じない、どあつかましさ。
どんな状況でも生き抜く図太さ。

こういうものを育ててやりたい、と常に思ってきました。



ただ、これは、現状に満足してそれ以上を求めない
意欲の無さとはまたちょっと違います。





・・・と言っても、元々こんな大げさな話ではないとは思いますが
プチーは新しい言葉を覚えよう、という欲を充分持っていないように
思います。
(欠いているのは欲ではなくて暗記力かもしれませんけれど)



サバイバルも大切なんだけれど、もうちょっと垢抜けた
洗練された世界への憧れも持って欲しいなぁ。










プチーとは、また精読も始めました。

読書と精読と両方やっていこう、ということで
精読の方は、英語だけではなくてそれ以上に何かを学べる
本を選んでいくつもりです。

今、Hitler's daughterを一緒に読んでいます。
とても面白い本だったので、プチーが学校へ行っている間に
サリーは一人で勝手に最後まで読んでしまいました♪

プチーとは今、真ん中あたりを読んでいます。

歴史的事実を盛り込んだ、フィクションです。

本を読みながら、話は脱線してばかりです。


これからも、こんな風に、沢山の話題を提供してくれて
プチーがささっと読むだけではもったいないような本を
一緒に読んでいけたらなぁ、と思っています。






にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2009.09.28 06:01 | 英検準1級 | トラックバック(0) | コメント(6) |

準1級ってどんなんかな~ぁ

本屋さんへ、本の立ち読みをしに行ってきました。

準1級向け語彙問題集代表として、まずは
語彙・イディオム問題500を立ち読み。

これはサリーのお気に入り、ターゲットシリーズの一冊で
見開きの左側に問題、右側に答えと解説が載っています。

ただ単語がずらりと並んだものでは到底単語など覚えられないプチーも
カッコを使った空所補充形式(つまり本番の大問1のような形式)だと
前後関係を頼りに、結構覚えていけます。


ぺらぺら~、とめくってみましたが、サリーでも正解が
わかったり、わからなかったり、かなりツライ状況でした。

これで一緒に勉強するとなると、かなりイライラしそうだなぁ・・・。
どう見ても難しすぎます。




お次は、長文関係問題集代表として
文で覚える単熟語 を立ち読み。

リニューアルして、さわやかな装丁になりました。

中を開いてみて一番びっくりしたのは、字の小ささでした☆
ペーパーバックほどの圧迫感は無いものの、字が小さいものは
目が悪くなりそうで、あまり好きではありません・・・。

難易度としては、先ほどの語彙・イディオム問題500ほど
びっくりするほどのレベルではなかったように思います。

なんとか読んでいけるかな?というレベルでした。



・・・・長文を読んでみて感じたのですが
準1級ってなんとも中途半端なようです。

政治経済関係の話題もバンバン飛び出し、一見高度な英語力が
必要とされそうなのですが、英語力としては、まだそこには
一歩及ばない、不思議な位置にあるように思いました。

精神年齢のまだまだ低い子供が、無理に大人ぶって
難しそうな話(といっても新聞レベル)をしているような
なんだかそんな[違和感]のような[バランスの悪さ]のようなものも
感じます。

良く言えば、プチーが気に入って読んでいるジュニアエラみたいな
感じかしら♪

話題はちょっと背伸びているけれど、使われている表現レベルは
あくまでも低めにおさえてある、子供向け時事雑誌のような
趣です。



準1級は、あくまでも小学校中学年レベルの英語なんだなぁ、と
痛感しました。大人の使う英語、という感じがしませんでした。
どうしてだかわからないけれど、子供の使う英語、という
印象を受けました。(ただのサリーの印象です)



と言っても、サリーにとってもプチーにとってもかなりの
高レベルであることに違いはありません。
知らない単語も沢山出てきます。



迷った末、結局語彙・イディオム問題500だけを購入しました。

準1級の語彙レベルってどんなもんだろう?と思った時
参考になりそうだったので、一冊購入しておきました☆

取り掛かるのはまだまだ先のことになりそうですが
一日一問ずつ、なんてくらいノロノロペースでしたら
今からでもできそうです♪




長文問題集は、日本のものは使わず、できるだけ
外国のものを使ってみよう、と今の時点では思っています。

今まででも、できる限りアメリカのもの中心で
進めて来たかったのですが、プチーの英語力の低さが原因で
なかなか現地の小学生向けの読み物では
英語を学ぶことはできませんでした。

プチーの英語も多少マシになってきましたので
なんとかアメリカの小学生向けの雑誌か何かを定期購読することで
英語を学べないか、考えています。





本当は今日文で覚える単熟語 も一緒に
購入してくるつもりでしたが、なんとなく気が進みませんでした。

一つには、子供にとってはタフすぎる(とサリーが思う)ような
話題が、含まれていそうだったからです。

今までに使った、日本の英語参考書でもそうでした。

ある程度年齢の高い人のために作られているせいか
愛人、性的趣向といった、アダルトな話題から
安楽死、死刑、自殺といった、重苦しい話題まで
あまりにも幅が広く取り扱われていました。

この問題集も同じような傾向にあるような気がして、とりあえず
購入を見送りました。


今までの問題集では、[死]に関係する話題の長文に関しては
逃げてしまってはいけない気がして、覚悟を決めて
一つも飛ばさず読んできました。

それでも、プチーには早すぎるような気がする時もありましたし
正直言って、どう説明したり、どう導いていいのかよくわかりませんでした。
(もうプチーも四年生ですから、そろそろ母親であるサリーが
 しっかりしないといけない頃なのですけれど)

アダルト系に関しては、ほとんど飛ばしました☆
愛人の説明なんて、どうやってしたらいいのかわからないもん!



その点、アメリカの子供達向けの読み物なら、話題はある程度
限られているはずですし、多少ソフトな語り口なはず♪

適度に、社会問題とくだらない話がミックスされている
いい雑誌が見つかればいいなぁ、と思っています。





・・・と、まるで今から早速準1級を狙って食いついていきそうな
勢いですが、受験の予定は全くありません。


とりあえず、せっかく2級に合格できたので、気分転換に
TOEIC BRIDGEを受けさせてみようと思っています。

こちらは年に四回あるようです。適当に見計らって受けてみます☆







ところで最後に、本屋さんで毎回感じる「あっちゃ~」体験に
ついてです。

プチー向けの本を探し、英検コーナーや高校英語コーナーを
うろうろするうち、嫌でも飛び込んでくるのが「初級」の文字。

本屋さんへ行く度にこちらのブログにも書いているかもしれませんが
この「初級」の文字を何度も目にし、いつも初心に帰ります。

プチーの英語は、まだまだ、初級の域を超えないんだなぁ。

・2級以上
・初級以上

と二つ並べて書かれているのを見て、つい
「2級って初級なん!?」なんてびっくりしてみたり・・・。

なんだか定期的にびっくりしているような気がします。

ついつい「プチーってすごいわ~」と、自分で思い込んじゃうようです。
そして本屋さんで「初級」向けの本を読むうち
「プチーの英語、めっちゃばっちり初級レベルだ・・・」と再確認したり。




今回は英検2級に合格したばかりで、浮ついた気分で本屋さんへ
行きましたので
「せっかく、やっとのこと2級に合格したばっかりなのに
 何度も何度も初級初級って言ってくれるな~!」
なんて心の中でつぶやきながら本屋さんを後にしました。

そして、こっそり反省しました。

浮つくのはまだ早い。



・・・と言ってもプチーは人間としてもまだまだ初級コース
真っ只中です♪英語だって初級でもいいので~す♪









今の目標。
2級に受かったからと言って、気を抜かない。











にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

クリックしてくださっている皆さま。本当にありがとうございます。
皆さまの支えがあったからこそ、ここまでこれたんだ、と
今つくづく感じています。

ありがたいなぁ、と思います。

プチーもサリーも幸せものです♪

ありがとうございます。

2009.07.27 15:23 | 英検準1級 | トラックバック(0) | コメント(10) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。