スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

サイパンその3

滞在したホテルのキッズクラブにプチ-を半日だけ
預けてみました。

キッズクラブというのは託児所のようなところで、
そこでは他の子供たちとともに、プールで泳いだり
ゲームをしたりして過ごします。

プチ-は人見知りがはげしく、初対面の人に話し掛けられると
じっとうつむき、蚊のなくような声でしか話せないタイプ。
ちょっと心配でしたが、他の人たちとの交流も必要だと思い
異文化交流のためにと、思いきって預けました。

プチ-が参加した時のキッズクラブの子供たちの人数は約十名ほどで
大人のスタッフ二名が面倒をみてくれていました。

七人ほどのアメリカ人と中国人の女の子と日本人の男の子と
一緒でした。

英語を話す子が多かったため、ちょこっとでも英語を話してくれたら
なんて願っていましたが、プチ-によると、誰とも全く言葉は
かわさなかった、とのことでした。

「外人が多かったから・・・」

なんて変な言い訳をしていました。プチ-も英語はある程度話せる
はずなんだけどなぁ・・・・。

英語のアプトプットという意味ではほぼ失敗だった
キッズクラブ体験でしたがプールの水に顔をつけられるようになって
帰ってきたので、それだけでも収穫でした♪

ひとまわり大きくなって帰ってきたプチ-にも大満足。
不安でしたが、預けてよかった☆

次はどこで、どんなところに預けてやろうか、早速次回のことを
考えてわくわくしています!



よかったらこちらをクリックしてブログランキングの
応援してみてください☆
スポンサーサイト

2005.06.13 09:32 | 年長でのサイパン | トラックバック(0) | コメント(0) |

サイパンその2

サイパンの公用語は[日本語とチョモロ語]と聞いていましたが
ほとんどのホテルの従業員の母国語はチョモロ語なのでは、という
印象をうけました。

簡単な英語であればもちろん通じますが、少し複雑な内容に
なってくると、明らかに、あまり通じていないような気がすることが
何度かあったからです。

(これはもちろん、サリーの英語力不足が原因とも考えられます☆)


キッズクラブ(ホテルの託児所)など、宿泊客とより話をする機会の
多いスタッフ達は英語のほか、日本語、韓国語、ロシア語を
一番最初に猛勉強させられるそうです。彼らの話す言語はどれも
とても流暢で驚かされました。


ちなみにチョモロ語の発音はとてもスペイン語に似ているらしく
そのせいか、現地の人の話す英語はとてもスペイン語風、つまり
日本人の話す英語にも似ていたような気がします。

子音を独立して発音するのが苦手で、必要のない母音も一緒に
発音してしまう独特の発音が、日本語風英語に似ているように
聞こえました。


つづく・・・・



よかったらこちらをクリックして、ブログランキングの
応援してみてください☆

2005.06.11 07:13 | 年長でのサイパン | トラックバック(0) | コメント(0) |

サイパンその1

無事帰国しました☆

サイパン旅行中感じた、英語や異文化に関する事を少しずつ
思い出してみたいと思います。

まずは初日に行った、プライスコスコ(スーパー)でのこと。

ホテルの部屋で食べるシリアルやパン、牛乳などに加えて
プチ-のためのちょっとしたオモチャや、本などがあれば
いいなぁ、なんて思って行ったのですが、このスーパーは
まさに生活のためのスーパーだった様です。

電化製品やドッグフードなど、サリーには必要ない物の
品揃えばかり豊富で、なにもかもとにかく巨大でした。

とりあえず、両手でやっとかかえることができるような
大きな箱のシリアルや、牛乳など、いくつかの食料を
これまた巨大なショッピングカートに積み込み、レジへ運びました。

清算を終えても袋もなにもくれない店員さんに、
品物を入れたいから袋をちょうだい、と言うと

"Sorry, we only have boxes."(箱しかないのよ)

と言われました。指差された方を見るとテレビなどの電化製品用の
ダンボール箱が山積みされていて、どうやらそこへいれて
持ち帰るようでした。

でもそのダンボールというのがとてつもなく大きくて
サリーではどう頑張っても持ち運べない大きさだったため
途方にくれつつとりあえず手持ちのカバンの中に、入るだけの食料を
全て詰め込み、巨大な箱もの食料(二箱!)は両脇の下にかかえ、
なんとかお店の出口へ向かいました。

すると出口の手前で

"Receipt please."(レシート見せて)

と言われ、思わず「レシート~!?」と大きな声で聞き返して
しまいました。どうしてどうして?

まず、「万引きなんてしてないよ!」と心の中で抗議しました。
そしてその後、そのレシートチェックは全ての人が受けるものと
わかり、ちょっと安心☆

しかし!せっかく苦労してカバンにしまいこんだ品々をふたたび
出さないといけないと気が付きました。
(もちろん断る訳にもいかず、品物はカバンから出しました)

几帳面にレシートの項目と、手にもっている品物を
ひとつひとつ確認され、無事出口から出ることができました。

幸い近くにごみ箱が無かったためレシートはお財布の中に
しまってありましたが、レシートを捨ててしまっていたら
とんでもなくあせっていたことでしょう・・・。

最初は、両手でしかかかえきれない、と感じた箱も、いざとなれば
ひとつずつ両脇の下にかかえることができました♪

やっぱり地元のスーパーって面白い♪と結局大満足の
サリーでありました。


つづく・・・


P.S.自宅でお留守番していたおたまじゃくしもメダカも
  みんなちゃんと生きていました♪よかった。

こちらをクリックしてランキングの応援を
していただけるとうれしいです。

2005.06.10 10:01 | 年長でのサイパン | トラックバック(0) | コメント(2) |

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。