スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

算数用語いろいろ

プチーが学校で算数のテストを受けました。
そして「B-」をもらってきました。

こりゃいけない、と思ってあわてて算数のワークブックを見せてもらいました。
(その日は教科書を学校に忘れてきていました)
社会、理科、国語、は先週から単語帳を作ってばっちり復習していたけれど
算数はついつい後回しになっていました。

だって、算数はそれほど難しくなかったはずだもん・・・。
おかしいなぁ・・・。
算数なんて万国共通でしょう・・・。


プチーは学期の途中で編入しているので、教科書の前半部分は、習わないまま
放置してしまっていました。本当はその部分をちゃんと
家でみてやればよかったのですが、そう難しいことをしている様子がなかったので
多分大丈夫だろう、と思っていました。

そこで慌てて、プチーにとって、すっぽり抜け落ちてしまっている教科書の前半部分を
一緒に復習してみることにしました。


そうしたら、出てくる出てくる、不思議な算数用語の数々・・・。

計算問題の上に「Solve mentally.」と書いてあるのに、まずびっくり仰天。
メンタリー・・・?計算問題と、心理面と、どう関係があるの?
よくわからないけど、細かいことはおいておいて、次にいこう。

するとお次は「掛け算をlattice methodでしましょう」と書いてあります。
ラティスメソッド。ラティスって、あの、お庭に置いたりするラティスだろうから
筆算みたいに書いていくのかな?なんとなく斜めにかけていくイメージ?

わけがわからないけど、とりあえずまたページをめくり進んでいくと、次は
「掛け算をpartial-products methodで解きましょう」という課題。

徐々に、ことの深刻さに気が付き始めました。
算数用語って、意外と難しい・・・?なんでこんなにいっぱい
○×メソッドがあるの・・・?

そして更に、「掛け算をa paper-and-pencil methodで解きましょう」やら
「ballpark estimateで数字を書きなさい」やら、いっぱい出てきました・・・。


だめだ、さっぱりわかりません。
想像しようにも想像できない・・・。

ちゃんと教科書を持って帰ってきてくれないことには
到底わかりっこない・・・。
ネットで調べてもよくわかりませんでした。

そこでプチーに、翌日忘れずに必ず学校の教科書を持って帰ってくるよう指示し
一日待ちました。



「solve mentally」は、暗算という意味でした。
(これは英和辞典にも載っていました。)
わかってしまえばたいした事ありません♪

「lattice method」とは、筆算を斜めにしたような感じの計算法でした。
日本では習わないものでした。でも筆算のアレンジなので、練習すれば
すぐにできるようになりそうです。

「partial-product method」は、どうもわかりにくい解き方でした。
位ごとにわけてかけていく方法で、どうみても普通の筆算より手間がかかるように
思うのですが、この解き方で解く利点はなにかしら?
(多分、掛け算への導入法の一つにすぎないんだと思います)

「a paper and pencil method」はただ単に、暗算じゃなくて紙に書いて
計算する、ということだったようです。

「ballpark estimate」は概算での計算、という意味でした。
およそどのくらいの数になるのか想像してから計算する、という設問が
プチーの学校の問題集には多いように思いました。

このやり方は、プチーのようなうっかり者にはとてもいいやり方だと思います♪
まず答えの見当をつけておけば、大きく間違っていた時にも自分で
気が付くんじゃないかしら。




算数用語が意外と難しい上、アプローチが全然違うと知りました。
こちらの勉強法も、ある程度真面目に勉強していかないと、テストで
点をとれないことがわりました☆

この○×メソッドは、足し算にも引き算にもいくつもありました・・・。

一つのやり方で決めてしまわず、色々な方向から責めて、それぞれの利点や欠点を
学んだりする学習法は、いかにもアメリカっぽい・・・と言えなくもないかも?
(とってもややこしいから、ベストかどうかはよくわからないけれど)



算数のテストには証明問題もあります。証明問題は点数配分も多いので
それを正解することもプチーにとって一つの課題です。
プチーはただでさえいい加減です。言葉が足りないことも多いので
証明問題を解く、なんてことは、プチーにとって最も苦手なことなんじゃ
ないかしら。

国語でも算数でも「ロジカルに説明しなさい」という指示が多く
頭の中が全然「ロジカル」じゃないプチーにとっては面倒でツライ課題だらけです。

いい機会なので、うまく「ロジカル」ができるようにもっていけたら
いいなぁ、と思っています。








にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ
にほんブログ村

2010.03.12 18:35 | 国外 | トラックバック(0) | コメント(2) |

コメント一覧

うわぁ~~~
もの凄くショック(@0@)

しばらくご無沙汰している間に
海外なんですねぇ~

この四月から
我が家もインターのサタデーに通うので
久々にお邪魔したら
話題がすでに
海の向こうにすっ飛んでいて
もう
ビックリィ~~~

さすが
サリーさん♪

すごいぃ~~~♪

2010.03.14 14:07 URL | ぴょんママ之助 #- [ 編集 ]

さすが、っておっしゃいますが全然
さすがなんかじゃございません~。

まさかのまさかで、国外へ引っ越すことになりました。
ただの偶然です・・・。
国内の引越しですらありえないと信じていたので
荷物の量が膨れ上がってしまっていて
引越しの際は大変でした~。


ぴょんママさんのところでもお嬢さんが
サタデーに通うんですね。

楽しみですね~。

2010.03.15 09:41 URL | ぴょんママ之助さんへ #LA/EZW0A [ 編集 ]

コメントの投稿












管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL↓
http://okirakueigo.blog1.fc2.com/tb.php/747-3843de3e

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。